2021年07月21日

【続】空気や同調圧力によって、未来を担って行く若い世代の人生を奪うことは絶対に許されない

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。
まずは、下記の記事をご覧ください。


コロナワクチン接種「様子みたい」20代・30代女性の約4割
2021年7月20日 4時00分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210720/k10013148351000.html?fbclid=IwAR1ZjW9ZY57bFY_hSlLEREMgfZYSXhMo9Y7y3yVkAZfzFJW1lvSKHTVnb9U

新型コロナウイルスのワクチン接種について「様子をみたい」と答えた人が、20代や30代の女性ではおよそ40%、50代でも20%近くに上ることが、国際医療福祉大学の調査で分かりました。調査した専門家は、まずは重症化リスクの高い年代で接種を迷っている人に丁寧に説明することが重要だと指摘しています。

調査は国際医療福祉大学の和田耕治教授らが、今月13日からの3日間、首都圏の1都3県の20代から60代を対象にインターネットで行い、およそ3100人から回答を得ました。

この中でワクチン接種の希望について聞いたところ、
▼「できるだけ早く接種したい」か「すでに接種した」が57.3%で最も多く、
▼「もう少し様子をみたい」が23.8%、
▼「あまり接種したいとは思わない」「接種したくない」が合わせて17.0%でした。

「様子をみたい」と答えた人の割合は、
▼20代女性で38.7%、
▼30代女性で39.0%と、
若い女性で高く、

女性では、
▼40代で26.7%、
▼50代で17.2%、
▼60代で13.9%と、
重症化するリスクが比較的高い年代でも50代以外は男性より多くなっていました。

「様子をみたい」「接種したくない」理由として、すべての年代の女性で70%から80%が「副反応が心配だから」と回答していて、和田教授は「まずは重症化リスクの高い年代で、接種を迷っている人に働きかけ、診療の機会などもとらえて医師が丁寧に説明することが重要だ」と話しています。
引用転記終わり。

✋接種後に「副反応」が出ていることは紛れもない事実であり、健常な若者世代は、「たとえ感染しても、死亡や重症化まで至らないことが殆ど」だということが明確になっています。

スクリーンショット (643).png

スクリーンショット (641).png

こうした「事実」を踏まえれば、「様子を見たい」という考えに至るのは、極めて真っ断当な判断といえます。


「接種を控えること」「様子を見たい」という【未来のある若者たち】の率直な想いを尊重しない報道姿勢にこそ、違和感を覚えます。

報道の姿勢をみるに「接種することは、当然であって、接種するように意図的に働きかけるべき」という結論があって発信されていることがアリアリと感じられるからです。

何度も述べていますが、現時点において、当該ワクチンに「感染防止効果」が正式に証明されたわけではなく、そもそも、ワクチン接種による「効果」とうたわれているものは、「数字のマジック」であり、あくまでも接種しても、しなくてもほぼ変わらないことが明確になっています。

令和3年新型コロナウイルス感染症対策特別委員会 ー 06月24日
新型コロナウイルス感染症対策特別委員会

https://smart.discussvision.net/smart/tenant/abiko/WebView/rd/speech.html?council_id=62&schedule_id=2&playlist_id=1&speaker_id=0&target_year=2021
👆の議会中継の57分過ぎからの質疑をご確認👀👂ください「ワクチン接種の効果(95%)」等について、質疑しています。




現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。

スクリーンショット (660).png
↑厚労省のHPからファイザー社の新型コロナワクチンについて(有効性)


メディアや、専門家と称して紹介され、接種を盛んに推進するコメントを発している方々は、厚労省が毎週のように作成し公開しているデータを見たことがないのでしょうか?

そんなことはないでしょう。有り得ないし、有ってはならないことです。
彼らは知っているはずです。

接種を控える、見合わせるための発信をすると、「デマだなんだと、不安を煽り立てている」と、ワクチン担当大臣を筆頭に、こうした慎重な意見や態度を潰しにかかってきます。

しかし、むしろ言いたい。

「不安を煽り立てている」のはどちらなのか?と。

陽性者を感染者と言い募り。
感染者を発症者と同列に論じ。
発症者がどのような症状なのか一切報じることなく。
たとえ報じたとしても、重症・死亡例だけを殊更取り上げるだけ。

国民の大半は、感染すらしていないのに。
発症しても、軽症の方が殆どなのに。


後遺障害について殊更論じているけれども、どの病気にも後遺障害があり得ることも述べない。さらに言えば、後遺障害に対して、十分な対処すら出来ていない。新型コロナウィルスに対して、発症前後の十分な対応ができていないことを認めない西洋医学界。

China・台湾・韓国は、東洋医学(漢方の処方)を合わせて行う統合医療を一年半前から採り入れて対応している。

このことを知っているはずなのに、一顧だにしない西洋医学界。

意味不明、根拠不明なまま、一日中マスク着用を義務付けられ、不要不急の外出は禁じられ、
飲食店、特に、居酒屋をターゲットとした実質的な補償なき規制を強いる無能な行政。

野球、サッカー、相撲…と、有観客でスポーツ観戦が行われているにも関わらず、なぜかオリンピックは無観客で実施する意味不明な判断を下した日本政府。公道で行う聖火リレーですら中止の判断をする、まったく意味不明な判断を下した知事たち。

毎日の通勤列車で、クラスターは発生しているのか?
公道でクラスターが発生するエビデンスがあるのか?
野球・サッカー・相撲…の観戦客で、クラスターが報告されたことはあるのか??

こうした狭間で苦しんでいる国民たちの声が聞こえていないのか?


あなたたちが守る対象は、己以外にないのか?


そもそも、ワクチン接種後に3,000人を超える副反応被害が既に出ているのに、なぜキチンと報道しない?

接種した後に症状が出たのだ。接種前と接種後の明確な違いは「ワクチンを接種したこと」だ。

厚労省が因果関係を証明(認定)しないだけであって、副反応の原因の一つであることは明らかではないか?


もっと正確な情報を提示せよ。
報道倫理とは何ぞや?
メディアに矜持はないんか?

そのような憤りを日々覚えながら、悶々とし、己に出来得る最善を尽くして活動しています。


ワクチンを接種する前に、考えましょう。
可能な限り、ご自身で調べてみましょう。

子供に打つ必要は、合理的な理由はありません。

慌てる必要も全くありません。
落ち着いて、対応しましょう。

大丈夫です。

私たちは、十分戦えます。

ウィルスはもとより、根拠なき誹謗中傷とも、同調圧力とも。





posted by 久野晋作 at 07:19| 千葉 ☀| 感染症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする