2020年03月18日

令和2年第一回定例会が閉会しました。

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日の審査日程をもって、令和2年第一回定例会の全日程が終了しました。

執行部からの提出議案、議会発議案の全てが可決されました。

下記に昨年投稿したブログ記事を転載させていただきましたが、
採決にあたっては「賛成」か「反対」かの二択しかありません。
私は、全ての議案について「結果的に賛成」しましたが、最後まで悩んだものも少なくなく、悶々とする気持ちを抱えて採決に臨みました。

97AADCF6-DFAC-420B-B99F-C24636F7E28E.jpg

*明日、採決結果一覧が公開されますので、改めてご報告させていただきます。


*****
今回の議会は、昨年11月の改選後初めて行われた予算議会でしたが、12月議会からの継続審査案件の他にも、大きな論点となる(予算案も含めた)議案・事業が大小含めて様々ありました。

そのすべてに共通する課題(肝)としては、
「民意をどこまで真摯に受け止め、反映しているものなのか?」であり、具体的な手法として「どこまで真摯に取り組んで来たのか?(完璧完全はなくとも、精緻な議案や予算として上程されて居るか?審査に付されて居るか?)」である
と考えています。

さらに言えば、
市の組織は元よりとして、市の各種事業も、まちづくりも
「ヒト」が全ての根幹(根元・根源)である
ということです。

当たり前のことといえば、それまでですが、
人づくりを疎かにすると、その「ヒト」によって形づくられて居る政策・事業・計画は、音を立てて崩れる危険性を多分に秘めている
ことを、改めて痛感した議会(定例会)でした。

まったく瑕疵(落ち度)のない完全無欠の政策・事業・計画を求めることは酷なことではあり、現実的に不可能なことだと思います。

しかしながら、市の事業は、税金や次世代も含めた「後年度の負担(市債等の借金)」を財源として行われるものですから、落ち度のないモノにすることは当たり前のことです。
根幹である「ヒト」が確りして居なければ、
それ相応の組織・事業・まちづくりとなる。


だからこそ、二元代表制度の一翼を担っている、
議会という合議制の機関の責務は非常に重い。

これらのことを痛感させられた議会でした。


まちづくりに「ゴール(終わり)」はありません。

であるからこそ、
どのような立場にあろうとも、
あくなき探究心と真摯な姿勢をもって、市政に携わって行かねばならない
と感じた次第です。

3554EA26-DB48-4851-B400-C9702ECB6300.png

🔴あなたの足元の議会を観る眼が、市議会を変える。
2019年12月11日・blog記事から転載〜

二元代表制である地方議会には、本来、(議院内閣制を採る)国会のような「与党・野党の別」はありません。

しかしながら、実態として何故か「それが」あるのです。

一般的に、有権者からもメディアからも、そう観られてもいます。

「あの人は市長与党ね」
「この人は市長野党ね」

〜ボヤキ〜
お願いだから、野党議員だとか勝手に峻別しないでください。

二つに分けると分かりやすいのでしょうが、そんなに単純じゃないんです。。。

1000を超える事業、400億近くにもなる事業規模、次から次へと新しい取り組みや課題と向き合って行くのです。(全く考えていない限り。全く政策研究をしていない限り…。)全てにYES!全てにNO!など、あり得るわけがないではないですか…😅


*****
市長の政策を支持することは全く否定しません。

でも、予算案も含めて、市長提案の議案の「ノールック・パス⚽️」は、あり得ません。

というより、絶対にあってはなりません。


もし、まちの意思決定機関である議会が、市長提案の議案を精査もせず右から左へと、可決・承認してしまうような「追認機関」であるならば、議会の意味は全くありません。

正確を期して言えば、市長と指示する議員や支持者にとっては、存在意義はあるでしょうが、そんなことが許されるはずがありません。


逆もまた然りながら、全ての議案に反対はあり得ません。

(おそらく)実際に、全ての議案に反対するような議員はいないと思います(居るのかな…)。


*****
そうした所も含めて、有権者の皆さんには、

足元の自治体議会の態様、自身が選び自治体の意思決定機関である議会に送り込んだ議員の一挙手一投足を注視して欲しいのです。


そんな私も、その対象者の一人です。

いうならば、まな板の上の鯉🐟


明日から、本会議場で行う一般質問が行われます。
今回の登壇者は正副議長を除いて、22名中11名となり、半数の議員が質問に立ちます。
【おことわり】(正)副議長は、申し合わせにより一般質問は行わないこととなっているため、副議長の任期中は、本会議場での質問は封印となります

🔵令和元年第4回定例会(12月議会)一般質問日程・要項
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/r1dai4kai12gatsu/r1-12ippanshitsumon.html


できれば、議会および市長以下執行部の生態系も確認できるので、直接傍聴にお越しいただけると嬉しい限りですが、ご自宅でも確認できるインターネット議会中継も行っていますので、ぜひ、ご注目ください。

🔴我孫子市議会 議会中継

https://00m.in/l3Gmz






posted by 久野晋作 at 23:58| 千葉 ☀| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

🔴危機管理は「先手準備」が肝

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日開会された我孫子市総務企画常任委員会の所管事項の審査では、「防災行政」について取り上げました。

防災対策(対応)について12月議会で行った質問(提案事項)にする確認(進捗管理)と、来る災害に備えての各種提案を行いました。
◯昨年の台風19号の対応にかかる「総括報告書」の見直し
→課題の明示化(列挙)

◯災害時等を踏まえたコミュニティーFMの整備の可能性
→聞こえない防災無線対策を含めて

◯災害時ポータルサイトの設置(表示)
→必要不可欠な情報に集約して表示
→災害時には、災害情報に表示を絞る工夫も必要

◯LINEアプリの活用(汎用性の高さを踏まえて)

◯地震計設置場所の再検討(→千葉県の管轄ゆえ協議事項)
→我孫子市の震度が近隣他市より低く表示されることの是正

◯コロナ対策に追われる中、発災した時の準備(想定)の必要性
→感染拡大を防ぐ対策と相反する避難所設置はどうする?

◯業務継続のため、新型コロナウィルスに罹患しないよう職員への徹底(配慮)を
📢昨日の総務企画常任委員会の録画中継(速報版)

議案審査は21分過ぎから始まります。29分過ぎから初回の質疑に立ち、総務企画委員会に負託された「受益者負託の見直しにかかる議案」をはじめとする議案および当該委員会の所管事項にかかる質疑を行いました。

https://smart.discussvision.net/smart/tenant/abiko/WebView/rd/speech.html?year=2020&council_id=42&schedule_id=1&playlist_id=0&speaker_id=0



*******
*おことわり*
*******

我孫子市議会では、市の新型コロナ対応・対策状況を考慮し、「質疑時間の短縮化を図るため、所管事項については各委員から一点のみとする」こととしました。


そこで、総務企画常任委員会の所管する事業のうち、市民の安全安心、緊急性の高い事業である「防災行政」を取り上げた次第です。


*******
日々のニュースは「コロナ関連の話題」で持ちきりとなっており、防疫・感染拡大対応に失敗し、深刻な事態に陥っている国もあります。

身体への影響はもとよりとして、経済に与える影響、オリンピック開催への影響…など、心配は尽きませんが、

一喜一憂するでもなく、必要以上に騒ぎ立てるでもなく。
我々一人一人が着実にできることとして、

🔴「手洗い、うがい、規則正しい生活」を徹底すること。

そして、昨日、新型コロナウイルス対策の専門家会議で報告された

🔴(1)換気の悪い密閉空間、(2)多くの人が密集、(3)近距離での会話や発声>の3つの条件が重なる場所・場面は可能な限り避けること。
が大切だと思います。

力を合わせ、心を重ね、この難局を凌いで行きましょう!

===============================

🔴危機管理は「先手準備」が肝

大阪府寝屋川市の【新型コロナウイルス感染症に対する寝屋川市の対応フェーズ】がとても分かりやすい😳
(→下記、Facebookページをご参照ください)

危機管理意識の高さが窺い知れる。

「起こってから」ではなく「事前に」。

あらかじめ、市の対応指針を明示しておくことで、無用な混乱を避け、市民の「理解・対策・対応・準備・調整」を促す。

「そこまで想定せんでも…」という考えもあるかもしれません。

しかしながら「最悪の事態を想定して備えることが危機管理の肝」であり、対応フェーズをあらかじめ明示化することは、とても大切な対応であり適切・的確だと感じた次第です。






95542821-EC21-467D-AA69-EA86A775AE00.jpg

posted by 久野晋作 at 14:11| 千葉 ☔| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

本会議・一般質問終了‼️ → 3月9日(月)から議案の審査へ

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日をもって、本会議における3日間の一般質問の日程が終了しました。

私は、副議長を拝命(我孫子市議会・歴代正副議長一覧)していることから、自ら質疑に立つことは出来ません(正確に言うと、「万が一」の際に、議長の代理を行う立場にあるため本会議場における質疑等には立ちません)が、会派を代表して行う以下の代表質問につきまして、原稿を書き上げ、会派の代表として質疑に立っていただいた内田議員に質問を託しました。

当日の内容につきましては、議会録画中継速報版にてご確認いただく事ができます(議会事務局の皆さんの迅速な対応に感謝申し上げます!)

議会録画中継速報版(令和2年第1回定例会 ー 03月05日 一般質問)

→会派代表質問は5:55:00過ぎから始まります。ぜひご覧ください!

以下、私が質疑の考案・作成を担当した質問要旨を転記します。

*当日の質疑の詳細(原稿)については、最終的に質疑者に一任しますので、若干ニュアンスが変わる点についてご容赦ください。

最近の行政対応において、「市民参加の手法」は図られては居るものの、その過程や中身において「粗雑」であったり、「横柄な対応」に感じることが少なくありません。現在行われて居る「市民参加や情報公開」は「形式的」とは言えないでしょうか?本気で、市民の声を真摯に聴き受け止める意識があるのか?もし、その意識があるのであれば、この間に行われてきたような行政対応にはならないと考えます。

現在、市が対応しているものの中から具体的に挙げると、

1.布佐市民センター・ステーションホールの廃止
2.公共施設等の更新問題(個別施設計画の策定における過程)
3.受益者負担の見直し

の大きく3点については特に、違和感を覚えた行政対応でした。

そこで、大綱1点目の質問では、基礎自治体としての基本に立ち返り、「丁寧な政策決定プロセス」を経て、市民との合意形成を図り、「主権者である市民が納得のいく行財政運営」となるよう本市の行政執行のあり方の是正を求め、当局を質(ただ)すものです。

質問の1点目は「基礎自治体としてのミッション」について です。

単刀直入にお聞きします。

🔴市は、「基礎自治体としてのミッション」、言い換えれば、「最前線の行政事業を執行する基礎自治体としての使命」をどのように認識していますか?
🔵その「基礎自治体としてのミッション」を、全うできていると考えていますか?
🔵「全う出来ている」と考えているのであれば、その根拠は何でしょうか?
🔵「全う出来ていない」と考えているのであれば、何が出来ていないのでしょうか?
🔵また、その課題は何か? そして、その理由は?どこにあると考えて居ますか?

以上、市長の見解をお聞かせください。

<再質問>
🔴「ミッション」を全うするために、市の制度(仕組み)として、どのような工夫をしていますか?
🔴「ミッション」を全うするために、具体的に何を心がけ、どのような行動をとっていますか?
🔴「ミッション」を全うするために、どのような幹部研修・職員研修を行い、日々の業務に向き合っていますか?


質問の2点目は、なぜ「市民参加や情報公開」が必要なのか?についてです。

我孫子市は、第三次基本計画を推進するために、第四編 第一章で「市民と市が協働ですすめるまちづくりの推進」をかがけ、「第一節:市民と市の情報共有の推進」の中で“情報公開の徹底”を、そして、「第二節:協働のしくみづくり」の中で“市民参加制度の充実”を明記しています。

令和時代のまちづくりにおいても、「市民参加と情報公開」は必要不可欠であり、益々その重要度が高まってくると考えますし、質の担保も大切です。

そこでお聞きします。

〇 なぜ、「市民参加や情報公開が必要なのか?」について、市の見解をお聞かせ下さい。
〇 現在、「当該制度の主旨」を全うできていると考えていますか?
〇 「全う出来ている」と考えているのであれば、その根拠は何でしょうか?
〇 「全う出来ていない」と考えているのであれば、何が出来ていないのか?その課題は何か?そして、その理由は?どこにあると考えて居ますか?

以上、お願いします。

<再質問> 「当該制度の主旨」を全うするために、
◯ 具体的に何を心がけ、どのような行動をとっていますか?
◯ また、どのような幹部研修・職員研修を行い、日々の業務に向き合っていますか?


<会派の考え方>
まちづくりの主役は市民であり、“市民と市が協働ですすめるまちづくり”を推進するにあたっては、市民の主体的・能動的な市民参加が必要不可欠である。市民参加のためには、行政が意思決定する以前において、市民がその情報を必要とするときにタイムリーに情報が公開されなければならない。このことは大前提であり、市民から信頼される行政である上で必要であることは元よりとして、協働のまちづくりを推進するために、できる限り「情報を共有すること」が大切である。「市民参加・情報公開・情報共有」が、確りと担保されていなければ、市民の理解・協力を得ることは困難であり、協働のまちづくりは推進できない。



質問の3点目は、公共施設等総合管理計画にかかる職員の共有認識についてです。

本市は本年市政施行50周年を迎えます。当時はまさに高度経済成長期であり、東京のベッドタウンとして宅地開発が進行し、人口も急増したことに伴って学校や道路などが次々と建設されましたが、これらの公共施設等の老朽化が進んでいることから、それらの機能維持・保全・大規模修繕・建て替えなどの費用は膨大なものになることが懸念されています。

国では、2013年(平成25年)11月に「インフラ長寿命化基本計画」を決定し、インフラの老朽化対策を進めています。2014年(平成26年)4月に公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するために、各地方公共団体は「公共施設等総合管理計画」策定の要請を受け、我孫子市は、平成28年6月に、本市の現状と課題に対応した基本的な方針を定め、今後の長期的かつ計画的な視点で、公共施設等の最適化を進めているところです。

当該計画の策定における「試算」で、現在の公共施設のすべてを更新することが不可能であることが明確になり、「公共施設等の統合により、縮減や廃止を検討し、更新費用の試算対象施設の総延床面積の18.5%が更新できない」と推計しました。

しかし、これはあくまで「統廃合」における目標値であって、【公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針】の「基本方針1:まちづくりと連動した公共施設の再編」では、「立地性」「統廃合」「複合化」「民間施設の活用」「広域化」の視点から検討していくことになっています。

そこでお聞きします。

〇 各施設の所管課は、「総量削減ありき」で、当該計画を認識してはいないでしょうか?
〇 より具体的に言うと、目標値である「延床面積の18.5%削減」が、ひとり歩き(≒削減ありき)してはいないでしょうか?
〇 公共施設等総合管理計画にかかる職員研修をどのように実施していますか?

以上、市の見解をお聞かせください。


<再質問>
🔴そもそも、公共施設等総合管理計画とは、何のために策定したものなのでしょうか?
🔴公共施設の「更新問題」と言われる所以についての見解をお聞かせください。


質問の4点目は、個別施設計画の策定における過程についてです。

公共施設の更新費用試算対象施設は、116施設253棟とし、学校、庁舎、集会施設などが主要な施設となっています。その延床面積の合計は約21.7万uであり、学校が全体の約63%と最大のボリュームゾーンとなっています。先日、「学校施設個別施設計画」が策定されましたが、当該計画の策定過程について質問します。

〇 「総床面積の削減ありき」、言い換えれば「結論ありき」で話を進めてはいなかったでしょうか?
〇 策定委員会は、発言がほとんどない不活発な委員会だったとはいえないでしょうか?
〇 一般市民の参加は学校関係者(PTA連絡協議会からの代表者2名)だけでした。
〇 市民参加率が極めて低い委員会でしたが、これで市民参加を図れたと言えるのでしょうか?

平成28年3月議会における我々の会派の代表質問に対して、「個別施設計画の策定の一環として適宜ワークショップなどの場を設け、合意形成を図ります」との部長答弁があリました。

〇 しかし、この間、ワークショップが開催された形跡はありません。
〇 地域住民や保護者等と合意形成が図られたこと(「場」)は一切ありませんでした。
〇 当時の答弁は一体何だったのでしょうか? なぜ答弁内容を履行しなかったのでしょうか?
〇 その理由について説明責任を果たしていただきたいと思います。
以上、答弁お願いします。

<再質問>
◯ 策定過程において、最も大切な「市民との合意形成」がないまま個別施設計画を策定してしまったことで、今後、個別施設の更新に当たって、市民や保護者等との合意形成は難しくなると考えますが、市はどのように考えているのでしょうか?
◯ 学校施設を考える上での「グラウンド・ビジョン」や「公共施設の地域ビジョン」もない中で、学校施設の更新だけを考えることに無理があるのではないでしょうか?


質問の5点目は、「受益者負担の見直しについて」です。

「受益者負担の見直し」にかかるパブリック・コメントが、繁忙を極める年末(12月末〜1月末)に行われました。他の案件と合わせて21本(確認した限りにおいて)もの件数を、年末の時期、そして同時にパブコメに付されたことは過去に記憶がありません。

〇 施設等の利用者(受益者?)は元よりとして、市民に対して使用料金の値上げの理由および内容について、「丁寧に意見聴取をする考え」があるのであれば、このような対応(パブリック・コメントに付す時期や件数)にはならないと考えますが、市の見解をお聞かせください。

そもそも、パブリック・コメントの案内方法にも丁寧さが欠けていたのではないか?と考えます。

◯ パブコメに付す時期・件数は元よりとして、「案内方法」「回収箱等」、各施設の「わかりやすい場所」に掲示(設置)されていたのでしょうか?(例:布佐行政サービスセンターでは、入り口のところに無造作に設置されていただけで、全く目立たない‼️)
◯ 広報あびこ、我孫子市website(非常にわかりにくい!)、各施設「以外」での案内(告知)は考えられないのでしょうか?…例えば、メール配信、Facebook、Twitterなど、現在市で運用している広報広聴の媒体・ツールを積極的に活用できないのでしょうか?
(第三次基本計画「広聴活動・広聴活動の充実p204」に明記されている‼️→不十分‼️)
◯ 折角のツールを活かしきれているとは言えないのでは?

〇 これだけ広範囲に影響を及ぼす案件だからこそ、「たくさんの意見をいただこう、伝えよう」という意識があったと、果たして言い切れるとお考えでしょうか?
〇 前回の「受益者負担の見直し」の際の議論は生かされているのでしょうか?
〇 前回の「受益者負担の見直し」の結果の検証はなされているのでしょうか?
(例:利用者状況の推移、各種団体の活動状況の変化など)
〇 今回の見直しによる「影響額」(歳入の増加額または減少)の試算はしていますか?

<再質問>
●パブリックコメント等で寄せられた意見を踏まえての市の見解は?


質問の5点目は、行政の長としての市長の見解についてです。

一連の丁寧さにかけた仕事の姿勢や対応を鑑みるに、「そもそも行政とは、誰のために何のためにあるのか?」についての認識が欠けていると言えないでしょうか?

行政が「結論ありき」の姿勢であれば、極端な話、市民参加も情報公開も議会も必要ありません。

〇 「あれか、これか」の厳しい事業選択が迫られる中で、最近、市民に対する正式な事前説明会もないまま施設の廃止についての検討を進めたり、施設の廃止等にあたって必須であるはずのパブリック・コメントを実施していなかったり、議会で問われるまで「計画の策定状況や、策定結果についての報告」すらなく…。当然ながら、市民の知るよしもない案件がありました(布佐STH)。
〇 一方的で市民不在の行政プロセスを押し通せば、行政に対する不信は当然ながら募ってしまいます。その逆に、丁寧な政策決定プロセスを経れば、たとえ自身の思い通りにならなかった場合でも、「これだけ丁寧に説明を受け、議論と検討を重ねた結果であれば仕方がない」という納得(≒行政への信頼)が得られると考えます。
〇 一連の手続き不備等について、「行政の長」である、言い換えれば、「我孫子市政の執行権限を持つ唯一の責任者」である星野市長の見解をお聞かせください。


地方自治とは、「市民の、市民による、市民のための政治行政の仕組みであり、営み」です。

地方自治の主人公は他でもない市民であって、行政でも、市長でもありません。

その主人公である市民の「意思、想い、そして声」が軽視されるような状態は直ちに是正して下さい。

市民の声を真摯に受け止め、「納得」のいく我孫子市政となることを強く要望し次の質問に移ります。

97AADCF6-DFAC-420B-B99F-C24636F7E28E.jpg

週明けから議案等が負託された3常任委員会、議会運営委員会、そして3日間の予算審査特別委員会の日程に移ります✍️
●令和2年第1回我孫子市議会定例会議案
●令和2年第1回定例会(3月議会)議案等委員会付託表
●令和2年第1回定例会(3月議会)請願・陳情一覧

昨日の質疑が4時に終了したため、質疑が出来ないでウズウズ…していた気分転換も兼ねて、手賀沼ハーフジョギング(10km)に臨みました🏃‍♂️💨

B005D8FD-470A-4FDA-94EA-3257848CD1B7.jpg
1時間弱程度で周回できるようになりましたが、陽が沈む時間帯の手賀沼は本当に穏やかでいいですね☺️
4C86D06E-CB70-471B-B5A0-8D601E84E0D2.jpg

昭和の前期まで地元の人たちは泳いでいた美しい手賀沼を取り戻し、子供たちに渡して行きたい✨

そう感じながらの手賀沼ハーフでした🏃‍♂️💨

***
週末の2日間は、議案の審査に向けて、議案書の読み込み、調査研究を行い、自身の所属する月曜日の総務企画常任委員会の審査に備えます。





2020年01月27日 のBlog記事
【新型肺炎】もう水際対策では済まない。


こんにちは。我孫子市議会議員の久野晋作です。

先週半ばから体調を崩しておりまして…難儀しています😷
(熱や咳が伴わないインフルエンザのような症状です😭)

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
お変わりがなければ幸いです。

疲れからかなぁ…と考えて自然治癒の方針で臨んでいたのですが、一向に改善の方向に至らないため【先週金曜日に診察】→【処方していただき養生】しています。完調までは、もう一息…二息という状況です。

ですが、自宅にいても発信はできる😤

ということで、日々の活動・行動・思索につきましては、FacebookやTwitterにて積極的に発信・投稿しています。

言いたいこと
言うべきこと
伝えるべきこと

誰に遠慮なく言う

自らの立場など二の次三の次。

このこと無くして、政治に携わる意味も資格もない。


私はそう考えています。

それが私の政治信条であると共に、人間としての矜持です。

この世に、徹頭徹尾、頭のテッペンから爪先に至るまで、同じ考えの人、同じ意見の人は皆無です。

よって、意見を先鋭化させればさせるほど、「意見の違い」「考え方の違い」が明確になり

(一般的に)支持は減ります。


「違いが分かるから」です。


でも、冷静に考えてみて下さい。

この世に徹頭徹尾、同じ意見の人は居ないのです。

政治の場に身を置く立場にいるものに、自身の考え(主体性)がないのは論外ですが、

その「自身の考えを開陳しないこと、口をつぐむこと」にも大いに問題があると私は考えます。

そうではないでしょうか?


ましてや嘘をつくなど、もっての外です。


当然のことのように聞こえるかもしれません。


でも、ぜひご自身の目で観て下さい。ご自身の耳で確認して下さい。

「政治家」を自認する人たちのSNS等ネット上での発信内容や、チラシ・ビラなどの発行物を。


「ラーメン食べました」
「駅に立ちました」
「◯◯に行きました」
「こんなイベントに参加しました」

行動日記・備忘録で終わっていないか?と。


自身の考え方について、一体どこまで言及しているか。を。


Facebookではメッセージと共に友達リクエストを。
Twitterにつきましては、お気軽にフォローしていただければ幸いです。

🔵Facebook
 https://www.facebook.com/shinsaku.kuno

🔵Twitter
 https://twitter.com/kunoshin


以下、Facebookに投稿した内容の一部を転載させていただきます。

*もし、文字化け等している場合は、直接リンク先をご覧いただければ幸いです























posted by 久野晋作 at 07:15| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

本会議での論戦(一般質問)はじまる…新型コロナウィルスへの対応、業務継続計画など

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

081372D5-5DAD-4693-AFD5-229FD2C8BD0D_1_201_a.jpeg我孫子市議会では、昨日(3月4日)から一般質問の日程に入っています。



時節柄、新型コロナウィルスにかかる質問を全ての会派が取り上げていますが、他にも、それぞれの視点からの質疑・提案がなされます。是非ともご注目いただきたくご案内申し上げます。

現在、全国の自治体議会においても議会が開会されており、新型コロナウィルスへの行政対応に関して、議会日程について短縮したり、中には取り止め…をしている議会もありますが、我孫子市議会では一般質問の日程は全て予定どおり実施します。

3月議会は、年度はじめの非常に重要な議会です。本会議は部長級以上の執行部出席に限定されており、実際に業務を担当している課長以下の職員の皆さんは自席で業務に当たっておられます。

なお、私は、副議長を拝命している関係で、副議長の任期中に起きましては、議長に事故等がある場合に備えて質疑には立ちません(議会における慣例であり、暗黙の了解によるものです)。質疑したいことは山ほどありますが、どうかご容赦のほどお願いいたします。

<おことわり🙇‍♂️>
今議会に関しましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、しばらくの間、本会議及び委員会の傍聴を極力御遠慮いただくことを議会運営委員会の協議において決定いたしました。本会議及び委員会の様子はインターネット映像配信(ライブ及び録画)でご覧いただくことができますので、議会中継(外部サイト)を是非ご活用ください。

~傍聴を希望される場合〜
🔵マスクを極力着用してください。
🔵傍聴席に入場の際は、石鹸またはアルコール消毒液による手洗いをお願いいたします。
【参考】新型コロナウイルス感染症関連情報


各会派の代表や各議員からの質疑に、そして、市長以下執行部の答弁に注視してゆきます。

421E450E-CA21-4DA9-8D17-4DFCC2DDCB48.jpg

posted by 久野晋作 at 02:26| 千葉 ☔| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

🔴約116億円の新焼却施設の整備運営工事(第一期工事)にかかる議案が可決されました

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日、臨時議会が開会され、「我孫子市新廃棄物処理施設整備運営事業建設工事(約116億円)」の請負契約の締結にかかる議案が全会一致で可決されました。当該事業については、このブログでも重ねてご報告して参りました(過去の関連投稿はこちらをご参照ください)が、臨時会につきまして事後の報告となり誠に恐縮です。

***
昭和48年(1973年)に利根川沿いに建設設置され、現在も稼働されている「クリーンセンター(廃棄物処理施設)」の老朽化に伴う、新クリーンセンター(新廃棄物処理施設)の整備&運営事業建設工事について、足掛け4年をかけて検討・協議が重ねられてきました。

3D0CD256-FF4E-4283-AF68-14B4957948A1.jpg

●新クリーンセンターの整備事業について(我孫子市web-site)
http://www.city.abiko.chiba.jp/kurashi/gomi_shigen/shinshisetsu_seibi/abksinrokeikaku.html

焼却施設の建設に際しては、当然ながら近隣住民のご理解が必要となります。本市においては、市長以下市の担当者の方が何度も現地に足を運び説明を重ねられ、現地で建て替えることを周辺住民の皆さんにご理解をいただくことができました。

目の前にクリーンセンターが建設されることを想像してみてください。

現在も日々稼働しているわけですが、このことは決して当たり前ではなく、本当にありがたいことです。

僭越ながら、このことは、市民の皆さんに広く知っていただき、良く考えていただきたいと思っています。

6F966F14-5FBF-443F-9EAC-A7CBC590DA3B.jpg

なお、今回の整備運営事業(建設工事)は、「炉心部」にかかる事業で、全二期工事の中の一期工事となります。

一期工事が終わると、二期工事として、リサイクルセンターの整備事業に入る予定となっています。

以上、簡単ですがご報告とさせていただきます。

*******
<会期日程>
2月12日(水曜日)午後1時開会
※会期は1日のみ

審査の負託先となった「環境都市常任委員会」の審査の模様は、後刻議会中継(録画)にてご確認いただけます。
↓ ↓ ↓
https://smart.discussvision.net/smart/tenant/abiko/WebView/rd/speech.html?year=2020&council_id=40&schedule_id=1&playlist_id=0&speaker_id=0

<提出議案>
🔵(議案第1号)工事請負契約の締結について
📷議案第1号(PDF:94KB)
🔵(議案第2号)令和元年度我孫子市一般会計補正予算(第5号)
📷議案第2号(PDF:277KB)


*議案第2号(補正予算)につきましては、現在稼働している炉が痛み、新たに改修費用が生じたため補正予算案が上程されたものです。

IMG_5326.jpg

IMG_5327.jpg

IMG_5328.jpg

IMG_5329.jpg

IMG_5330.jpg

IMG_5331.jpg


*添付の写真は、「議案資料」として配布されたものです。
posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

明日(2/1:土曜)、「議会報告会」を開催いたします。

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

明日、2月1日(土曜日)午後1時30分から3時30分まで、我孫子市議会・議場(市役所議会棟2階)におきまして、5回目となる我孫子市議会・議会報告会を開催いたします(「我孫子市議会議会基本条例」に基づき実施)。

*受付は午後1時からとなります(事前申込みは不要です)。

昨日、議会運営委員会において当日の進行等を協議・確認し、市議会議員全員で明日の報告会に臨みます。詳細につきましては以下のとおりです。

********
✅報告会の内容
🔵令和元年第4回定例会(12月議会)各委員会の報告

 負託された議案の審議経過及び結果
 および
 各委員会の所管事項に係る主な審査内容について
 ◯総務企画…台風15号・19号及び10月25日の大雨の対応
 ◯教育福祉…子ども医療費の助成、幼児教育・保育の無償化
 ◯環境都市…新クリーンセンター整備事業)

🔵質疑応答
********
✅当日の資料
📷議会報告会次第(PDF:14KB)
📷議会報告会資料(PDF:2,078KB)


開催前日のご案内となり誠に恐縮ですが、前日報告会の詳細が固まりましたので、改めてご案内させていただいた次第です。

私は、副議長として当日の司会進行を仰せつかっています🎤

皆さんのご参加を心よりお待ちしています。






posted by 久野晋作 at 13:02| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

🔴12月議会は、詳細質疑が行われる委員会審査に入っています

🔵我孫子市議会・12月議会:委員会審査のお知らせ🔊

12月議会の日程は、常任委員会の審査に入っています。
本日の審査は、環境都市常任委員会です。

11時半現在、注目議案の一つである、水の館に設置されている【🔴我孫子市農業拠点施設(通称:我孫子農産物直売所 あびこん)を管理する指定管理者を指定する議案第11号】の審査が行われています

下記リンク先「議会中継」をクリックすると、スマホからも審査の模様が視聴できます👀

 👉 https://00m.in/iISQ8

🔴議案第11号 指定管理者の指定について

 📖 https://00m.in/v3YQ8

🔵当該委員会に負託された議案は、【第7号,第8号,第9号,第12号,第13号,第18号】の特別会計補正予算案も含めて合計6本。

*令和元年第4回我孫子市議会定例会:上程議案
 📖 https://00m.in/6M7sy

🔵ちなみに、私の所属している総務企画常任委員会の審査案件は8本でしたので、お昼を挟んで2時半前まで議案審査となりました。

なお、我孫子市議会では、上程議案の審査終了後、「委員会に係る所管事項の審査」をガチンコで行いますので、議案審査終了後も審査が続きます。

🔵後刻録画中継も視聴できます。

是非ご視聴いただきたく、以上ご案内申し上げます☺️

421E450E-CA21-4DA9-8D17-4DFCC2DDCB48.jpg

posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 🌁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

🔴本来、踏むべき過程を得て、市の意思決定機関である議会に上程された議案か否か?は重要な視点。

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日から、我孫子市議会12月議会の審査は各常任委員会の審査に移り、後半戦を迎えます。

以下、Facebookに投稿した内容です。

審査前につき、端折っている部分もありますが、ご一読いただければ幸いに存じます。

本日10時に開会される我孫子市議会・総務企画常任委員会における審査は、都合8本の議案が負託されており、お昼を跨いで午後まで審査時間が伸びる可能性は十分にあるボリューム。

11月17日に執行された市議会改選後、初めて開会された【12月5日(木)の議員全委員協議会】で初めて我々議員に知らされた案件も含めて、約2週間で委員会における採決に臨まねばならない。

全員協議会における説明は、あくまで議会開会前(議案上程前)ということもあり概要報告に止まる。議案上程に至る経過報告や詳細説明など、その場では皆無である(…*開会前(議案上程前)の審査は「事前審査」に当たるため、禁止されている)。

===============================
🔵議案上程に際して、踏まえるべき過程(プロセス)を省略した、言い換えれば、驚きを通り越した「結論ジャンプ」と思われる議案も上程されている(議案第5号:布佐ステーションホールの廃止にかかる議案)。

この間、当該議案も含めて、情報開示を求めて担当課のヒアリング、そして関連資料の請求など慌ただしく行った。関係する方(利用者)との意見交換も一部行った。

🔵担当部局および執行部(最終決定の場である庁議での決定に至るまで)、意を尽くし、手を尽くした上での結論(…代替措置の提案や、代替施設の利用ができるまでの使用延長なども含む)とは受け取ることのできない市民不在・利用者不在。

事業執行および判断の際の行政側の根拠(論拠)となる『我孫子市近隣センター等施設個別計画』は、平成31年4月に策定されていたが、我々議員はもとより市民に対しても一切開示されていなかった。

最適解を導き出そう、納得を得られるだけの慎重な対応をはかろう。

そうした本来あるべき姿勢は残念ながら見受けられなかった。

先日13日の本会議場で、同じ会派の内田議員が行った「議案大綱質疑」でそれらを質したが、「真摯な答弁」だとは決して受け取れるものではなかった。

 🎥12月13日本会議(議会録画中継・速報版)

 議案第5号にかかる議案大綱質疑(6:12:30から)
 https://00m.in/KozhG

==========================
🔴「結論ありき」で審査に臨むことは出来るだけ避けたい
==========================
市議会(詳細質疑を行う3つの常任委員会)は「合議機関」であり「議事(議決)機関の場」。

様々な質疑が交わされ、戦わされ、行われる。

議員からの意見・提案を出し尽くした上で結論を出すことがあくまで基本。

一定の方向性を元に審査に臨むことは否定しないし、私自身もそう。

でも、「結論ありき」で臨むことは出来るだけ避けたい。

審査結果を通じて、最終的な判断を下す。

それは議案に対する賛成か反対か。
原則的に、この二択しかない。

または、当該議案を【🔴閉会中の継続審査】とし、次の議会審査まで採決を送り、行政(執行部)に対して再検討または慎重な対応を求める手法もある。その間に、担当常任委員会として継続中の審査を行うこともできる。

******
委員会審査時間直前まで、様々な協議・検討を重ね審査に臨む次第。

*引用させていただいた、渋沢栄一翁の言葉は本当に重い。





421E450E-CA21-4DA9-8D17-4DFCC2DDCB48.jpg

posted by 久野晋作 at 07:34| 千葉 🌁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

⚫️財政状況が逼迫していることを口にする一方で、一体、どこまで自身の報酬をあげれば気が済むのか?

⚫️1年経ってまた報酬改定…😓

昨年12月議会に引き続き、常勤の特別職(市長・副市長・教育長・水道局長)の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定(期末手当てのup)」が、上程されています。

🔴令和元年第4回定例会議案第4号
我孫子市常勤の特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/r1dai4kai12gatsu/r1gian.files/gian4.pdf

週明け水曜日の審査準備でパソコンの画面を開いていたら、昨年の今日の投稿記事が画面に出てきて改めてドン引き😓

予算編成にかかる概要の中で、再三にわたり「厳しい財政状況」という言葉が使われている中での報酬改定です😓

🔵令和2年度(2020年度)予算編成方針
https://00m.in/LZz1P


==============================
🔴さらに、今定例会では、昨日内田議員が議案大綱質疑を行った【議案第5号:布佐ステーションホールの廃止に係る議案(〜直接の原因となった当該施設の空調設備改修に係る概算事業費約1,100万円が捻出できないことにより、十分な説明もなく急遽上程された議案)】を上程している中での、自らの報酬値上げにかかる議案を上程したわけです。

この審査を行うのが18日水曜日10時から開会される総務企画常任委員会です。

図らずも一年前も委員として審査に臨みましたが、

🔵平成30年12月14日 総務企画常任委員会の会議録
(発言内容が、一言一句記録される議事録です)

https://00m.in/4Mq6l

🔵議案第3号
我孫子市常勤の特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定

http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/h30dai4kai12gatsu/4teireikaigian30.files/gian3.pdf


今回も常任委員として審査に臨みます。

改選後ですので、委員会の構成が一部変わっていますが、このような環境下での報酬改定にかかる議案を「はいそうですか」とはならないだろうと、市民の皆さんからの負託を受けた一人の議員として考えるところです。

==============================
🔵態度に出る、人間性。

余談ながら。

昨日、午後の内田議員の質疑終了後、本会議場を立ち去る際に、ばかりなく悪態をついたある特別職を現認しました。

過去の執行部、特別職にはなかったあり得ない態度に驚きと怒りを覚えています。今も。

私が初めて登壇した頃とは、本当に様変わりました。

態度も対応も発言も。
その端端が驚くほどに。

その下で仕事をしている職員さんが、少なからず影響を受けていることが、非常に残念で悲しく口惜しい限りです。

***
「そんなことは言っていない」とは絶対に言わせない。

言いたいことがあるなら、反論すれば良い。

正々堂々と言ってくれば良い。

それだけのことです。

とことんやりましょうよ。
とことん。

posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

議会におけるルールづくりは、「根くらべ」と「試され処」

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。昨日は、改選後初の本会議での一般質問が行われましたかま、6人の議員の質問終了後(17時前)からの、議会運営委員会の協議が19時前に終了しました。

7643042D-0319-45F5-874A-BC9FE7F2DBDA.jpg

たとえ時間が掛かっても、議会運営に係る事項については、この委員会でキッチリと協議し、つめ切って行かないと議会は回らなくなります。

午前様が当たり前だった社会人時代を思えば、時間的には屁でもありません☺️

現実的に、もっと精根詰めて働いていらっしゃる方は数多いらっしゃいますし…😅

ただ、「議会という様々な民意を汲み、意思決定をしてゆく合意形成の場におけるルールづくり」は、簡単そうでいて簡単ではありません。

「難しく考えるな」「take it easy!で」と行きたいところですが、「民意を集約する場だからこそ、丁寧かつ慎重な判断が強く厳しく求められる」と私は考え臨んでいます。

なぁなぁタラタラではなく、キッチリとシッカリと積み上げ、決め事を行う。

これが基本のキだと。

議会運営委員会は、議長の諮問機関として位置付けられています。議会の権能を正しく発揮させ、最良の意思決定を導くために、議長を補佐しながら私も鋭意臨んで行きます🏃‍♂️💨

#abiko_city #我孫子市 #我孫子市議会


※役職につくと、あるある…小噺

FAC3396F-7DE7-4F6F-9137-AC15957CA892.jpg

↑は、登庁時に押す出席パネルです😊
副議長の位置にスライド登板しました☺️
長年の固定位置からの移動と言うこともあり、どうも慣れません(笑)


posted by 久野晋作 at 05:39| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

🔴あなたの足元の議会を観る眼が、市議会を変える。

二元代表制である地方議会には、本来、(議院内閣制を採る)国会のような「与党・野党の別」はありません。

しかしながら、実態として何故か「それが」あるのです。

一般的に、有権者からもメディアからも、そう観られてもいます。

「あの人は市長与党ね」
「この人は市長野党ね」

〜ボヤキ〜
お願いだから、野党議員だとか勝手に峻別しないでください。

二つに分けると分かりやすいのでしょうが、そんなに単純じゃないんです。。。

1000を超える事業、400億近くにもなる事業規模、次から次へと新しい取り組みや課題と向き合って行くのです。(全く考えていない限り。全く政策研究をしていない限り…。)全てにYES!全てにNO!など、あり得るわけがないではないですか…😅


*****
市長の政策を支持することは全く否定しません。

でも、予算案も含めて、市長提案の議案の「ノールック・パス⚽️」は、あり得ません。

というより、絶対にあってはなりません。


もし、まちの意思決定機関である議会が、市長提案の議案を精査もせず右から左へと、可決・承認してしまうような「追認機関」であるならば、議会の意味は全くありません。

正確を期して言えば、市長と指示する議員や支持者にとっては、存在意義はあるでしょうが、そんなことが許されるはずがありません。


逆もまた然りながら、全ての議案に反対はあり得ません。

(おそらく)実際に、全ての議案に反対するような議員はいないと思います(居るのかな…)。


*****
そうした所も含めて、有権者の皆さんには、

足元の自治体議会の態様、自身が選び自治体の意思決定機関である議会に送り込んだ議員の一挙手一投足を注視して欲しいのです。


そんな私も、その対象者の一人です。

いうならば、まな板の上の鯉🐟


明日から、本会議場で行う一般質問が行われます。
今回の登壇者は正副議長を除いて、22名中11名となり、半数の議員が質問に立ちます。
【おことわり】(正)副議長は、申し合わせにより一般質問は行わないこととなっているため、副議長の任期中は、本会議場での質問は封印となります

🔵令和元年第4回定例会(12月議会)一般質問日程・要項
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/r1dai4kai12gatsu/r1-12ippanshitsumon.html


できれば、議会および市長以下執行部の生態系も確認できるので、直接傍聴にお越しいただけると嬉しい限りですが、ご自宅でも確認できるインターネット議会中継も行っていますので、ぜひ、ご注目ください。

🔴我孫子市議会 議会中継

https://00m.in/l3Gmz


posted by 久野晋作 at 17:50| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

🔵12月議会の会期日程と上程議案についてご報告します。

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

ご案内のとおり、昨日、改選後初の議会が召集され、12月議会が開会しました。

会期は12月24日までの20日間です。会期日程はこちらからご確認いただけます。



🔵12月議会の上程議案について

厳しい予算編成を強いられる中、常勤の特別職(市長・副市長・教育長)の期末手当の引き上げに係る議案が上程されました(第4号議案)…😰

下記リンク先から、その他の議案もご確認いただけます。

http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/r1dai4kai12gatsu/r1gian.html

改選後初の審査となりますが、他にも慎重審査が必要な議案が目白押しです🏃‍♂️💨

せひご注目ください👀

🔵令和元年第4回我孫子市議会定例会議会議案










#abiko_city #我孫子市 #我孫子市議会
posted by 久野晋作 at 21:18| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

【ご報告】本日開会された改選後初の本会議(12月議会)において、副議長に選任いただきました。

【ご報告】本日開会された改選後初の本会議(12月議会)において、副議長に選任いただきました。

14800B6B-A18E-45E9-A1D3-785B5552BF17.jpg

来年我孫子市は市政施行50周年を迎えますが、くしくも第50代目の副議長となります。

副議長選挙にあたり提出した「意見表明申出書」に記載のとおり、市民の皆さんの負託に全力で応える我孫子市議会にする為、職責を全うする所存です。

85F99234-9C1D-4A11-92F2-789F76F2ACA7.jpg

極端な物言いになりますが、我々の世代が死ぬほど頑張らないと次の世代に繋げられない(持続可能性が担保されない)と私は考えています。

良いことは良い!でも、ならぬものはならぬ!と言う是々非々のスタンスは貫きながらも、One teamの精神で一丸となり各種課題に取り組んでゆく所存です🔥

引き続きのご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。


令和元年12月5日
久野晋作 拝


ABBB14BD-9FC9-478D-AC28-37F768CA8F93.jpg

posted by 久野晋作 at 19:15| 千葉 ☀| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

🎶我孫子駅の発車メロディー🎶が、「我孫子市民の歌」や「河童音頭」になったら良いな☺️

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日をもちまして、6月議会の全日程が終了しました🙌


とはいえ、議会は「終わり良ければ全て良し…」の世界ではありません。

議会閉会後は、議事・議決機関から執行権限を持つ市長以下、執行部の皆さんの手に委ねられます。


6月議会は、政策的な条例が上程されることが多く、テーマを掘り下げて議論することが多いのが通例ですが、ご案内のとおり、不本意ながらも、懲戒免職処分となった元職員による公金横領事案について質疑を重ねる形になりました(こちらのBlog記事等をご参照いただければ幸いです)。

その他の重要案件も含めて、議論されたこと、決まったこと、課題として共有されたことが、着実に解決・消化(昇華)されることを強く願って止みません。


+++
さて、議会閉会後に市内在住の東葛飾高校一年生の生徒さんが議場に来てくださり、「🔴我孫子駅の発車メロディー🎶の変更」についてプレゼンをして下さいました

166F1787-C4DD-4BF6-A599-8B199026DB82.jpg

随分前のことになりますが…😅、私も、同じ内容を本会議場で提案したことがあり、親近感と強い共感を抱きつつ、プレゼンに聴き入りました。

🔴平成25年3月定例会…「郷土愛を育む取り組みについて」の中で、あびこ市民の歌等の利活用を提案
🔵平成27年12月定例会…「郷土愛の醸成に対する取り組みについて」の中で、改めて提案(進捗確認)

*下段に、当時の議事録を添付していますので、お目通しいただければ幸いです。


録り鉄?さん、ということもあり、本当によく調べていて、そして、何より郷土愛に溢れる素晴らしい提案で感動しました☺️

こうした機会って、あるようで今まで全く無かった…のですが、とても良い機会だと感じ入りました。

また、今回のような提案に関わらず、「市民の皆さんからの、まちづくりに関する提案等」を議会としてお聴きする場をもち、課題認識を共有化し、その実現(解決等)に向けて、力を合わせて歩んで行くような取り組みを促進して行きたいと強く感じた次第です。

289B6F99-F400-4A12-91A0-B6C707EE659E.jpg
FBCE3C17-D8F7-4B8F-87FA-97ED2740A4A7.jpg

来年、我孫子市は市政施行50周年を迎えることもあり、何としてでも実現したいと思います。

署名活動は早ければ7月からとのことですので、多くの市民の生の声を結集して行きましょう😊

#abiko_city
#我孫子駅発車メロディーの変更


平成25年3月定例会(3月7日)会派代表質問より

郷土愛を育む取り組みについてであります。
 まず1点目、我孫子市民憲章の活用についてです。有名無実化していると思われる我孫子市民憲章について、我孫子市民としての郷土愛を育むべく、積極的な活用をぜひとも図っていただきたいと私は思っております。そういう趣旨から質問させていただくものであります。
 1点目は、市民憲章の制定理由と目的について。2点目、制定から今日に至るまでの活用状況について。3点目、今後の活用方針についてであります。市民憲章をどのように生かしてきたのか、生かしていくつもりがあるのか、またはそうでないのか、お聞かせをいただきたく思います。この問題につきましては、川村議員が平成16年、19年、23年と3回にわたりまして基本構想との位置づけ、絡みの中で、また文言等について見直すべきところがあるんではないか、また星野市長からも答弁がありまして、次期基本構想の抜本的な改正の機会があれば、それもあわせて見直していくよというところもありましたが、その点について御見解をお願いしたく思います。よろしくお願いします。

◎説明員(芹澤一夫君) 市民憲章は昭和55年7月に市制施行10周年を迎えるのを機に、市民の皆さんにまちに対する愛着やまちづくりへの参加意識を持っていただくために、昭和56年の1月に定めたものです。
 市民憲章の活用状況としては、制定当初は現在の行政サービスセンターとなっている市民課の支所、それから小中学校などで、あるいは市内の公共施設に額で掲示をしてきました。現在は、市役所本庁舎、それから市民体育館などの一部の施設での掲示にとどまっております。また現在、「広報あびこ」の1面に、6回に1回の割合で掲載をするとともに、市のホームページでも掲載をしておりますが、十分に活用しているという状況ではございません。
 今後は、より多くの市民の皆さんにまちへの愛着やまちづくりへの参加意識を持ってもらえるよう、学校教育あるいは生涯学習講座の場で活用するなど、その活用方法について検討してまいりたいと思います。

◆(久野晋作君) 細かく整合性云々というんじゃなくて、今あるんであれば、憲章として掲げているのであれば、これはちゃんと生かさないといけないと思うんですね。常に我孫子市民であることを意識をすること、これは非常に大事なことだと思うんです。この地に住んでいると。こういう理念に基づいて私たちは生きているんだというところを常々意識するのと、そうでないのとは雲泥の差になると思うんですね。ですから、この場で細かくは言えませんけれども、私はこの中でうたわれている田園教育文化都市、私は非常にすばらしい文言だと思います。古いけれども新しい、私たちが今、目指すべき私たちの目標であると。さらに、これに環境というところを加えるのが、我孫子市が目指すべきところではないかなと個人的には考えますけれども、しっかりと生かしてやるべきと思いますので、どうぞよろしくお願いします。時間の関係もありますので、次に行きます。
 「あびこ市民の歌」の活用についてです。
 これも同じですね。これも10周年事業で昭和55年に策定の検討がされて、昭和56年にできたものです。この質問につきましては早川議員が取り上げられて、その市長とのやりとり、とても興味深く、非常に関心を持って聞かせていただきました。改めてその質疑応答細かく見させていただきましたが、私からも改めて提案させていただきたいと思います。
 夕方のチャイム、現在は「夕焼小焼」です。ですけれども、これを「市民の歌」にしてはどうかなと、私も思います。そしてさらに、JRの駅での発車音。これに「市民の歌」をメロディーとしてのせていただくように提案してはどうでしょうか。山手線などで、その地域に由来のある音楽をかけており、好評を博している、こういう報道等もあります。日常の中で、このすばらしいメロディー、歌詞のある「あびこ市民の歌」があるかないか、大きな差であります。話題性も抜群です。市のPRにもつながることと思います。ぜひ実現に向けて取り組んでいただきたいと思います。答弁お願いします。

◎説明員(芹澤一夫君) 防災行政無線による夕方のチャイムは、親局のデジタル化の工事に伴う放送再開を機に、平成21年の12月から「夕焼小焼」に変更しました。変更に際しては、子どもたちに帰宅を促す曲目として放送時間も日没に合わせた設定としています。「夕焼小焼」は変更して3年が経過し、子どもたちや市民に親しまれ、定着していると考えております。
 現在、「あびこ市民の歌」は生涯学習部で行う成人式など、各種イベントでの会場や終了時の曲として利用し、長寿大学では始業時に合唱を行っています。また、「あびこ市民の歌」に健康づくり推進員と保健師が健康体操として振り付けを行い、健康づくり運動教室やタートリンピックなどに活用をしております。
 御提案のありました駅での発車メロディーに「あびこ市民の歌」を利用することについては、JR東日本に確認したところ、市のほうで発車メロディーの音源を作成し、駅の放送設備に組み込む際の設置委託料などがかかるということなんですけれども、さらに導入する駅の規模、それから使用している放送設備も異なるので、その辺の調整が必要であるというお話をいただいています。ですから、今後「あびこ市民の歌」が子どもたちの心に親しんで歌い継がれるよう、各駅の発車メロディーの導入についてもJRとよく協議をし、検討を進めていきたいというふうに思っております。
 さらに、もっと広く活用されるよう小中学校を初め、各市民団体にも呼びかけをしていきたいというふうに考えます。

◆(久野晋作君) 御答弁ありがとうございました。非常に前向きな御答弁をいただけたものと思います。委託料がかかってしまうということでありますけれども、大いに、ターミナル駅ですから、我孫子駅だけでもやるだけで、かなり私は違うと思うんですね。
 市長、私も青年会議所に入らせていただいて、セレモニーがありまして、毎回唱和する。あれを繰り返しやるから、その組織の一員だと意識が入っていくわけですね。我孫子市においては、その住民の一員だということがしっかりと入っていくわけであって、こんなにすばらしい憲章と歌、これを生かさない手は絶対にないと思いますので、ぜひとも。
 答弁を聞いて、この健康づくりのところでやっていると、それはこの間と同じなんですね。もっともっと広げるように積極的に展開をしてください。デジタル化に向けて、市境とのやりくりはあると思うんですけれども、デジタル化するんですから、市境の部分は難しくても、いろいろとやりくりってできるんじゃないかなと思うんですね。アナログじゃないんですから。そういったところも踏まえて、ぜひ研究、前向きに展開をしていただきたく思います。


平成27年12月定例会(12月14日)〜4期目・改選直後の定例会にて再度提案〜
◆(久野晋作君) 来年度から本格的にやるということはわかりましたので、もうこれは徹底してやるという姿勢をぜひ見せていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 最後、大綱4点目、ちょっと駆け足ですみません、やります。郷土愛の醸成に対する取り組みについてです。
 「選ばれるまち我孫子」とするための大前提は、今この地で住み、暮らしている我々自身が我孫子を郷土、ふるさとと感じ、そして我孫子の歴史、文化、伝統、風土、環境になれ親しみ、愛すること、誇りに思うことだと思います。その観点で質問させていただきます。
 1点目、「ふるさと我孫子の先人たち」の利活用状況についてです。
 平成24年度の中学校学習指導要領改訂に合わせて、ふるさとカリキュラムの一環でこの「ふるさと我孫子の先人たち」が作成されたものと思います。まさに、我がまち我孫子の先人たちを理解するに、非常に価値のある教材だと感じ入っております。広く頒布できるものなら頒布してほしいなと思いますが、なかなか難しいということも以前、ここのやりとりでわかりました。これはいたし方ないというところでありますが、郷土愛の醸成という観点からも、また道徳的な観点からも、大変すばらしい教材である、この「ふるさと我孫子の先人たち」の小中学校における利活用状況についてお聞かせください。

◎説明員(倉部俊治君) 現在我孫子市では、子どもたちのふるさとである我孫子に対する興味関心や、ふるさとを思う気持ちを高め、小中一貫教育が目指している郷土愛を育むために、補助教材「ふるさと我孫子の先人たち」を活用し、郷土の誇りである歴史上の人物や我孫子の発展に貢献した人物に学ぶ、ふるさとカリキュラムに取り組んでおります。
 全ての小中学校において実践しており、小学校では飯泉喜雄、岡田武松、嘉納治五郎の3名について、社会科、理科、道徳などの時間を活用して学習しております。中学校では、飯泉喜雄、岡田武松、嘉納治五郎に加え、志賀直哉、杉村楚人冠、血脇守之助、中野治房、松岡鼎、村川堅固、柳宗悦、兼子夫妻の11名について、社会科、理科、国語科などの各教科及び道徳などの時間を活用して学習しております。
 来年度以降は小中一貫教育の取り組み「Abi−ふるさと」として、特別な教科に位置づけ、小学校5年生から中学校3年生までの5年間で、現在学習中の11名に新たに、田口静、井上二郎の2名を加えた13名の先人について学習してまいります。
 郷土を愛し、誇りに思う心を持ち、世界に羽ばたくことのできる子どもたちの育成を目指し、今後もこのふるさと学習を積極的に取り組んでまいります。

◆(久野晋作君) ありがとうございました。
 活用がもうしっかりとされているということで、大変安心しましたし、やっぱり自分の言葉できちっと我孫子を語れるということ、景色や風景だけじゃなくて人物も含めて、非常に大切だと思いますので、引き続き取り組み推進していただきたいなと思います。
 続きまして、2点目のところ、我孫子市民憲章とあびこ市民の歌の利活用についてであります。
 我孫子市民憲章、内容は本当に時間があったら言いたかったんですけれども、割愛しますが、以前早川議員に言われて、私も改めて読ませていただいたときに、本当にすばらしい内容だなと感じ入っております。昭和56年1月15日に制定されましたこの我孫子市民憲章、そして、あびこ市民の歌でありますけれども、本当に大変すばらしいものだと思います。
 この市民憲章にうたわれている内容は、道徳的な規範または健康文化を大切にするという強い指針があらわされており、大いに活用すべきであると考えます。人は言葉を日々目にし、耳にすることで、自然となじみ、行動や態度に反映していく生き物であります。郷土愛を醸成するという観点においてはなおのこと、我孫子市民憲章及びあびこ市民の歌を大いに活用すべきと考えます。
 以前、同種同様の質問をしたことがありますけれども、さまざまな機会を通じて、より積極的に周知徹底活用をしていただきたいと考えます。それぞれの状況についてお聞かせいただきたいと思います。
 アは、小中学校での指導状況、また利活用状況について、イは、市内のイベント、これは全般ですね、についての利活用について、そしてウ、これは以前この場で提案させていただきましたが、鉄腕アトムですとか、あの有名なチャイムのように、JRの発車音、これであびこ市民の歌をどうか提案してもらえないでしょうかと言ったら、かなり前向きにJRのほうも検討いただいているというような答弁をいただいた記憶がございます。その後の検討状況を教えてください。よろしくお願いします。

◎説明員(湯下廣一君) 私からは、アについてお答えいたします。
 現在、本市で進めている小中一貫教育では、ふるさと学習を初めとした教育活動全般を通じて、ふるさと我孫子を愛し、誇りに思う子どもの育成を目指しております。我孫子市民憲章は、小学校3、4年生が郷土を学ぶ社会科副読本に、市としてのメッセージとともに掲載され、その趣旨を全小学校で指導しております。
 また、あびこ市民の歌は、楽曲の音楽性ばかりでなく、我孫子で育つ子どもたちの郷土愛を醸成する教材として、非常にすばらしいものであると認識しております。今年度、市内全小中学校では、市制45周年を記念し、入学式や卒業式等、子どもたちや保護者、地域の方々が集まる場面で、BGMとして活用しています。また、音楽の授業において、市教委配布のCDを用い、鑑賞及び歌唱指導の教材として活用しております。
 さらに、今後も教育活動を通して、我孫子の子どもたちにとって、あびこ市民の歌がより親しみのあるものとなるよう取り組んでまいります。

◎説明員(芹澤一夫君) イについてお答えをいたします。
 市民憲章のイベントでの活用状況としましては、市制45周年、40周年、それぞれの記念式典の際に式次第に掲載するとともに、表彰者、来賓者への配布を行いました。また、イベントでの活用とは異なりますが、現在も広報あびこの1面に、6回に1回の割合で掲載するとともに、市のホームページでも掲載をしております。さらに、清掃事業概要と水道事業年報にも、毎年掲載をしてございます。
 市民憲章につきましては、前文に制定当時の基本構想に掲げる都市像の田園教育文化都市が記述されており、現在の都市像「手賀沼のほとり 心輝くまち〜人・鳥・文化のハーモニー」と異なっております。しかし、これまでの都市像の持つよいところを現在の都市像も継承していますので、内容は共通するものが多くあると考えています。
 今後は平成34年から新たにスタートする第4次総合計画の策定の中で、市民憲章の必要性やあり方を基本構想との関係も含めて整理し、検討していきたいと考えます。
 市民の歌は、生涯学習部が行う成人式やコンサート、展覧会など、各種イベントでの開場時や、イベントの間のバックミュージックとして活用しております。また、保健師と健康づくり推進員が健康体操として振りつけを行い、健康づくり運動教室やタートリンピックなどで活用しています。さらに、近隣センターや鳥の博物館、水の館などの各施設でも館内で放送をしているところです。
 市民の歌につきましては、引き続き広く市民の皆さんに親しんでいただけるよう、さまざまな機会で活用してまいります。
 次に、ウについてお答えをいたします。
 あびこ市民の歌の市内各駅での発車音への導入状況につきましては、これまでJR東日本と意見交換を行ってきましたが、実現には至っておりません。
 現在、JR東日本からは、発車ベルは利用されるお客様に対して、電車の発車タイミングをお知らせするもので、メロディーが発車のタイミングに適した曲であること、高い認知度を誇ることが前提となること、また変更したメロディーに対して苦情等が出ないことなどの条件が示されています。この条件を前提に導入の可否が判断されることになります。
 さらに、導入が決定した場合には、メロディーの音源作成や、駅の放送設備に組み込む際の設置料、それから日本音楽著作権協会の著作権使用料などの経費を市側で負担することになります。なお、詳細な経費につきましては、現段階では明らかになっておりません。
 今後も引き続き、あびこ市民の歌の発車ベル導入につきまして、JR東日本と具体的な協議を進めてまいります。


◆(久野晋作君) 両部長から子細にわたる答弁をいただきまして、どうもありがとうございました。
 本当にしっかりと利活用いただいている部分があるなというふうに感じましたし、最後になりますけれども、JRに対して働きかけも引き続き行っていただいていることもわかりました。
 ちょっとあえてつけ足しさせていただきますと、小学校では3、4年時に市民憲章の理念を含めて教育をいただいているということですけれども、本当にこの内容を改めて見ていくと、老人を大切にするとか、本当に大切なところ、人としてもそうですし、それが、かつ我孫子市民としてもあるべき指針となっているように思いますので、年次を限定するのではなくて、どの学年も通じて、日々目に触れてそらんじてもらえるように、徹底指導をしていただきたいなと思いますのと、あとは各行事で配布をいただいているということですけれども、特にことしは市制施行45周年とありますので、これも改めて見直すというんですかね、感じ入るというか、みんなでかみしめるためにも、朗読したり、一緒に歌を歌うという機会もあってもいいんじゃないかなというふうに思いますので、より徹底した活用をお願いしたいと思います。これは最後、提案ですので答弁は結構です。
 以上をもちまして、一般質問を終わります。どうもありがとうございました。


posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 🌁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

【総務企画常任委員会・録画中継(速報版)】が公開されましたので、是非ご視聴ください! → 常任委員会において、公金横領問題をはじめとして質疑を行いました

6月14日(金)に開会された総務企画常任委員会の録画中継(速報版)がアップされました。下記事項(常任委員会に負託された提出議案、そして、常任委員会にかかる所管事項)について質疑を行いました。

🎥総務企画常任委員会・録画中継(速報版)🎬

★4月に公表された「職員の不祥事(教育委員会・元職員の公金横領案件)」について、集中的に取り上げています(3時間49分過ぎから質疑が始まります…質疑を行なった順:木村委員→久野→早川委員)

興味関心に応じて見ていただけるよう、
【質疑開始時刻】も入れさせていただきましたので、ぜひご視聴ください‼️


===========
◯委員会への負託議案◯
===========
🎥【0:18:50】過ぎから
🔵議案第7号
我孫子市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

*改正要旨*…国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、投票管理者等の報酬の額を改定するもの

*質疑要旨*…「票の持ち帰り」行為が絶えません。「選挙・投票の公正」を期するため「本人確認の徹底」等について質疑を行いました。

==========
◯委員会の所管事項◯
==========
🔵消防本部・市民生活部にかかる所管事項

🎥【1:18:45】過ぎから
 ★日本一安全安心なまち(に向けた現状と取組み)
 ★交通安全対策(住宅街での速度超過、信号無視など)

🎥【1:34:10】過ぎから
 ★地域会議の運営状況、公開性(事前事後の情報提供の促進)

🔵企画財政部、総務部にかかる所管事項

🎥【3:16:40】過ぎから
 ★総合計画の策定について(木村委員→早川委員→久野3:32:10過ぎから)

🎥【3:49:20】過ぎから 【4:40:07】までの約50分
 ★職員の不祥事(教育委員会・元職員の公金横領案件)、内部統制について(木村委員→久野→早川委員)

🎥【4:49:00】過ぎから
 ★日本一あいさつのできる市役所に‼️
*先日お伺いさせていただいた伊那食品工業さんの話を引かせていただきました☺️


🎥【4:54:27】過ぎから
 ★文化交流拠点施設・建設構想案

==========================
上記★は、私が質疑を行なった項目です。

職責として、厳しい発言をさせていただくことも当然ありますが、提言させていただいていることもあります。対応してくださっているのは、管理職の方が中心ですが、どのような答弁がされているのか?についてもご確認いただけると幸いです。


以下、全体概要です。
===========
🔴委員会への負託議案
===========
🔵議案第1号
我孫子市森林環境譲与税基金条例の制定について

🔵議案第2号
我孫子市税条例等の一部を改正する条例の制定について

🔵議案第7号 ★
我孫子市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

…国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、投票管理者等の報酬の額を改定するもの
…「票の持ち帰り」行為が絶えません。「選挙・投票の公正」を期するため「本人確認の徹底」等について質疑を行いました。

🔵議案第8号
千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について

*提出議案は下記から確認できます👀
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/shigikai/teirei_rinji/r1dai2kai6gatsu/gian50102.html
==========
🔴委員会の所管事項
==========
⚫️消防本部・市民生活部
*改定された地域防災計画
*防災ラジオの検討状況
*増加している外国人の方への対応
*ホームレスの方への対応
*消防操法大会(各分団の技量向上)
★日本一安全安心なまち(に向けた現状と取組み)
★交通安全対策(住宅街での速度超過、信号無視など)
★地域会議の運営状況、公開性(事前事後の情報提供の促進)


⚫️企画財政部、総務部>
★総合計画の策定
*聖火リレー
★職員の不祥事(教育委員会・元職員の公金横領案件)、内部統制
★日本一あいさつのできる市役所に‼️
★文化交流拠点施設・建設構想案


*…★は、私が質疑を行なった項目(関連質問含む)です。


#abiko_city
#我孫子市
#我孫子市議会

3DBD8622-00C6-442F-9EF7-0D6A0CAE4D3A.jpg
posted by 久野晋作 at 18:00| 千葉 ☀| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

【続】人口減少化、そして、施設の老朽化の中で学校施設をどのように更新・改廃してゆくか? → 我孫子市学校施設個別施設計画の策定にあたり一般質問で確認・要望した事(議会録画中継)

🎥議会録画中継の速報版がアップされました😊

私の質問は、5時間35分過ぎからはじまります。

正味40分の質疑となります。

 ⬇️ ⬇️ 

クリックしていただけると議会中継siteに

広くご視聴いただければ幸いです😊

posted by 久野晋作 at 21:12| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

想いよ届け! 令和元年初の一般質問に懸けた想い

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

ご案内のとおり、本日、令和元年初の一般質問を終えました🙌

以下は、今回の質問項目(要項)です。

=======================
🔴我孫子市学校施設個別施設計画の策定にあたって
=======================
(1)策定スケジュールについて
 (ア)策定期間(短すぎるのでは?)
 (イ)地域住民の意見聴取の機会はないのか?
 (ウ)市政ふれあい懇談会の共通テーマにすべきでは?

(2)策定委員会について
 (ア)策定委員会の構成
 (イ)保護者を代表するもの
 (ウ)既存資料(「我孫子市公共施設等総合管理計画」等)の配布がないまま会議の場がもたれていることについて
 (エ)会議のあり方

(3)児童・生徒数の長期将来推計について

(4)市民との情報共有化について

(5)プールの共有化・民間委託化について

(6)学校給食施設について


今議会の一般質問(個人質問)では、重要案件につき「🔴我孫子市学校施設個別施設計画の策定」について、一本に絞り臨みました(*リンク先は、6月4日のブログ記事です*)。

持ち時間の30分の中で完結させるには、一本に絞れども厳しく、早口になってしまったことを含め反省点は残りますが、

🔵質問の裏テーマ(質問に籠めた「想い」)
◯「課題を共有する」という大目的を果たすこと
◯「市民参加の大前提」は「情報公開と共有度合い」に因ること
◯「市民利益」を図る上で、必ず持続可能性を追求すること

以上、「3つの裏テーマ」を抱いて質問に臨みました。

一定、その目途を果たすことが出来たと感じています。

4E4A8EA1-8A82-4943-A09A-DABD978EBDB1.jpg

🔴「コトダマ」で伝える

傍聴にお越し下さった市民の皆さん、本会議場にいる同僚議員の皆さん、市長以下執行部の皆さんは元よりとして、質疑の模様を別室や自席で確認している市職員の皆さん、そして、ネット中継で視聴下さっている全ての皆さんを意識して質問に臨みました。

質問して終わり…ではありませんが、一歩一歩着実に歩んで行きたいと思います。

「読み言葉」ではなく、「語り言葉(コトダマ)」で質問を行うため、今回の質問でも、一言一句に至る質問原稿は用意しませんでした。出来るだけ目を見て、心に訴えることが狙いです。

別添は、原稿がわりに使用していた質問詳細(発言通告と合わせて提出しているもの)です。こちらと「関連資料」を持って質問しています😊

AEC0C581-1926-4C77-8862-DABAE386991A.jpg


B823F369-2104-4EF0-B292-8C2214A0BBD3.jpg


6527CCA0-F7CC-4EB3-87F4-0E4D868A94A4.jpg

ご参考までご覧いただければ幸いです。

追伸…
この三枚の質問要旨書面に、手書きのメモを加えて登壇しています。
手書きメモバージョンは…門外不出のマル秘です(๑˃̵ᴗ˂̵)💦


🔵インターネット録画中継

インターネット議会・録画中継がアップされましたら、改めてご案内させていただきます。学校施設は、私たちの子供、地域の子供達の生活の場、学習環境の場であり、コミュニティーの核となる重要施設です。

そして、財政にも大きな影響を及ぼして行く重要事項です。

つまり「我がこと」「関係性の非常に強いテーマ」です。

お時間が許されましたら、ぜひご視聴ください‼️




posted by 久野晋作 at 21:37| 千葉 ☔| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

信義誠実な姿勢こそが行政運営の大前提

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日から本会議における一般質問の日程に入りました。

F287AFA1-404D-47E1-BA74-3C982CC720C2.jpg

最終登壇者として、同会派の内田議員が「懲戒免職となった元市職員の公金横領に関する問題」について質疑。

10年以上前の類似不祥事案件に対する防止策の不徹底および不作為が明らかに…😱

4124EE76-4874-44EB-91B2-34318C18E4CF.jpg

一部の不届き者により、まじめに、真剣に職務に取り組んでいる方々にも様々な塁が及び、結果として、市民が不利益を被って行く典型例…😓

再発防止はもとよりとして、信義誠実を旨とした市政運営を強く求め、その実現に向けて取り組んで参ります。

4038A2F1-3DF5-4471-8A6D-B75EFF78DBC8.jpg

個人質問の持ち時間は30分となるため、あっという間に時間が経過してしまいますので、明日の最終登壇のギリギリまで質疑内容の精査をします(๑˃̵ᴗ˂̵)💦

すべては、市民利益のために
すべては、選ばれるまち我孫子の実現のために
すべては、持続可能発展可能なまちづくりのために
posted by 久野晋作 at 19:31| 千葉 ☔| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

人口減少化、そして、施設の老朽化の中で学校施設をどのように更新・改廃してゆくか?

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日より令和時代初めての定例市議会となる令和元年第二回定例会が開会しました。

会期は6月20日までの18日間となります。

私は、議会開会前に10時から開会された【我孫子市学校施設個別施設計画策定委員会】を傍聴しました。

E0FD9DC6-7353-4011-A831-DCC12332BA93.jpg

(1)会議の傍聴を希望する方は、会議当日の午前9時30分までに会場受付で氏名及び住所を記入してください。
(2)傍聴の受付は先着順で行い、定員になり次第受付を終了します。
(3)会議開始後の入室はできません。

我孫子市学校施設個別施設計画策定委員会の傍聴にかかる手続き要領


とのアナウンスがあったので、9時半までに我孫子市教育委員会に大急ぎで駆けつけました🏃‍♂️💨

結果、私だけしかいなかった…ことに拍子抜けしましたが😅、後刻訪れた方々が問題なく入場され…しかも、時間厳守で開会を待っていた先順位の私より先に入場…され、目が点に…😲


***
ま、それはさておき。

気を取り直して、入室。

【所管事項】学校施設の中長期的な維持管理等に係るトータルコストの縮減及び予算の平準化をはかりつつ、学校施設に求められる機能・性能を確保し、今後の整備方針を示す我孫子市学校施設個別計画を策定すること。

簡単に言うと、「今後の学校施設をどうして行くか?」を議論し、その計画を策定する「市民(保護者)を代表する方2名、小中学校長会に属する方2名、そして、我孫子市の関係部署を交えた委嘱機関」です。

07BBD660-34B8-45DF-8BF9-18D52005C871.jpg

待ったなし!公共施設マネジメント〜計画実行の歯車はこうして動かせ!〜
2018年5月23日のBlog記事から抜粋

ざっくり言うと、高度経済成長期に伴う人口増加・宅地開発に伴う行政サービスおよび市民生活の基盤整備の関係で、急ピッチで整備した「学校・公民館・道路」などの公共施設等が建設・設置から40年以上の月日が経ち、老朽化が進んでいます。よって、どの自治体においても同様に、「各種公共施設の老朽化に伴う更新や再整備(再編・統廃合を含む)」に着手して行かなければなりません。

当然ながら、莫大な費用が必要な訳ですが、本格的な少子高齢社会に入っている我が国においては、社会保障費を筆頭に支出は増えることはあれども、それらを賄うだけの潤沢な財源は(当たり前には)何処にも用意されていません。


社会保障費はうなぎ登り状態です。
その上に、各種施設の維持補修・改修・更新費用が発生する訳です。

統廃合しない限り、建設した施設の全てがその対象となるのです。

打ち出の小づちなど何処にもなく、魔法のような策もありません。
真剣に考えれば考えるほど、途方に暮れ、気を失いそうになる課題です。

しかし、
課題を目の前にして頭を抱えているだけでは何も解決することは出来ません。
課題解決をこれ以上先送りして、ツケを次代に先送りすることは絶対に許されません。
ましてや、成り行き任せで、無為無策で過ごしたり、指をくわえて事態を眺めている訳には行きません。

でも、実態としては、この間の対応は正に上記の通りだったと言わざるを得ないのです。


そこで…

「国は、2013年(平成25年)11月に「インフラ長寿命化基本計画」を決定し、インフラの老朽化対策を進めるべく、2014年(平成26年)4月に公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するために、各地方公共団体は「公共施設等総合管理計画」策定の要請を受けました」

本市が2016年(平成28年)6月に策定した計画は以下のサイトでご確認いただけます。

我孫子市公共施設等総合管理計画:我孫子市公式ウェブサイト


問題は「どのように(具体的に)実行するか(できるか)」です。

計画は作ったけれども、何一つ先に進まない…(進んでいない、進める覚悟がない)。

そうなってしまうと、ババくじを引かされるのは、何の罪もない次代を担う私達の子や孫たちです。
〜以上、抜粋終わり〜


学校施設(の床面積)は、公共施設全体の約6割を占めており、公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するための大きな核です。

この間、議会でも様々な議論を行なっていましたが、いよいよ本格的かつ具体的な計画の策定に入りましたので、市議会における議論も当然本論に入ってゆきます。

C3BB9ADD-A885-4311-B935-5C8C4F686BB4.jpg


そこで、昨日開催された【我孫子市学校施設個別施設計画策定委員会】を傍聴したわけですが、様々な課題を感じましたので、善は急げ!で、今議会の本会議における一般質問において、当該問題に的を絞り質問を行うことにいたしました。

質問の骨子等につきましては、明日以降ご報告して行きたいと思います。

*追伸*
私は、議会でチョレイ🔥します。



7B3D4EBE-6228-4AA6-884F-EB6BE53D0641.jpg
昨夕の彩雲と夕陽がおりなすマジックアワー

EFC25411-2B95-4BA6-B8C6-BFD9AE65B02D.jpg
軽鴨の親子を発見(๑˃̵ᴗ˂̵)
posted by 久野晋作 at 09:00| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

6月議会に向けて…綱紀粛正(職員の公金横領事案を受けて)から改めて始めざるを得ない悲しさ、そして虚しさ

本日開催された議会全体説明会において、市長以下執行部から「職員の公金横領事案」について、初めて正式な経過説明が行われました。

議会開会前につき、非公式の場ではありますが、説明不足と思われる点を含めて複数事項について質しました。

再発防止は言うまでもありませんが、6月議会において改めて質して参ります。

1B049BB0-0CBD-4B88-9258-F3EC2BCE4889.jpg

*以下、この間Twitterに投稿していたダイジェスト報告です。まとめてで恐縮です。











































posted by 久野晋作 at 22:59| 千葉 ☔| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする