2009年07月14日

一票一揆。

ご案内のように都議選は自民党の惨敗という形で幕を閉じました。

今年の一連の(地方)選挙でハッキリした事は、投票率が上がると政界(議会)の構図が変わるということです。

市長選;名古屋、さいたま、千葉、横須賀
知事選;静岡県

いずれも投票率が上がっています。


今回の都議選では投票率は54.49%で前回の43.99%から10.5%上がりました。単純計算ですが、前回選挙よりも100万人以上の方が投票所に足を運んだことになります(投票結果はこちら)。

以前、「有権者は眠っていてくれていた方が良い」といった主旨のトンでもない発言をした首相がいましたが、国民がこの国の主権者として「覚醒」すればこういう結果が(ほぼ)出るということが明らかになりました。

一方、都議会のもう一つの「与党」である公明党は、この厳しい選挙で「立候補した23名全員当選という離れ業」をやってのけ、落選者は一人として出しませんでした。地方選挙における非常に手堅い組織力を顕示した形になりが、この程度の投票率ではびくともしないということが明確になりました。



54.49%

今回の投票率は「決して高くはありません」。

当日の有権者数は10,469,729名
投票者数は5,705,441名
棄権者数は4,764,288名

です。

50万人近くの方が「棄権」しているという現実が一方であるわけです。やはり、投票率は少なくとも60%以上の数値が当たり前のように出るようにしていかなければ、「民意」が正しく反映された政治にはならないと思います。


以下、「がんばろう、日本!」のメルマガを転記いたします。


いざ、堂々たる政権選択選挙へ!

都議選は「日本再生」で提起(〜pdfが開きます〜)したとおり、投票率10ポイントアップで、自公を過半数割れに追い込み、民主党は54議席、第一党となりました。この民意が「奇策」「やけくそ」の道を封じ、7月21日解散、8月30日投票という日程も決まりました。

これから投票日まで40日余り。

「そのまんま劇場」に続く茶番は、これからも一幕、二幕あるかもしれませんが、「政権交代が必要だ」という民意の底固さは、基本的には揺るがないでしょう。

この総選挙を堂々たる政権選択選挙とするために、投票までの期間をどう使うべきなのか。「表紙」を変えようと右往左往するヒマがあったら、一日も早くマニフェストを国民の前に示し、二大政党間の堂々たる政策論戦を国民に見せろ、と私たち有権者は要求すべきでしょう。

05年の「小泉劇場」では、刺客騒ぎがメディアをにぎわせましたが、有権者はもうそんなものに踊らされてはいない。マニフェストを検証し、読み比べて政権を選ぶ、そういう舞台を準備しようではありませんか。




posted by 久野晋作 at 22:11| 千葉 | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

選択の対偶は責任

ご案内のとおり、今回の千葉県知事選挙において、千葉県民は森田健作氏を選びました。確定結果は以下のとおりです。

森田健作  1,015,978票(45.54%)
吉田たいら  636,991票(28.56%)
白石ますみ  346,002票(15.51%)
八田英之   136,551票( 6.12%)
西尾憲一    95,228票( 4.27%)
   小計 2,230,750票
(※法定得票557,687.500票)


投票率は前回よりも2.28%増の45.56%でした。低投票率の汚名は少しは挽回できたものの、二人に一人が棄権している状況には変わりがなく、大きな課題を残していると言えるでしょう。

なお、白票等の無効投票者数は県全体で21,397票であり、この票数を含めた投票総数に締める「無効投票率」は全体の0.95%という数字が出ています。約1%の方が、投票の棄権はしないものの何らかの理由で「該当者なし」と判断されたということです。この数字は少なくないと思います。ちなみに、我孫子市の無効投票数は452票で0.88%でした。


この先の4年間は今まで以上に激動の4年となると思われます。森田次期知事の「かっこいい千葉県」が何を示しているのかサッパリ判りませんが、「財政再建・財政再建団体への転落阻止」が何よりの先決事項だと思います。昨夜の当選後の氏の発言内容(課題認識とビジョン等)に不安を禁じえませんでしたが、万が一、時代に逆行し、勢い込んで大型公共投資に舵を切れば、確実に財政再建団体への道を歩むことになろうかと思います。


選挙結果には様々な「風景」が透けて見えます。
下記は、我孫子市におけるデータです。

【棄権者数】
 男28,213
 女30,176
 計58,389

【投票率】
 男47.47%
 女46.05%
 計46.74%
 順位41位(県内61市町村中)

【前回投票率との差】
 男+0.47%
 女-0.91%
 計-0.24%

前回投票率と比べて0.24%下がってしまったのは大変残念でした。男性の投票率は微増でしたが、女性の棄権が増えているのが非常に気になります…モバQ
posted by 久野晋作 at 09:56| 千葉 ☀| 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする