2019年10月13日

🔵台風19号に関する報告@我孫子市 10/12-13


先ほど、本日午後1時時点における、我孫子市の【台風19号に関する報告】について議員各位にもFAX通知いただきましたので、受信内容を画像データにてご報告させていただきます。

※利根川の水位は上流域では下降し始めましたが、我孫子近隣地域では未だ高水位にあります。万が一に備え、警戒を怠らず対応して行きましょう。

#abiko_city

4C0BFE25-00AA-4E83-BB08-6E2FE1353C11.jpg

31E62480-9615-4205-858D-4F2F29C066AB.jpg




posted by 久野晋作 at 17:57| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警戒を怠らず、備えましょう!(洪水警報・発令中)

先ほど、スマートフォンの緊急速報が鳴りました。何度聴いても心臓に良くありませんが、有り難い情報です。まだ洪水警報は解かれていません。利根川下流域の水位は、これから上がって行くことも想定されます。

5893C395-623E-45AB-92F6-68FF0DC7605F.jpg

各地の河川が氾濫している情報が続きますが、被害が拡大しないことを心から願っています。

警戒を怠らず、備えましょう!

30F7B095-3EF9-4088-8522-3CBADE1C09A8.jpg
我孫子市民体育館地先の堤防から(13日9時半に撮影)
6C75E5F3-D74C-4360-A9BF-9E4AE850344A.jpg

===============================
2019年10月13日 9時24分発表
我孫子市の現在発表中の警報・注意報

🔴洪水警報 強風注意報

北西部では、13日昼前まで土砂災害に、13日夕方まで河川の増水に警戒してください。北東部、南部では、13日昼前まで高波に警戒してください。

※写真は9時半時点の利根川の水位(我孫子市民体育館地先)です。

現時点において、必要以上に慌てることは無いと思いますが、警戒を怠らず備えましょう☺️

🔵各地区の浸水想定区域は、我孫子市ハザードマップで確認出来ます。
#abiko_city

🔵我孫子市の大雨警戒レベルマップ|土砂災害 - Yahoo!天気・災害 #防災速報
2488634D-53CB-4160-AAC0-23330378C425.jpg
655F3770-96CE-4BB4-9BCC-C9739E0163FB.jpg

我孫子市(ほか千葉県北西部利根川水域に在住)のご家族、ご友人の方で、こうした情報に接していないと思われる方に、念のためお伝えいただければ幸いです。


なお、夜半から利根川増水による避難所が設置されています。


【避難所一覧】

◯新木近隣センター(10月13日:午前0時30分開設)

◯近隣センターこもれび(10月13日:午前0時30分開設)

◯我孫子北近隣センター並木本館(10月13日:午前0時30分開設)

◯湖北台近隣センター(10月13日:午前0時30分開設)


2F3C092A-E067-46BA-BA02-ADC820BF09FA.jpg


夜半および休日、避難所の設営・運営にあたってくださっている職員および関係者の皆さん、そして、昼夜分かたず警戒・災害対応に当たってくださっている全ての皆さんに心から御礼申し上げます。

posted by 久野晋作 at 10:03| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

台風15号被災自治体への我孫子市消防職員の派遣について

🔵台風15号被災自治体への我孫子市消防職員の派遣について

台風15号により被災した館山市からの支援要請を受け、我孫子市消防本部は以下のとおり職員を派遣しました(我孫子市消防本部からの資料から抜粋転記)

◯9月21日(土)派遣先:館山市
・派遣人員:6名
・派遣車両:資材車1台、指令車1台
・活動内容:専用住宅3軒で瓦の撤去、ブルーシート張り、ブルーシートへの土嚢追加作業を実施

◯9月22日(日)派遣先:館山市
・派遣人員および車両、活動内容については21日(土)と同じ

◯9月23日(月・祝)派遣先:館山市
・悪天候のため作業なし

*令和元年9月30日(月)まで派遣を予定

被災地となった現地の要支援内容は日々変わって行きますが、被災自治体・地域の早期の復旧を、そして、被災地で復旧作業に当たってくださっている全ての皆さんの安全を心から祈念申し上げる次第です。

02670451-94D7-4C21-838D-0C4BE24F393B.jpg
posted by 久野晋作 at 10:45| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

🔵我孫子市の台風15号被災自治体への支援状況について(9月17日午前11時現在)

🔵我孫子市の台風15号被災自治体への支援状況について(9月17日午前11時現在)
http://www.city.abiko.chiba.jp/anshin/typh1915/shien.html

◯我孫子市は、千葉県水道災害相互援助協定に基づき、9日(月)から10日(火)まで横芝光町に、11日(水)から15日(日)まで多古町に給水支援を実施。

◯合わせて、9月13日(金曜日)に非常食3,050食(※内訳 :アルファ米2,000食、コップパン1,050食)を芝山町に職員が持参。

◯職員(保健師他)の派遣については現在調整中。

◯市営住宅2戸(北原団地:我孫子市新木野)を提供できる旨、国(国土交通省関東地方整備局)へ報告。
23CC0E20-B0AF-4662-A8D6-116487979C3B.jpg
307374D0-D0CC-47D8-93DF-078F26A9A680.jpg

被災地となった現地の要支援内容は日々変わって行きますが、被災自治体・地域の早期の復旧を心から祈念申し上げます。

posted by 久野晋作 at 10:50| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

台風15号に関する我孫子市の被害状況(9/10 最終報)について

おはようございます、我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日をもって本会議における一般質問の3日間の日程が終わりました。

9月8日(日)夜から、9日(月)朝方まで千葉県を北上していった台風15号が与えた被害や爪痕の凄まじさが日に日に明らかになっています。

台風が直撃した地域においては、未だ停電・断水が続いている地域も少なくなく、懸命な復旧作業に取り組んでおられます。

改めて、被害に遭われた皆さんに心からお見舞い申し上げると共に、早期の復旧を心から願う次第です。

4C79862F-CB0F-4674-8AB7-D80ECB140FE9.jpg


千葉県においては、葛南・東葛地域は直撃を免れた関係で、甚大な被害は少ない状況ですが、それでも我孫子市において下記のとおりの被害が報告されています。

943A1336-5B30-4362-A883-9A949B420215.jpg

AC5ABC7C-8496-4665-B7CE-EAEFDB5DFABC.jpg

昨夜も地元の方から、屋根の被害にかかる罹災証明書の発行についてお問い合わせをいただきました。

明日は、所属している総務企画常任委員会の審査となりますが、三日間の議会日程が終わりましたので、改めて地域を回らせていただき、被害状況の把握に務めたいと思います。

本日も一日頑張りましょう!

以下、和光市長の松本さんのFacebookへの投稿記事です。

今回の台風15号がもたらした被害の実相を共有させていただきたく存じます。

posted by 久野晋作 at 09:19| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

台風15号に関する我孫子市の被害状況(9/9 第一報)について

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

一昨日夜半に首都圏を直撃し猛威を奮った台風15号により被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

我孫子市議会は先週月曜日に開会し、昨日から三日間の一般質問の日程に入りました。

本会議開会前に議会運営委員会で報告された「令和元年9月8日、9日 台風15号に関する報告(第一報)」は下記の通り(画像データ)です。
780C64DF-71AF-4CF5-B9CC-429580C0F99F.jpg

5B95A69F-7D3D-4EF0-9668-722CFEFB5792.jpg

第一報ですので、倒木等を含めて被害状況については調査中ですが、甚大な被害に至っていないことを心から願います。


災害時への心構えと実際の行動が防災・減災の肝
今回、我孫子で人的被害が一件報告されていますが、風雨の中外出され飛来物に当たられたとの報告を受けています。

自然の猛威には驚きを禁じ得ないものがありますが、暴風時には、外には出ないこと。予め、飛散を防止するため出来るだけ屋外にものを置かないようにすること。など、防止策を取ることで甚大な被害を防ぐ一定の手立てがあります。

今後も台風が続く季節です。

十分留意して参りましょう。


posted by 久野晋作 at 08:24| 千葉 🌁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

学校施設および公共施設のブロック塀等の点検結果と対応について(続報)

6月29日付のブログにて、学校施設のブロック塀等に関する確認状況について(6月27日時点)私の把握している範囲の情報を報告させていただきました。

この結果を受けて、7月6日付で詳細な対応報告が必要だと考え、下記のとおり点検状況の詳細、および同対応について(資料)請求していました。

公共施設等におけるブロック塀の点検状況について(請求)

7月13日に市の対応状況について照会しましたが、同日付にて市のホームページに「点検結果と対策」について、市HPにて報告されましたので、取り急ぎご報告いたします。

建築基準法・不適合箇所を含めて要撤去・要改修箇所が多数に上るため、一度機に対応することは出来ませんが、夏休みの期間を上手に使い安全安心の確保に努めていく形となります。

小・中学校、公共施設のブロック塀等の点検結果と対応:我孫子市公式ウェブサイト



改善を要するブロック塀等の一覧(我孫子市)

<点検概要>
○15の学校で65か所の改善を要する個所(建築基準法に適合していない、老朽化等)を確認。
○小規模な公園施設については現在調査中のため点検が終わり次第、報告。

<点検結果と対策>
○小・中学校19校のうち15校65か所で、小・中学校を除く公共施設215施設のうち4施設10か所で、建築基準法に適合していないものや、経年劣化による老朽化等により改善を要する個所が確認。
○要改善が必要なブロック塀等については、即時対応が可能なものから順次行っており、8月末を目途に対応する。

<小・中学校ブロック塀等への対応>
○小・中学校の改善が必要なブロック塀については、原則撤去。現在、工事着手できる学校から対応を実施。
○プール施設は、終業式からプール開放日までの期間に改善できる個所を実施。
○撤去する構造物には、卒業記念制作等も含まれているが、児童生徒の安全確保を優先する。
○撤去工事につきましては、夏休み中に全て完了する予定。

*児童生徒には、当該個所へ近づかないよう注意喚起を行うとともに、通学路上においても地震の際には高い塀等から離れるよう指導している。


posted by 久野晋作 at 09:46| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ふるさと納税と西日本豪雨被災地支援

西日本各地を襲った「西日本豪雨」は甚大な被害をもたらしています。未だ被害の全容が掴みきれない状況ですが、お亡くなりになられた皆様にお悔やみ申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

想定を遥かに超える、自然の猛威に驚きと恐怖を禁じ得ませんが、重ねて発されていた警報を如何に真摯に受け止め、取りうべき最大限の対応をどこまで出来ていたのか?様々な観点で検証が必要であり、ところ違えども、今回の災害は我が事として考えなければならない事案であったと感じる次第です。

さて、そのような中において、Twitterのタイムラインの中で“一つのニュース(取り組み)”が目に留まりました。





ふるさと納税制度が施行されて年月が経ちますが、本制度の本旨(制度の理念)から大きく外れ、未だに「倫理なき自治体間の過当競争(「お金さえ入ってくれば何でもいい」というなり振り構わぬ一部自治体の返礼品攻勢)」や「それらの返礼品目当て又は節税対策の制度利用」に陥る中、被災地支援の一環として、こうした視点で活用されることに正気と心意気を感じます。

ふるさと納税の理念
ふるさと納税で日本を元気に!
地方で生まれ育ち都会に出てきた方には、
誰でもふるさとへ恩返ししたい想いがあるのではないでしょうか。
育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれた、ふるさとへ。
都会で暮らすようになり、仕事に就き、納税し始めると、
住んでいる自治体に納税することになります。
税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。
そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。
総務省 ふるさと納税ポータルサイト


首都圏に位置する我孫子市も、ふるさと納税制度によって「支出過多」に苦しめられており、苦虫を噛み潰す思いですが、境町さんの「代理窓口および事務手続きによる支援」の取り組みを知り、そして、多くの寄付者が賛同されていることに、“掃き溜めの中に鶴”を見たような思いです✨

自分さえ良ければそれでいい

ではなく

困った時はお互い様

である世の中にして行きたいですね。
posted by 久野晋作 at 22:02| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

学校施設のブロック塀等に関する確認状況について(6月27日時点)

大阪北部地区を中心とする地震から10日が経過しました。被災された皆様にお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

<学校施設のブロック塀等に関する確認状況について(6月27日時点)>
高槻市内の小学校でブロック塀の倒壊により児童が亡くなられたことは本当に痛ましい限りでしたが、27日に開催された「我孫子市 定例教育委員会」の冒頭の事務報告において、発災の翌日から行われた市内小中学校におけるブロック塀等の設置・点検状況および対応方針の報告がありました。


「2.2メートルを超える違法建築に該当するブロック塀は見当たらない」とのことでしたが、
○耐震強度や設置状況等の仔細については現在取りまとめ中であること。
○危険と認識されるブロック塀については、撤去・一部カットする考えであること。
○急迫危険な状況にあるブロック塀は見当たらないことから、当該工事については夏休み期間中における対応を予定しており、現在、業者さんと対応について調整中であること。
○工事対応が、夏休みのプール開放に当たる場合、工事を優先するため、プール利用については市民の理解を求めて行くこと(HP等にて案内を予定)。
などが報告されました。


<通学路等におけるブロック塀について>
学校施設のみならず、危険と思われるブロック塀等は少なくありません。ブロック塀のみならず、大谷石を積み上げた立派な塀を設置されている方も少なくなく、崩れて来たら大人でもどうにもなりません。公共施設については、市の責任において(改めて)対応が図られているところですが、「それ以外のもの」については、私有財産であることから、市の権限で除却・補強等の対応をすることは難しいのが正直なところです。

先に行われた6月議会・環境都市常任委員会の所管事項の審査において、内田議員からブロック塀等の耐震問題について質疑をしていただきましたが、「(私有物のため)改善対応を依頼するに留めざるを得ない」旨の答弁に止まりました。

行政領域を超える私有財産の管理については、あくまで所有者の責任により対応していただかざるを得ないものの、他の自治体において実施しているように、政策的な誘導(改修費用についての補助対応などによる「動機付け」)も検討する必要があると感じるところです。

ちなみに、無機質なブロック塀を生垣に改修すると、単に耐震補強等に止まらず、良好な住宅環境の整備にも繋がります🌿

参考:佐倉市「危険コンクリートブロック塀の除去・生垣転換への助成
参考:安曇野市「生垣設置・ブロック塀撤去費用の補助をします。(安曇野市緑のまちづくり事業)」


▼今できることは、すぐにやる(善は急げ!)

鉄は熱いうちに打てと言いますが、危機意識のある今だからこそ、行政(市当局・教育委員長・各学校・各PTA等)から市民に対して「出来うる限りのことを投げかけるべき」と考えます。

ブロック塀の倒壊による人的被害、また狭い路地などにおける復旧活動等に関する障害になることついては、今に始まったことではありませんが、「のど元過ぎると忘れられてしまう」典型的な事例と言えます。

下記は、国交相が提示している<ブロック塀の点検のチェックポイント>です。

ブロック塀 点検チェックリスト(国交省).png

ブロック塀 点検チェックリスト.pdf

「あんしんなブロック塀をめざして」
社団法人 日本建築学会 材料施工委員会 組積工事運営委員会 ブロック塀システム研究小委員会



▼所有者責任、管理者責任(民事責任、刑事責任)

自己が所有する土地工作物(設置物)等により、他に損害を与えれば、法的責任が生じる可能性があります。民事上の責任においては、損害賠償を求められる可能性があり、刑事上の責任においては、過失致傷罪・過失致死罪等が問われる可能性があります。

補修・改修は、厄介で面倒なことであり、改修費用も生じることから二の足を踏んでしまうことも理解できますが、地震大国である日本において、いつ何時、こうした事態が身に降りかかるか分かりません。もちろん、人的な被害をもたらしてしまえば、取り返しがつかない事態になります。

思い立ったが吉日です。

可及的速やかに、対応を図っていきましょう!




posted by 久野晋作 at 18:30| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

避難所運営訓練@新木小学校

やってみないと分からないこと
やってみてはじめて分かること

やってみて何が足りていないか?
やってみて何が大切なことなのか?

そのことが明確に分かる。
3AC71076-D4C2-4B40-840C-9AFA285DA333.heic

新木地区を対象として、平成25年度に策定された「避難所運営マニュアル」に基づいて、初めて新木小学校で行われた避難所運営訓練

各自治会・地区から100名超の住民が参加しました。
B08FFAEA-9A60-49F4-AAF7-933B4C83F361.heic

現実の発災時には、情報か錯綜し、大混乱の中での設営になる。
けれども、この訓練はいざという時に必ず生きてくる。

そう感じました。

1D330608-E214-421D-A5F5-A23C76FEA36C.heic

目の前に迫っているかもしれない大規模災害。

その備えの大前提は「自助」と「共助」。

この事を確認するだけでも大きいと思います。

★Special thanks to…★
休み返上で、訓練に携わってくださった我孫子市市民安全課の皆さん、我孫子市婦人防火クラブの皆さん、我孫子市水道橋局の皆さん、そして、先々週に引き続きAED訓練をご指導くださった我孫子市東消防署の皆さんに心から感謝申し上げます。

959C36FD-279A-4F72-B970-1ECF74BDFB88.heic

posted by 久野晋作 at 18:32| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

小学校校庭に参集して防災訓練

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日午前は、地元2自治会合同の防災訓練日。天候に恵まれた中、先ずは最寄りの公園に地区(組→班)ごとに参集。その後、初めての試みとなりましたが、広域避難場所に指定されている新木小学校の校庭に参集しての防災訓練を実施しました。
7A7BA880-F03B-4BB1-B6A9-44BB17529F4B.heic

実際問題として、避難と参集(移動)にどれだけ時間がかかるのか?

この事を確認するために、車椅子も使って避難しました👍

予定されていた訓練とはいえ、この事を知っているか否かは大きな違いです。

参集後は、我孫子市東消防署のご指導をいただき通報訓練→消化訓練→心肺蘇生訓練(AED訓練)→三角巾を使用しての各種対応、車椅子を使っての体験訓練を実施。
123BCD4C-AD4E-4AB1-9C24-32DF011375D3.heic

災害時にものを言うのは第一に自助(各種の備え)、次に共助力、そして地域力💪

毎年…とはいえ、一年も経てば忘れる事も多く、決して無駄ではない訓練です。また、地域との繋がりを意識する亦とない機会でもあります。向こう三軒両隣。困った時はお互い様、お世話様

こうした訓練を通じて、お互いの元気な顔を確認することも大切な「結」のひとつですね😊
posted by 久野晋作 at 21:45| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

台風21号に関する報告(我孫子市)

我孫子市における、台風21号に関する報告です。本市においては、倒木以外、大きな被害は出ませんでした。選挙事務と合わせて対応に当たって下さった職員の皆さんに心より感謝する次第です。

7205A7E1-C07E-4215-93CE-244556F5DB02.jpg50D752C3-64D5-49BB-9388-2D013DD0445A.jpg

なお、全国各地で甚大な被害が報告されています。被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
posted by 久野晋作 at 14:16| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

転ばぬ先の知恵と情報 自助→共助→公助 天は自ら助くる者を助く。す

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日は、10万人以上の無辜の民が米軍機の焼夷弾により命を奪われた東京大空襲から72年目。

そして、本日は、東日本大震災から6年目に当たります。

下記は、我孫子市公式Facebookの投稿記事です。

とても大切な情報が記載されています。

転ばぬ先の知恵と情報。

ぜひご確認・ご活用・ご登録ください👍


【東日本大震災から6年】
平成23年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」。
我孫子市では、幸い重傷以上の人的被害はなかったものの、激しい揺れや地盤の液状化により、家屋やライフライン、公共施設などに大きな被害を受けました。
特に布佐東部地区では大規模な液状化が発生し、110棟の住家が全壊する被害となりました。
あれから6年。復旧・復興の事業は概ね完了、昨年3月「ふさ復興会館」がオープンし、布佐東部地区復興対策室も現地事務所を閉じました。
6年目の今日、我孫子市主催の震災関連イベントはありませんが、誰もが出来るのは「あの日を忘れない」こと。

災害は起こる時間を選らべません。
春から新しい生活が始まる方も多いと思います。家族の連絡方法は決まっていますか?もう一度、確認してみましょう!

災害が起こった場合、我孫子市では以下の手段のうち、有効な方法で市民のみなさんにお知らせします。こちらも再度ご確認ください。

■防災行政無線
無線通信により市内78カ所に設置してある「屋外拡声子局」の拡声器で放送します。
聞こえにくい場合は、フリーダイヤル 電話:0120-031-676、またはメール配信をご利用ください。

■Web
・我孫子市公式ホームページTOP「緊急情報」
→緊急時には緊急用TOPに切り替え

・サーバダウンの場合、Yahoo Japanでキャッシュサイト&災害情報ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/abiko_city_chiba

■Eメール
・緊急速報メール
「災害・避難情報」などを、我孫子市エリアにいる方に同報配信します。
設定や対象が携帯電話会社、機種によって異なりますのでご確認ください。

・我孫子市メール配信サービス
 防災無線で放送している内容をメール配信します。

■SNS
・ツイッター:我孫子市役所 @Abiko_city
 緊急時にはTwitterアラートでつぶやきます。アラート登録をお願いします。

・フェイスブックページ:我孫子市役所 @abk.kouhou
 基本的にツイッターを同じ内容をお知らせします。

■Yahoo防災情報アプリ
「災害が発生するおそれがある」または「災害が発生した」場合に、避難情報や避難所開設情報などの防災情報を配信します。

【黙とうのお願い】
東日本大震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、本日午後2時46分に1分間の黙とうを捧げられますよう、お願いします。

※写真は根戸新田の菜の花畑。6年前の今日も同じように見頃を迎えていました。
6B06BAA5-6188-4F93-B687-BBE8F7ABE8A0.jpg

posted by 久野晋作 at 16:30| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

備えあれば憂い少なし…大和自治会防災フェスタに参加

【防災フェスタin大和団地】

今朝は湖北地区中峠の大和自治会さんのお招きをいただき、大和自治会防災訓練/大和フェスタに参加させていただきました


忘れた頃に…ではなく、次から次へとやってくる災害。災害対策の基本は自助(備えること)ですが、いざという時に頼りになるのは、向こう三軒両隣であり、地域との繋がり。その意味でも、顔の見える関係が構築されているかどうかは大きな差になります。


大和フェスタと合わせることで、地域内の懇親を深める趣向が凝らされており、とても参考になりました


岩井会長をはじめとして、自治会役員の皆さん、ご案内下さり、ありがとうございました🙋




posted by 久野晋作 at 11:22| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

熊本地震に対する我孫子市の支援状況について

熊本地震に際し、全国各地で支援の輪が広がっています。
昨日時点における我孫子市の支援状況については以下のとおりです(我孫子市HPより)。

支援は長期戦に成る事が予想されますが、派遣される職員の方の安全とご活躍を心から願っています。

また、余震が未だに収まらない異例の状況となっていますが、一日でも早く平穏が訪れること、そして、安心して生活できる日常に戻れることを心から祈っています。

▼被災地支援のため職員を派遣【第1次】(4月21日現在)
国土交通省から千葉県を通して職員の派遣要請がありました。
我孫子市では、派遣要請を受け熊本県に職員を派遣します。

・派遣職員 1名 建築技師
・派遣期間 平成28年4月25日から4月29日まで
・業務 被災建築物にかかる応急危険度の判定

今後、第2次の派遣要請があった場合も、職員を派遣する予定です。
お問い合わせ:建築住宅課 電話:04-7185-1111 内線583

▼救援物資・義援金について(4月20日現在)
我孫子市は、福岡県嘉麻かま市社会福祉協議会からの支援要請を受けて、4月20日に救援物資を送りました。救援物資は、福岡県嘉麻かま市社会福祉協議会から熊本県山鹿やまが市社会福祉協議会を通じて、避難所へ届けられます。

○救援物資
・防災ラーメン 2000食
・スティック粉ミルク 3000本
「水」については、輸送手段が確保でき次第、被災地へ送る予定です。
※救援物資の受付は行っておりません。

○義援金の受付
市では、市内公共施設に募金箱を設置し、我孫子市社会福祉協議会・各地区社会福祉協議会・西部福祉センターでは義援金の受付と募金箱を設置しています。
熊本地震災害義援金の受付はこちら
お問い合わせ 市民安全課 電話:04-7185-1111 内線217


posted by 久野晋作 at 10:38| 千葉 🌁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

我孫子市における熊本地震災害義援金の募集について

この度の熊本地震により、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。本市も5年前の震災により、被災地となりましたが、この度の被災地域の、1日も早い平穏ならびに復興を心から祈念する次第です。

千葉県共同募金会我孫子市支会(我孫子市社会福祉協議会)では、以下のとおり「義援金」の募集を行っています(我孫子市HPより抜粋転記)。

▼受付期間:平成28年6月28日(火曜日)まで

▼募金箱設置場所
我孫子市社会福祉協議会
市内各地区社会福祉協議会(我孫子北・我孫子南・天王台・湖北・湖北台・布佐)
西部福祉センター
※福祉ショップ&軽喫茶ぽぽら(けやきプラザ1階)でも募金箱を設置しています。


下記は、同じ志の下、共に学び、共に活動している九州方面の林英臣政経塾の仲間の行動です。
北は青森県弘前市、南は沖縄県那覇市まで同じ学びを得た仲間が活動しています。

posted by 久野晋作 at 12:27| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

【放射性廃棄物等撤去請求事件】本日、本件訴訟を取り下げました

一時保管施設の指定廃棄物は、3月24日の柏市の搬出ですべての持ち帰りが終了したことにより、平成26年1月7日に提訴し、裁判で求めてきた「指定廃棄物等の撤去」は、原告が求めた結果となり、実質的に私たち原告の勝利となりました。

その後、判決を求めて裁判を継続するか、実質勝利を宣言して終了とするかについて原告団および弁護団と数次の会議を重ねた結果、
本日開廷された第7回口頭弁論に於いて、原告は本件訴訟の取下げ書を提出致しました。
EB4E1800-84C7-4DED-B1E7-BE01750DF5F8.jpg

取下げ書の内容につきましては、下記のとおりです。

なお、当該弁論に於いて、千葉県が取下げに対する同意を留保しましたので、次回の期日は追って指定される事となりました。

口頭弁論終了後、弁護団に記者会見の場を設定していただき、弁護団、原告団代表、原告団事務局長から報告および意見を述べた後、私も下記の点について一言させて頂きました。
●千葉県は最終最後まで不誠実な対応に終始したこと。
●搬出の情報、施設の撤去工事の入札および落札の結果報告等は一切なかったこと。
(千葉県のHPのトップページに於いても、それらの情報が報告される事は無かった)
●こうした数々の不誠実な姿勢は、主権者として正して行く必要が有ること。

なお、一時保管の為に少なくない費用を投じて設置したテント倉庫の撤去は、約束を反故にされた形で未だに設置されたままであり、かつ、柏・松戸・流山3市から強行搬入された指定廃棄物の他にも、終末処理場内で発生した脱水汚泥の焼却灰(平成25年9月末時点で約1,800d…指定廃棄物約550d含む)が未だに施設やテント内に保管されています

しかし、これらのことについて、ホームページ上においても十分な情報公開がなく、千葉県には説明責任を果たす姿勢は全く垣間見えない状態のままで何一つ進展がありません。

平成23年の東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故由来の指定廃棄物問題。
あれから丸4年経ちましたが、未だに解決の目途すら立ちません。

我々は、足掛け5年この問題と向き合うこととなりましたが、ご案内のように、千葉県の指定廃棄物の保管施設(処分場)の候補地として千葉市内の東京電力千葉火力発電所敷地内が選定され、本日、環境副大臣が千葉市長および千葉県知事の元に説明に出向きましたが、相も変わらぬ唐突な候補地選定の通知に呆れるばかりです。

率直に申し上げて、当事者に成らぬ限り、この問題の根深さは理解できないでしょう。

「一体、何を騒いでいるんだ?」と感じておられる方が殆どだと思いますが、千葉市民(特に近隣地域)の方の驚きや憤りは想像に難くありません。選定に至る理由と保管に関する安全性の担保等について、丁寧に説明をし、真に理解を得る努力を果たさぬ限り、住民の反発は避けられないと思います。

近隣自治体から指定廃棄物を強行に搬入された時の悔しさは一生忘れられません。

指定廃棄物を保管して貰うことになる側(当該自治体および市民)は、第三者的に立振る舞うのではなく、誠意を持って対応して欲しいと切に願う次第です。


取 下 書


平成27年4月24日

千葉地方裁判所松戸支部 民事部合議A係 御中

 被告千葉県は、原告ら周辺住民の安全と安心を軽視し、住民合意形成の努力を怠り、住民の反対を抑圧して、平成24年12月21日から平成27年3月24日まで2年3カ月にわたってテント倉庫に放射性廃棄物等を保管した。これを期限内に撤去はしたものの、被告千葉県は、住民による現地確認を頑なに拒んでいる。また、被告千葉県は、平成27年3月末までの原状回復を住民説明会で約束していたのに、この約束を反故にして、いまだにテント倉庫を撤去していない。
 原告ら住民は、このような被告千葉県の行政を厳しく批判する。そのため今後も住民運動を継続する所存である。
 ただ、本件訴訟は、放射性廃棄物等の撤去を求める訴訟であるから、この撤去を被告千葉県が自主的に完了したことで、その目的を100%達成した。
 よって、原告らは、本件訴訟を本日取り下げる。

以上
posted by 久野晋作 at 23:54| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

住民の安全安心を預かる千葉県には、誠実な対応を求めたい … 2015/3/24 一時保管施設からの全指定廃棄物が搬出

本日、柏市の指定廃棄物が一時保管施設から搬出され、手賀沼下水処理場内に持ち込まれた全ての指定廃棄物が搬出されました。しかし、長期間保管していた施設内の放射線量等の安全性が確認および開示されておらず、千葉県は主体的に開示する考えはありません。

また一時保管施設自体は未だに残っており、平成24(2012年)/6/9に千葉県が我孫子東高校にて行った(唯一、一般公開された)住民説明会における「平成26年度末迄に現形復旧する」との約束を履行して居ません。

地域住民に対する誠実な対応を求める次第です。


千葉県が【26年度末までに原形復旧】するとした説明資料(平成24年6月9日)は、下記にアップしています。
https://shinsaku.up.seesaa.net/image/2012E5B9B46E69C889E697A5E8B387E69699EFBC93.pdf
おざなりの不誠実極まりない対応は、断じて許されるものではありません。

非は非として認めた上で、誠実な対応を示さなければ、信頼関係は醸成出来ません。

posted by 久野晋作 at 12:56| 千葉 | ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

【放射性廃棄物等撤去請求事件】第6回口頭弁論の速報および千葉県の姿勢について

昨日行われました、第6回口頭弁論のご報告をさせていただきます。

▼第6回口頭弁論速報
 日時:平成27年2月20日(金)10:00〜10:20
 場所:千葉地裁松戸支部101号法廷

○原告から求釈明

○被告(千葉県)から回答
 ・指定廃棄物の搬出について
   松戸市:1/14完了。
   流山市:2月中に完了予定。
   柏 市:3月中に完了予定(下記に記載のとおり)

 ・現状回復について
   …3/20までに書面で回答。
   …現地確認については回答するかどうか検討中。

 ・撤去完了について
   …書面や写真を4/10までに提出とのこと。

次回期日:平成4月24日(金)13:30〜 千葉地裁松戸支部101号法廷


▼最大搬入市の柏市の搬出計画が発表されました(2/20)
  ※北部クリーンセンターへの持ち帰り分の発表がされました(2/20)。

柏市が指定廃棄物の搬出計画(北部クリーンセンターへの持ち帰り)を発表しました。
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/080100/p021274.html

【南部クリーンセンター持ち帰り分】…(1/19発表分)
・1月26日(月曜日)から原則、毎週月・水・金曜日の週3日
・各日1回、10トンの貨物自動車1台での搬出を予定
・一時保管場所から午前11時頃出発予定

【南部クリーンセンター持ち帰り分】…(2/20発表分)
・平成27年1月26日(月曜日)から2月27日(金曜日)まで(予定)
・原則、毎週月曜日・水曜日・金曜日の週3日
・各日1回、10トンの貨物自動車1台での搬出を予定
・県一時保管場所から午前10時30分頃出発予定

【北部クリーンセンター持ち帰り分】…(2/20発表分)
・平成27年3月5日(木曜日)から3月24日(火曜日)まで(予定)
・原則、毎週月曜日から金曜日までの週5日
・各日午前・午後の2回、10トンの貨物自動車1台での搬出を予定


▼千葉県には誠実に対処願いたい。
訴訟の本丸である「放射性廃棄物(指定廃棄物)」の撤去については、最大搬入市である柏市が、懸案であった北部クリーンセンターへの持ち帰りの計画を発表したことから、やっと目鼻がついた感が有ります。しかし、地元住民に説明(約束)していた平成27年3月末までの保管施設(テント倉庫)の解体撤去について、口頭弁論の場での明言を避けました。

信義に悖る行為を続けて来た千葉県が、住民に対する約束を、引き続き反故にするのか否かが問われています。このような不誠実極まりない対応を当たり前に行い、それを看過するようなことがあっては絶対になりません。

なお、3市から強行搬入された指定廃棄物の他にも、終末処理場内で発生した脱水汚泥の焼却灰(平成25年9月末時点で約1,800d…指定廃棄物約550d含む)が施設やテント内に保管されていますが、ホームページ上においても十分な情報公開がなく、説明責任を果たす姿勢は全く垣間見えない状態です。

大した問題ではないか?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、布佐地区の地元の住民の皆さんは、真っ白なかまぼこ型のテント倉庫を、どのような想いで毎日眺めているか想像してみていただければ幸いです。

自宅近くに、十分な説明および地元住民の納得も無いままでこのような施設が唐突に建てられたら、どのような心持ちになるのか?を。

たとえ内容物が空になったとしても、日々テント倉庫を眺めて気分が良い筈がありません。
想像に難くないことです。

千葉県は、保管施設の撤去費用を既に予算計上(県議会で議決済み)しています。

内容物の搬出(撤去)に伴い、速やかに施設自体を完全撤去すべきです。

引き続き千葉県の対応を注視し、我孫子市を含め訴訟外の働きかけ等を行う必要があります。


足掛け3年以上の戦いとなっていますが、どうでも良いと割り切る心持ちには私はなれません。

私はこうした「不条理」は絶対に許せないのです。

【世の不条理に対する怒り】こそ、私が政治の道に志を立てた原点だからです。

仕事や諸活動の関係で、全面的に当該活動に参加できないこともありますが、関与できる範囲で最期まで見届けたいと考えています。

引き続きのご理解とご協力をいただければ幸いです。





posted by 久野晋作 at 13:25| 千葉 🌁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

【ならぬものはならぬ】焼却灰の完全撤去を求めて、第五回口頭弁論に臨む。

千葉地裁松戸支部における高濃度放射性物質を含む焼却灰の撤去請求事件に関する第五回口頭弁論が終わりました。最大搬入市である柏市の搬出計画は未だ不明ですが、今回の法廷において、原告・千葉県が来年3月末までの撤去を初めて言明しました。

指定焼却灰をフレキシブルコンテナに詰めた保管方法に関し、安全性が担保されていない事を証明すべく、実証実験を行った映像を甲号証として提出。法廷で上映致しました。

法廷(口頭弁論)自体、本当にあっさりとしたもので、あっという間に審理は進んでしまうのですが、ここまで調停を含めてあしかけ3年以上に渡って、闘っています。手賀沼終末処理場に強引に焼却灰が搬入されてから間も無く丸2年。ここまで本当に長い戦いでしたが、現在進行形で広域近隣住民連合会の活動は未だ続きます。

当ブログでもお伝えして来ましたが、手賀沼終末処理場には、柏市・流山市・松戸市の3市から搬入された指定廃棄物・約526dの他にも、流域7自治体の汚水を処理している終末処理場内で発生した【脱水汚泥の焼却灰】(平成25年9月末で)約1,800d(指定廃棄物・約550d含む)が施設やテント内に保管されています。つまり、この施設の区域内には、合計約1,076dの指定廃棄物が、行き場の定まらぬまま保管されて来たのです。

たとえ今回の裁判が終わっても、下水汚泥焼却灰550dはそのまま施設内に残ります。
つまり、大きな課題は積み残しのままということです。

千葉県がどのように対応するのか?

確りと見極め、何もしないのであれば、突き上げて行く所存です。

(※ご参考:「提訴に至る経緯」広域近隣住民連合会HPより)



posted by 久野晋作 at 23:59| 千葉 ☀| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする