2021年03月12日

不条理の中で今も生きる。けれども、明けない夜はない。

東日本大震災から10年目の節目の日を迎えました。

議会中継(委員会中継)を自宅で視聴し、各種資料をつくりながら
静かに一日を過ごしました。

みなさんはどのような一日をお過ごしでしたか?

今朝、日課のラジオを聴き、下記のラジオドキュメンタリーを知り
らじおらじるの「聞き逃し」機能を使い、静かに耳を傾けました。

不条理の中で生きる。

このことは、震災の有無にかかわらず、避けられない事実だと思います。


語り手は、俳優の大沢たかおさん。大好きな俳優さんです。

ラジオから伝えられる極めて重い言葉の礫の数々に、様々なことを想起しました。

生きるとは何か?
何の為に生きているのか?
何を成す為に生かされているのか?
自分にできること、為すべきことは何だろうか?

【聴き逃し】10年目の福島からあなたへ
〜詩人・和合亮一が刻む 生きることば〜
NHKラジオ らじる★らじる

📻3月10日(水)午後4:05放送
👂3月17日(水) 午後4:55配信終了




マスクは買い占められる
誰も悪くないのに分断が起き、
互いが隔てられる


10年前の教訓は活かされていない
コロナへの対応と全く重なる
なぜあの時の教訓は活かされないのか


私達は、不条理の中で生きている
不条理の中で今も生きている

不条理は単純なものではない
生きるとは何かという問題に直面している

答えのない問いかけを続けるために
語り合うために、言葉の礫を投げ続ける


刻むように、引っ搔くように
言葉を投げ続けることで
前を向いてゆく切っ掛けになる


けれども、明けない夜はない。

そう強く信じて

不条理なことは尽きないけれど、それでも、明日を、未来を、より良くしていくことが出来るのも、他でもない私たちでもある。

だからこそ、未来を担う子供たちに何をつなげることが出来るのか?真剣に考え、行動しなければならない。

そう強く思う。


【聴き逃し】10年目の福島からあなたへ
〜詩人・和合亮一が刻む 生きることば〜
NHKラジオ らじる★らじる

📻3月10日(水)午後4:05放送
👂3月17日(水)...

久野 晋作さんの投稿 2021年3月11日木曜日


posted by 久野晋作 at 08:31| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする