2019年06月01日

🍀SDGsって、なんじゃらほい?

おはようございます!我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日、広報あびこ6月1日号が発行されました😊

B401A5A6-2520-4845-AC07-C7266E27C803.jpg

※新聞ご購読の方は、朝刊に折込されています。

PDF版は↓からご覧いただけます。
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/kouhou/abiko/backnumber/h31backnumber/20190601.html

タブレットやスマートフォンで「広報あびこ」をお読みいただけるアプリ「マチイロ」もぜひご利用ください。
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/kouhou/abiko/machiiro.html

先の議会の代表質問でも取り上げたSDGsについての我孫子市の考え方がコンパクトに特集されています👍

他の情報とあわせて、ぜひご一読ください

我孫子市は、現在、市の最上位計画にあたる「新・総合計画の策定」を行なっています。


代表質問の中でも要望しましたが、SDGsを市の施策に関連づけた計画づくりを進めて行く方針が示されました👍

計画策定に際し、無作為抽出した市民5,000人に対してアンケートを行うなど市民参加・情報共有を一層進めるべく、働きかけて参ります😊

#abiko_city #SDGs




我孫子市 平成31年3月 定例会(第1回)代表質問よりSDGsにかかる該当箇所・抜粋転記

◆(久野晋作君) 御答弁ありがとうございます。大変盛りだくさんでやってしまいましたので、かなり危険な展開になってきましたので、先に進めていきたいと思うんですけれども、ぜひ視点として策定について今までやってきた流れをトレースしていくんではなくて、やはり今様の新しい発想を持って、ぜひなかなかない機会でもありますのでお願いしたいと。そのとおりにやってくださいと言うつもりでもないんですが、一つの視点としてぜひお願いをしたいというふうに思います。よろしくお願いします。

 続きましては、3点目であります。基本構想の位置づけととらえ方、そしてSDGsとのリンクということで質問を立てさせていただきました。

 これは幾つかあるんですけれども、まずは基本構想の位置づけですね。新たな総合計画の策定に際し、基本構想というのはどのような位置づけとして考えているのか。今までと若干ニュアンスというんでしょうか、位置づけは異なるのか、それとも今までどおりというふうに理解をしていいのか、当局の考えを今聞きたいと思います。

 2点目としては、将来都市像とSDGsという形で考えたいと思うんですが、先ほど冒頭松島議員、SDGsという言葉がございました。昨年、戸田議員が代表質問でSDGsという言葉がこの本会議場で恐らく初めて語られたのかなというふうに思います。そのときにアンテナが低かったのでピピッと反応できていなかったんですけれども、今、SDGsというのはもちろん国連で、世界共通言語であり、みんなのゴールですよね。誰も取り残さないということと、まさに持続可能な社会をつくる。もう本市もまさにやっていることであって、世界のゴールであるとともに、日本国政府、私たちの政府もこれを推進していくと。各地域においてモデル都市もできて、モデル事業も展開されているというところであります。

 細かく今も勉強中ではあるんですけれども、ことごとくこれはもっともであろうというところもありますし、まさに総合計画の策定においてこのSDGsの考え方、ターゲット、指標、目的というところをきちんと織り込んで総合計画の策定をされている自治体も既に数多くあります。力強く推進をしていくというところもございますので、本当にバシッとマッチする考えだなと思うんですね。

 当時、大畑部長の答弁としては、各種環境基本計画等に組み込まれているということではあるんですが、この最上位計画にぜひともこの理念、指標というのをぶち込んでリンクさせていくべきだろうと。まさに共有、この「共」という文字がすごく感じるんですね、このSDGsを見ていますと。共有をするということであるとか、一体感を持つということであるとか、共感、共生、共同、こういったところが前面に出ている理念であり、本市もまさにその方向で大いにやれるというふうに考えましたので、ぜひリンケージをさせてやっていただきたいというふうに思っております。

 目標年次についてですけれども、20年という大変長期でありました三次計画。この四次計画につきましてはどのような計画期間で今考えているのか、またその理由についても御答弁をお願いしたいと思います。

 そして次は、目標人口。先ほどもありました。これは議会も大いに猛省しなくてはいけないところだと思うんですが、修正をして15万人という形にしました。これはなかなかな数字だなということで、やはり現実に即したリアルな数字。ただ、やっぱり頑張る目標というのもあってはいいと思うんですけれども、ここはちょっと余りにもかけ離れていたなというところでは、やはり目標というよりも見通しを踏まえた人口というのを立てるのが非常に現実的であり、実効性のある計画になっていくだろうというふうに考えます。そして基本構想のところで言いましたように、都市構造ですね、これは余り大きく変えようがないんじゃないかなと思うんですけれども、市の見解をお聞かせください。以上お願いします。

○議長(椎名幸雄君) 答弁を求めます。渡辺健成企画財政部長。
     〔説明員渡辺健成君登壇〕

◎説明員(渡辺健成君) 次期総合計画で定める基本構想は、まちづくりの将来目標と理念を明らかにし、その実現に向けた基本的な方向を示すものと考えております。また、地方創生総合戦略とSDGsへの取り組みを組み入れ、国や他市の状況を注視しながら策定してまいります。

 現在の基本構想は、計画期間を20年に設定しておりますが、次期基本構想では今後人口減少や少子高齢化により社会情勢が大きく変化する可能性があるため、期間を短くし、12年に設定することを想定しています。また人口減少に対応した施策を展開していくためにも、現状を踏まえた人口を推計することが重要であると考えています。さらに都市構造についても、我孫子の資源や特徴を生かし、自然環境やこれまで進めてきた都市基盤の状況を踏まえ、第三次基本計画の見直し内容を反映しながら検討してまいります。
posted by 久野晋作 at 09:09| 千葉 ☁| 基本構想の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

天分を活かす場に出会うには

「遊魚(ゆうぎょ)緑荷(りょくか)を動かす」
(坂本龍馬書)

62A06B1A-D4CA-4546-BAA6-F6DB60BF72C9.jpg

ずっと机の上に掲示していた龍馬の書(言葉)です。

自身の天分を最大限に活かし切れる場は、人から与えられるものでなく、偶然に訪れるものでもない。

強く願い、求め、自分でつくって行かねば永遠に訪れない。

この当たり前のことに、やっと気づく。

2C1D58AF-4355-4DF7-878B-0BB9A1FCF045.jpg

今日も一日がんばろう!


posted by 久野晋作 at 09:00| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

国会百年の計を創り、実践し、日本を救い、世界を救い、人々の幸福につくそう。諸君、やろうじゃないか‼️(松下幸之助翁の志に、呼び掛けに応えたい)

🔴国会百年の計を創り、実践し、日本を救い、世界を救い、人々の幸福につくそう。諸君、やろうじゃないか‼️

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日は、松下政経塾(茅ヶ崎)にて、特別講義を行われた林英臣先生に林英臣政経塾の仲間4人と随行させていただきました。

今期は40期の塾生を迎えられ、塾生さん4名(インターン生2名含む)の内3名は23歳〜25歳ということで、参加した我々は保護者のような年齢差でした😅

もっと若ければ、松下政経塾の門を叩きたかった…。しかしながら、松下政経塾第一期生である林英臣先生に師事することで、松下幸之助翁の志を知り及んだ私達も、僭越ながら松下翁の志を受け継ぎ、実践実行する担いを負った孫弟子であると思い、日々行動しています。

093F9753-3790-43EE-9C6D-D1E28BB1B447.jpg

昭和の大哲人でもあった松下翁の志を知った以上、共鳴賛同した以上、一つでも多く実現して行きたい、行かねばならない。そう痛感させられました。

〜「国会百年の計を創り、実践し、日本を救い、世界を救い、人々の幸福につくす。塾生は身命を賭して、この使命に徹し切って欲しい。この使命は重大です。『それを、諸君、やろうじゃないか‼️』というのが、私から皆さんへの呼びかけです」(昭和55年春 松下政経塾入塾式と当時の講話から。松下幸之助塾主85歳の時の言霊)〜

40周年を機に特設された『松下幸之助・志伝承室』に掲示された「松下翁の切なる願いや想い、志」。日本、そして世界の未来を託された「松下翁政経塾の40年の歩み」を心と体に刻みこみ、そして、第一期生として後輩達に向き合われた林英臣先生の講義を拝聴し、身の引き締まる思いでした。

日々是新
日々是好日

明日も、明後日も、その先も…。直向きにがんばろう🔥


posted by 久野晋作 at 08:51| 千葉 ☀| 林塾・哲学・思想・政治信条・世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

令和初の消防操法大会、そして、式典のマナーについて考えたい → 「足るを知り、恥を知れ!」

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日は、我孫子市消防操法大会に臨席させていただきました。
規律あるキビキビとした気合いの入った動きに見入りました。

消防関係者の皆さんの日頃からの活動に、心から感謝申し上げます。




🔴信じられない光景がずっと続く我孫子の防災訓練・操法大会中のテント内

選手団員の皆さんが、日頃の訓練・活動の成果を発揮すべく真剣に操法大会に臨んでおられる中、テント内の品の来賓達の緊張感に事欠く私語、ゲラゲラ笑い…本当に情けない限りです…😓

お詫びする立場にはありませんが、本当に申し訳ありません…の一言です。

今日だけではありません。

秋の総合防災訓練でも同じです。

その場に居た方はわかっていると思います。


人の話は黙って聞く

式典中の私語はしない

真剣に取り組んでいる人の邪魔はしない



中学時代に、同じようなことをやっていたら「即・愛情ある鉄拳」を頂戴してました。


この有様は普通ではないと思います。

綱紀粛正はこちらにこそ必要だと感じます。



胸に手を当てても理解できないかも知れませんが

足るを知り、恥を知れ!恥を!

と言いたいです。


我孫子市 平成30年12月 総務企画常任委員会 12月14日−01号(議事録から)

委員(久野晋作君) 私からは、総合防災訓練について質問させていただきたいと思います。

 本会議で岩井議員から、るる細かい点について課題も挙げられて質疑がありました。私はちょっと1点、防災訓練のそもそも的な意義、これを本当に達し得ているだろうかという観点で聞きたい。

 端的に言うと、いわゆる訓練とか練習ででき得ないもの以上のことは本番ではできないと思うんですね。よっぽどの奇跡というか何かがない限り。ですから、やはり訓練とかそういう練習、部活、スポーツも一緒ですけれども、全力で100%、120%のことをやって初めて本番でびしっといけるかどうか。防災訓練ですから、もうそれは生死のところにかかってくる問題もあるわけで、だからこそなおざりにやってはいけないものだというふうには考えているんです。

 その意味において、私がちょっと問題だなと思っているのが、本部席の緊張感のなさです。これは私たち、岩井委員からもありましたけれども、議員も当事者なんですが来賓という立場でお招きをいただく形で席に案内をいただくわけなんですが、そこで勢い挨拶をしたりですとか会話があるのは理解するんですが、げらげら笑ったりですとか、そういう緊張感のなさというは、絶対この本番の会場にも伝わってしまう、悪い印象が絶対あるだろうなというふうに、ちょっと常々感じていたところです。

 ずっとそういう態度をとっているとは思ってはいないんですけれども、これは議員側も反省しなくちゃいけない点もあれば、いわゆる来賓としてお招きいただいている方々にもそういったところを徹底しないと、真剣に訓練をされている人たちに対して失礼だなというふうに感じるんです。そういった点での担当課としての所感というんですかね、特に近々でことしやられての感覚というんですか、感想を率直のところできれば、お答えにくいかもしれませんが、お願いしたいと思います。

◎市民安全課長(隈正章君) まさしくお話しされたように、訓練は実践を想定してというところが一番重要であることには間違いありません。我々としても、その1回の訓練を意義あるもの、内容あるものにしたいと思って取り組んでおるつもりでございます。ですので、今回もいろいろと御意見いただきました、御要望もいただきましたので、総合防災訓練もやっていますし、小学校で避難所運営訓練も開催させていただいておりますので、そういった点を踏まえて、次に必ずや生かしていきたいというふうに考えております。

◆委員(久野晋作君) お答えにくいかもしれませんけれども、私が今指摘した点、緊張感のなさが本部席側であったという認識は共有をしていただいていますでしょうか。もしお答えにくいようだったら、副市長もいらっしゃっていますよね。この先、ちょっと市長に聞きたいと思っていますけれども、もし市長、副市長がお答えしにくいようでしたら。どうでしょうかね。

◎副市長(青木章君) 本会議でもちょっとお話しさせていただいたんですが、結局、いろんな役割が防災計画になっているんですが、例えば本当に被災したときには、本部員は本部で状況を受けながら現場に指示を飛ばす、情報を受けながら飛ばす、あるいは関係機関との調整をするとかという役割の中で位置づけてあるんですけれども、正直言って、あそこでは、スタートのころはそういう連携の訓練も入れていたんですが、最近、余りに本部員が現場を知らないということもあって、今度、現場に出ていって少し見てというような形に少しずつ今変えてきて、最近はそれが続いていますもんですから、本部員とかがちょっと役割が、あそこの場ではないんですよね。ということもあって、少し雑談といいますか、いろんな話をしているとか、そういうふうなことがかえって緊張感が見えないような形に見られても、可能性は大いにあったかなというふうに思っていますので、本会議でも答弁しましたけれども、本来のあるべきまた形を変えて訓練の形にするとかということで、今回の経験は生かしていきたいなというふうに思います。

◆委員(久野晋作君) わかりました。一言もしゃべってはいけないということを言っているわけではないです。訓練を見ながら、こういうところ課題だよねとか、こういったときどうするんだろうかというような意見交換だとかというのは、これはあってもいいとは思うんです。でもなという部分も、結構散見されている、私も感じました。そのとおりだったな。いろんな課題がある中で、担当課としては本当に一生懸命設営していただいて、休みの日に職員の方も動員して参加をいただく場ですので、本当に年に一度の総合防災訓練でありますから、なおのこと本当に緊張感を持ってやる必要があるだろうなというふうに思ったんです。

 今、副市長の本会議の答弁もよく聞いておりました。なるほどな、逆に言うと手持ち無沙汰になっている面とかもあるだろうし、という意味で、これは一つの提案なんですけれども、結構、席に座るとどうしてもふっと力が抜けたり、お客さん的な感覚にもならないだろうか。本当は当事者なんだけれども。なので、席はあえて用意をしないでやっておくとか、というのも、我々も、私なんかは構わないと思っているんですけれども、そういった設営の妙というんでしょうかね、工夫というのもあってもいいように思いますので、あとは市長、副市長を初め先頭に立って、陣頭指揮をとっている総責任者の立場があらわれるわけですので、そういったところは厳に戒めていただいて、我々議会も議員も大いに反省しなくちゃいけない面も多いと思います。ああいう場でついつい雑談、世間話をしてしまう。なかなかお会いできない方もいらっしゃるでしょうけれども、でもそういう場じゃないわけですので、全く目的、本質は外れるわけですので、そういうところは引き締めてやっていくべきだろうというふうに思ったもんで、ちょっと重ねてですけれども質疑をさせていただいた次第です。よろしくお願いします。
posted by 久野晋作 at 22:09| 千葉 | ★活動予定・市内イベント★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

身につまされる大切な議論のルール

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

今朝…は3時過ぎに目が覚め…たので、ポジティブに朝活実践中です(笑)

さて。表題の件です。

◯他人の発言をさえぎらない
◯話すときは、だらだらとしゃべらない
◯話すときに、怒ったり泣いたりしない
◯わからないことがあったら、すぐに質問する
◯話を聞くときは、話している人の目を見る
◯話を聞くときは、他のことをしない
◯最後まで、きちんと話を聞く
◯議論が台無しになるようなことを言わない
◯どのような意見であっても、間違いと決めつけない
◯議論が終わったら、議論の内容の話はしない

これは、フィンランドの小学生が作った議論のルールとのことで、Facebookの友達(人生の大先輩)のタイムラインで拝見したものですが、身につまされると共に、議員という立場上、また、自身の生き方・信条としていることから色々と感じることがあり、記事をシェアさせていただき、思うところをFacebookに記しました。

子供ながら、いや、核心を突く指摘の数々に唸らされ、一気に目が覚めました(๑˃̵ᴗ˂̵)💦


ご覧いただければ幸いです☺️


+++++
🔴身につまされる大切な議論のルール

すべて実践・実行できているかしら…と、胸に手を当てて考えてみると反省すべきことが多々あります(๑˃̵ᴗ˂̵)💦


🔵思い浮かんだことを皆まで言う必要はない

けれども、言うべきことを言わない。
おかしいと思っているのに言わない。

これはいけないこと(相手のため、全体のために)ことだと私は考え生きて来ました。

なので、要らぬ衝突や誤解を招いて来たこと、不愉快な想いをさせて来たことも山ほどあったと思います😅


🔴茶化さない。嘲笑しない。

これも大切なことだと思いますが、残念ながら、こういう人が少なくありません。

言いたいことがあるなら、正々堂々と手を挙げて発言すべきなのに、仲間内で目配せして、茶化したり、嘲笑したり…。

武士道が重んじられて来た我が国にあっては特に、許容しがたい、断じて認めてはならぬ卑怯者の行為です。


🔵大人が背中を見せる。範を示す。

これが大切ですね。

思い立ったが吉日。

今日から、今から襟を正します。


あ、もちろん、言うべきことはキッチリ、みっちり、確りと言い続けます。

世のため、人のため、確かな未来につながることだと判断できれば、疎まれようとも、嫌われようとも、誤解されようとも、笑われようとも。


5071D69E-19BC-4D32-868F-65409B586420.jpg


posted by 久野晋作 at 05:33| 千葉 ☁| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする