2018年01月15日

インターンシップの面接

本日の午後、私の下での「議員インターンシップ」を希望して下さった学生さんの面接を行いました。

期間は、規約により春季2月〜3月の2ヶ月間です。

実は、議員になってからインターンを採用したことはなく、今回初めて議員インターンシップに参加させていただきます。なので、ちょっとドキドキ…でした😅

私が学生だったのは、かれこれ四半世紀前…のことになりますが、当時はこうしたインターンシップは制度化されておらず、「将来議員志望の書生」としてお抱えしていた事務所以外、敷居の高い領域だったように思います。

私は、「特定非営利活動法人ドットジェイピー」さんの事業である「議員インターンシップ」に議員会員として参加する形になります。

プログラム・企画・規約は、微に細に練られたものとなっており、また、学生さんの間を取り持ってくださる「学生スタッフ」さんが居るので、安心して参加させていただいています。

「伝える、教える、導く…」と言う上から目線ではなく、私自身、学生さんから多くの学びを得たいと思っていますし、主体的に考え、行動してくれる学生さんと共に、精力的に活動して行きたいと考えている次第です。

明後日の水曜日にも、もう一人の方と面接を行い、3月議会に向けて新年の活動も本格化させて行きます。

※双方の合意の下でのインターンシップ開始となるため、決定ではありません。
※面接の結果、遠慮されると…不成立です😅



双方にとって、大いに実りあるインターンシップ活動となるよう臨みたいと考えています。
posted by 久野晋作 at 22:00| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

五穀豊穣、無病息災を願って…平成30年新木ふれあいあわんとり

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日11時30分から、雲ひとつない晴天の下、新木小学校校庭にて地域の恒例行事【新木ふれあいあわんとり(どんと焼き)】が開催されました

A12124B7-0CE4-4F84-9E9C-B594AF1B5E0F.jpg

お正月の松飾り・注連縄・書き初めなどを家々から持ちよってを焚き上げし、その後の残り火でお餅を焼き、皆で食し、五穀豊穣・無病息災を祈ります。

6AF73BD4-DCA3-47BB-9E58-E31D2C3D071B.jpg


焚き上げに使用する孟宗竹や萱は、「新木まちづくり協議会」の皆さんが、年末に河川敷や竹林から集めていただいたもので、本日も各種準備に携わって下さっています。
2F779A80-4D00-4C1F-A963-329BEACB576A.jpg


こうした地域行事は、本当に大切で有り難いことです。

まち協の皆さんは、多くのお子さんの笑顔を楽しみにされてお待ちしています。

大変多くの参加者に恵まれ、滞りなく「合わんとり」を終える終える事が出来ましたが、行事は本番だけが行事ではありません。

準備があり、片付けがあり初めて成立します。

FC58FC6B-D165-49BA-AE8F-30DE0355FEFC.jpg

当たり前に行事があるわけではありません。

そのことをそろそろ真剣に理解しないといけない時期に入って来ています。


この行事に携わって下さっているのは70代以上の世代の先輩方です。

「あわんとり」の片付けの終了後、ホンの少しだけ間を置いた後「反省会(慰労会)」の場を、まちづくり協議会の皆さんと持ちましたが、その中でも「世代交代の必要性を求める切実な声(ご指摘・ご叱責)」をいただきました。

EBEB9867-D9B3-429A-B1D0-2DFAEA9318A1.jpg


当然のことだと受け止め、何とかしなければならないと言う想いを益々強め、末席につくものとして地域の先輩を自宅まで送らせていただいた後帰宅の途に着いた次第です。
A622751E-BF01-4F9D-9954-B7EA3DAA42DA.jpg


posted by 久野晋作 at 19:38| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

「他人を尊重できないなら出ていけ!」…正気を取り戻す為のメッセージ。

こんばんは。我孫子市議会議員の久野晋作です。

たまたま開いたYouTubeで以下の動画を拝見しました。
論より証拠で、まずは動画をご覧ください。



素晴らしいメッセージ。
彼の本氣がビシビシ伝わって来ます。

差別意識が根強く蔓延る中、強い言葉で。強い姿勢で。
士官学校の校長が、強いメッセージを伝えています。

民族、人種、肌の色、容姿、言葉、身分、育ち…etc

人は、それぞれのbackgroundがあるのが当然であり

もし、人類が同質化、同一化していたとしたら、そこに進歩も発展も生まれないでしょう。

「違いや落差」があるからこそ、進歩や発展が生まれた筈です。

歴史を振り返れば、それらが原因となり、
極めて不毛で、取り返しのつかない愚行を繰り返してきたのも
他ならぬ人類です。


以前からアップロードされていたメッセージでしたが、
トランプ大統領の舌禍…が炸裂したタイミングと重なっていた為に

「米軍の最高司令官である大統領への当てこすり」なのかと思ってしまいました…😅

どのような立場であれ、彼のような上司が居れば、
組織は引き締まり、正しい方向に導かれていくことでしょう。

上官(上司)と言うものは「かくあるべき」と痛感した次第であり
どのような立場にあろうとも、「かくありたい」と強く感じた次第です。


posted by 久野晋作 at 23:06| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする