2021年07月21日

【続】空気や同調圧力によって、未来を担って行く若い世代の人生を奪うことは絶対に許されない

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。
まずは、下記の記事をご覧ください。


コロナワクチン接種「様子みたい」20代・30代女性の約4割
2021年7月20日 4時00分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210720/k10013148351000.html?fbclid=IwAR1ZjW9ZY57bFY_hSlLEREMgfZYSXhMo9Y7y3yVkAZfzFJW1lvSKHTVnb9U

新型コロナウイルスのワクチン接種について「様子をみたい」と答えた人が、20代や30代の女性ではおよそ40%、50代でも20%近くに上ることが、国際医療福祉大学の調査で分かりました。調査した専門家は、まずは重症化リスクの高い年代で接種を迷っている人に丁寧に説明することが重要だと指摘しています。

調査は国際医療福祉大学の和田耕治教授らが、今月13日からの3日間、首都圏の1都3県の20代から60代を対象にインターネットで行い、およそ3100人から回答を得ました。

この中でワクチン接種の希望について聞いたところ、
▼「できるだけ早く接種したい」か「すでに接種した」が57.3%で最も多く、
▼「もう少し様子をみたい」が23.8%、
▼「あまり接種したいとは思わない」「接種したくない」が合わせて17.0%でした。

「様子をみたい」と答えた人の割合は、
▼20代女性で38.7%、
▼30代女性で39.0%と、
若い女性で高く、

女性では、
▼40代で26.7%、
▼50代で17.2%、
▼60代で13.9%と、
重症化するリスクが比較的高い年代でも50代以外は男性より多くなっていました。

「様子をみたい」「接種したくない」理由として、すべての年代の女性で70%から80%が「副反応が心配だから」と回答していて、和田教授は「まずは重症化リスクの高い年代で、接種を迷っている人に働きかけ、診療の機会などもとらえて医師が丁寧に説明することが重要だ」と話しています。
引用転記終わり。

✋接種後に「副反応」が出ていることは紛れもない事実であり、健常な若者世代は、「たとえ感染しても、死亡や重症化まで至らないことが殆ど」だということが明確になっています。

スクリーンショット (643).png

スクリーンショット (641).png

こうした「事実」を踏まえれば、「様子を見たい」という考えに至るのは、極めて真っ断当な判断といえます。


「接種を控えること」「様子を見たい」という【未来のある若者たち】の率直な想いを尊重しない報道姿勢にこそ、違和感を覚えます。

報道の姿勢をみるに「接種することは、当然であって、接種するように意図的に働きかけるべき」という結論があって発信されていることがアリアリと感じられるからです。

何度も述べていますが、現時点において、当該ワクチンに「感染防止効果」が正式に証明されたわけではなく、そもそも、ワクチン接種による「効果」とうたわれているものは、「数字のマジック」であり、あくまでも接種しても、しなくてもほぼ変わらないことが明確になっています。

令和3年新型コロナウイルス感染症対策特別委員会 ー 06月24日
新型コロナウイルス感染症対策特別委員会

https://smart.discussvision.net/smart/tenant/abiko/WebView/rd/speech.html?council_id=62&schedule_id=2&playlist_id=1&speaker_id=0&target_year=2021
👆の議会中継の57分過ぎからの質疑をご確認👀👂ください「ワクチン接種の効果(95%)」等について、質疑しています。




現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。

スクリーンショット (660).png
↑厚労省のHPからファイザー社の新型コロナワクチンについて(有効性)


メディアや、専門家と称して紹介され、接種を盛んに推進するコメントを発している方々は、厚労省が毎週のように作成し公開しているデータを見たことがないのでしょうか?

そんなことはないでしょう。有り得ないし、有ってはならないことです。
彼らは知っているはずです。

接種を控える、見合わせるための発信をすると、「デマだなんだと、不安を煽り立てている」と、ワクチン担当大臣を筆頭に、こうした慎重な意見や態度を潰しにかかってきます。

しかし、むしろ言いたい。

「不安を煽り立てている」のはどちらなのか?と。

陽性者を感染者と言い募り。
感染者を発症者と同列に論じ。
発症者がどのような症状なのか一切報じることなく。
たとえ報じたとしても、重症・死亡例だけを殊更取り上げるだけ。

国民の大半は、感染すらしていないのに。
発症しても、軽症の方が殆どなのに。


後遺障害について殊更論じているけれども、どの病気にも後遺障害があり得ることも述べない。さらに言えば、後遺障害に対して、十分な対処すら出来ていない。新型コロナウィルスに対して、発症前後の十分な対応ができていないことを認めない西洋医学界。

China・台湾・韓国は、東洋医学(漢方の処方)を合わせて行う統合医療を一年半前から採り入れて対応している。

このことを知っているはずなのに、一顧だにしない西洋医学界。

意味不明、根拠不明なまま、一日中マスク着用を義務付けられ、不要不急の外出は禁じられ、
飲食店、特に、居酒屋をターゲットとした実質的な補償なき規制を強いる無能な行政。

野球、サッカー、相撲…と、有観客でスポーツ観戦が行われているにも関わらず、なぜかオリンピックは無観客で実施する意味不明な判断を下した日本政府。公道で行う聖火リレーですら中止の判断をする、まったく意味不明な判断を下した知事たち。

毎日の通勤列車で、クラスターは発生しているのか?
公道でクラスターが発生するエビデンスがあるのか?
野球・サッカー・相撲…の観戦客で、クラスターが報告されたことはあるのか??

こうした狭間で苦しんでいる国民たちの声が聞こえていないのか?


あなたたちが守る対象は、己以外にないのか?


そもそも、ワクチン接種後に3,000人を超える副反応被害が既に出ているのに、なぜキチンと報道しない?

接種した後に症状が出たのだ。接種前と接種後の明確な違いは「ワクチンを接種したこと」だ。

厚労省が因果関係を証明(認定)しないだけであって、副反応の原因の一つであることは明らかではないか?


もっと正確な情報を提示せよ。
報道倫理とは何ぞや?
メディアに矜持はないんか?

そのような憤りを日々覚えながら、悶々とし、己に出来得る最善を尽くして活動しています。


ワクチンを接種する前に、考えましょう。
可能な限り、ご自身で調べてみましょう。

子供に打つ必要は、合理的な理由はありません。

慌てる必要も全くありません。
落ち着いて、対応しましょう。

大丈夫です。

私たちは、十分戦えます。

ウィルスはもとより、根拠なき誹謗中傷とも、同調圧力とも。





posted by 久野晋作 at 07:19| 千葉 ☀| 感染症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

空気や同調圧力によって、未来を担って行く若い世代の人生を奪うことは絶対に許されない。

▼接種ありきの「副反応検討部会(7/7)」に呆れ果てる

接種ありきの会議は、「副反応の発生状況を検討する」という本旨に相反するに等しく、かたちをかえた接種推進組織に過ぎないことが改めてわかった。7/7(水)に開催された副反応検討部会。2週連続、傍聴していた時間は明らかに無駄だった。

接種後の死亡者数が、【報告されているだけ】でも500人を、ゆうに超えているというのに、その点に一言も触れなかったことに驚きを通り越して憤りすら覚える。

スクリーンショット (587).png

「数字」で一括りにすることに強く違和感を覚えるが、煎じ詰めて言えば、数字すら観ていない。

数字の裏には、一人ひとりのかけがえのない人生がある。

死亡者だけではない。重篤な反応が出ている方の「程度」と「後遺障害」について詳細は分からないが、中には、一生涯障害を負うことになる方もいるかもしれない。

こうしたことについて、彼らの頭の片隅にどれだけあっただろうか?

私には、彼らの会議に臨む姿勢・態度・発言内容のすべてに、その気持ち(労りや想いのカケラもな)感じられなかった。非常に恐ろしい「システム(流れ作業)」だと思った次第。


▼空気や同調圧力によって、未来を担って行く若い世代の人生を奪うことは絶対に許されない

感染率・発症率・重篤化率・死亡率のいずれをとっても低い世代である、「学生への集団接種」が促進されている。

実数として、ワクチン接種後に死亡者を含む重篤な副反応事例がでている中、学生の接種拒否について議論が及んだ際には、「1割は拒否している」、「拒否する割合は、もう少し多い」などと、嘲笑しながら話を進める始末…。

こうした態度や姿勢には、憤りをとおりこしたものすら覚えた。

若年世代の「いわゆる感染率」は、実際のところどうなのか?

感染した場合、軽症なのか?中等症なのか?重症化するのか?

スクリーンショット (643).png

スクリーンショット (641).png

すでに、厚労省のデータがあるではないか?

そもそも、感染する割合は低いし、ほとんどが軽症で済んでいる。それなのに、わざわざ副反応が発生する割合が高いことが分かっているワクチン(=感染予防効果は認められていない、特例承認されたに過ぎない、長期的なリスクが全く分からない「治験中の劇薬」)を接種させることのベネフィット(利点)を論理的に説明して欲しい。

いや、説明すべきだ。なぜ、説明しないのか?「説明できるものならば、してみろ。納得させてみろ‼️」と、声を大にして言いたい思いに強く駆られた。


▼副反応による健康被害が起きた場合の補償は、本当の所どうなるのか?

ワクチン接種後に【相当数の重篤な副反応が出ている】ことは紛れもない事実であるものの、【死亡例の報告に関しては、被接種者の属性の変化や海外の報告状況も鑑みて、現時点においては引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない】と満場一致で合意。

同胞、いや、未来を担って立つ若者達のことを真剣に考えているのか?彼らは正気なのだろうか?

スクリーンショット (622).png

慎重な意見は皆無だった。これが現実だ。

2週間おきに開催される副反応検討部会。

明日、7/21が第4回目となる。

低年齢世代への接種も本格的に始まったので、相応の副反応事例も出ていると思われるが、おそらく、何人被害が出ようと、この姿勢は、当面の間変わらないだろう。



彼らを含めて、接種後に何が起こっても、当面の間、実質的な救済の道はないだろう。

延々と裁判をくりかえしたのちに、人々の記憶が薄れた遠い先に「逆転勝訴」を勝ちとることが出来るかどうか?という狭き道になるだろう。

この間の報告事例において、因果関係が認められたケースは非常に少ないのが実状だ。つまり、医療機関にかかる診療費も、生活が困窮しようとも、(のちに)障害を負うことになろうとも、因果関係が証明されない限り、補償されず、身銭を切らされるということだ。

スクリーンショット (583).png


打つも覚悟、打たぬも覚悟。
今朝の報道(新聞・ニュース)で、昨日の副反応について触れた報道機関は、私の知る限り皆無。令和の翼賛体制とも言える歪な構造に寒気と嫌悪感を抱いた目覚めの悪い朝。

歴史と時間が必ず証明する。

折れずに、ブレずに、諦めずに。

日々仲間と情報交換・意見交換を行いながら、勇往邁進あるのみ。







こちらの記事は、7/8に「note」に記した記事を転記(一部加除修正・再編集)したものです。当blogと併用して発信していますので、久野晋作のnote📝につきましても、ブックマークしていただけると幸いです。


子どもワクチン署名_A4チラシ.jpg
posted by 久野晋作 at 07:00| 千葉 ☀| 感染症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月08日

月日は百代の過客にして、行き交う「年」もまた旅人なり…🍵

火曜日は、中学校の学校評議員会議🙋‍♂️
水曜日は、PTA集金で中学校へ🚴‍♀️💨

その後、中学校の授業を教頭先生と回らせていただきました☺️


49C4B786-F333-40A0-AE03-C3B7C7CB5685.jpg

9248F8D5-81C3-4ADE-A877-D8DC18EB009A.jpg

🌾🌾🌾
久しぶりに娘と田んぼ道を走ったり🏃‍♀️🏃‍♂️💨

小学校PTA総務会として、ベルマーク、見守り&挨拶運動、PTAのあり方に関するアンケートの作成…など、連日にわたりLINE WORKSを活用して、

朝昼晩の合間の時間を使って打ち合わせを重ね…

5993D26D-2B97-42F3-89E2-D1CB36FF5D73.jpgA55B8C01-3B74-45D2-A92E-ADD5D190803A.jpg

新幹線が止まり、名古屋に飛び🚙🏃‍♂️💨

そして、「惑チン接種にかかる問題」について、全国の仲間と協議を重ね…


行政書士として受任した、相続手続き業務を行ったり…

林英臣政経塾の政治家天命講座、今後の基本政策、執行部としての会議に当たったり…


月日は百代の過客にして、行き交う「年」もまた旅人なり…🍵

少しでも、ほんの少しであったとしても、世のため人のために資する活動となることを強く強く期して

定例市議会が終わっても、ノンストップで走り続ける毎日です🏃‍♂️💨

2FCE0ACD-1BBC-4F90-A84A-E287A938E2B4.jpgAAF395C2-4F92-4331-AF70-9A57D9B74E94.jpg



🔥直球勝負⚾~知ったからには言う。声を挙げる。
旧知の間柄であり、現在も様々な現場で活躍している神谷さんからお声掛けをいただき、思う処を率直にお話させていただきました。
https://youtu.be/zwU6Sb7cXR4
6/30の収...

久野 晋作さんの投稿 2021年7月2日金曜日


本日、3回目となる厚労省の副反応専門部会が開催されますが、どうやら、その場に報告されぬ事例が、少なからず眠っているようです。

これが事実であれば、一大事。
決して、許される事ではありません。

🌾🌾🌾
私は、自身の生活を正し、免疫力を高め...

久野 晋作さんの投稿 2021年7月7日水曜日



posted by 久野晋作 at 07:00| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

おもしろきこともなき世をおもしろく🍵

今朝は、久しぶりに清々しい空が広がり、お布団もバッチリ干せる良いお天気です🙌

コロナ禍における諸課題と合わせて、今春から本格的に始まったワクチン接種にかかる諸課題をメインに取り組んだ定例市議会(6月議会)が昨日閉会しました。





ワクチン接種にかかる諸課題、クラスター対策等の諸課題を議論しています。ながら聞きでも結構ですので、ご確認いただければ幸いです。

朝・昼・晩・夜中…と、まさに昼夜をわかたず、全国各地で活動している林英臣政経塾の有志と、情報交換・意見交換を重ねて来ました(現在進行形)🏃‍♂️💨

こうした仲間の存在は、本当に大きなものであり、掛け替えの無いものです。仲間に恵まれた幸せを切に噛み締めたシリーズでもありました。

🌾🌾🌾
コロナ禍により、失ったものは少なくありませんが、見方や捉え方によっては、決してマイナス面ばかりではない。私はそのように考えています。

ワクチン接種の是非や有無についても、自己責任がともなわされる任意接種である以上、行政側からは偏在のない情報提供が厳しく求められるところです。

我々一人一人も、それぞれが積極的に情報を取り、自分の頭で考えて行かなければならない「自己決定・自己責任」が厳しくも問われます。
いわば『主体性が強く求められる時代』に入ったことを強く感じます。

誰のものでもない自分の人生。

「だから、好き勝手に生きる」という意味ではなく、「時代の大きな転換点において、どのように生きてゆくべきなのか?という根源的な問いを突きつけられている」という感を強く抱いた春先からのシリーズでした☺️

知恵熱が出そう…なくらいぐるぐる、ぐるぐると頭を使い、時折り床にヘッドスライディングして泥寝し…💤、そのくせ夜中に目を覚まし、やおら資料の読み込み、議会の準備、web更新…とリアルに繁忙を極めた日々でしたので、少しだけリフレッシュして、今後に備えたいと思います🍵✨

どなた様にとりましても、今日一日が佳き一日となりますように✨




posted by 久野晋作 at 07:35| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

私は、未成年者への新型コロナワクチン接種に反対します✋

国民の命・健康・暮らしを護る最前線の基礎自治体。その最終責任者が市長村長であり、国からの法定受託事務として「感染拡大防止の決め手」とされているコロナ・ワクチンの接種業務を執り行う司令塔です。

【未成年者へのワクチン接種は反対です】

厚生労働省から新型コロナワクチン副反応の最新情報が公表されました。

〇2月17日−6月13日までに
・約2400万回接種 ※内、モデルナワクチンが約44万回
・死亡事例356件 ※内、モデルナワク...

南出 賢一さんの投稿 2021年6月23日水曜日


南出賢一君は、この間、志を共に活動してきた仲間であると共に、大阪府泉大津市長です。こうしたメッセージを発れば、非常に厳しい立場に置かれることは想像に難くないところながら、信念を貫き発することこそが「政治家」だと私は考えます。

自衛隊大規模接種および職域接種の解禁に伴い、現役世代、さらに未成年者への接種機会が一気に拡大しました。さらに、そのことと連動するような形で河野ワクチン担当大臣から「12歳から15歳の児童生徒への夏季休業期間中の接種を推奨する」発言が飛び出しました。



この間、議員仲間と朝・昼・晩、時に夜中…と連日にわたりワクチン接種および感染拡大防止策について情報交換を進めて来ましたが、長期的な接種リスクが不明である中での子供への接種💉は、(まだ)越えてはならない一線だと、私は考えます。

205587951_191838079411147_4241643991170320513_n.png

微力ながら、ワクチン接種にかかる考え方や情報を発信してきましたが、影響力の低さから中々届かず、どうしたものか…(;'∀')と思ってきたところですが、諦めず、しぶとく、様々な情報媒体を通じて発信し続ける所存です。

🔴コロナワクチンの接種以外、本当に感染拡大防止策はないのか?
🔴低リスクで、感染拡大防止に寄与する方策は本当にないのか?
「反ワクチン」ということではなく、各種の情報および厚労省からの様々なデータに当たっている中で、コロナワクチンにかかる懸念や疑念がどうしても消せません。

🔵人類の英知は、こんなもんじゃない❣と私は信じます。

百歩譲って、コロナワクチンが有益なものであるとしても、コロナウィルスへの罹患率(感染・発症率)が極めて低く・死亡事例も極めて低い(ほとんど聞かない)中で、子供へ接種させることには、私は反対です。

混沌とした未来を切り拓いてゆく、新たな時代を創って行く私たちの宝である子供たちをともに守りましょう✨

🔵本日午後一時から開会する我孫子市議会・新型コロナウィルス感染症対策特別委員会の審査において、これらの問題を含めて、すでに事前通告しています。市長以下担当部長に質し、一線を超える判断をしないよう言質を取りたいと思います。

本日午後一時から開会する、新型コロナウィルス感染症対策特別委員会の議会中継はこちらからご視聴いただけます👀
https://smart.discussvision.net/smart/tenant/abiko/WebView/rd/speech.html?year=2021&council_id=62&schedule_id=2&playlist_id=0&speaker_id=0


力を合わせて、この国難を乗り越えて行きましょう❣

6時から8時半過ぎまで、スマホの小さな画面ながら、ずっと拝見👀拝聴👂していました。

会議の性質上、致し方ないとはゆえ、「数字」で片付けられてしまう遣る瀬なさ…。

一人一人の掛け替えの無い人生。

重篤な副反応が出ている方は、ややもすると一生障害を負う形にもなる訳です。

そのことを思うと、
何ともやり切れない想いです。

久野 晋作さんの投稿 2021年6月23日水曜日





posted by 久野晋作 at 08:27| 千葉 ☁| 感染症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする