2018年02月09日

伊勢崎町で勉強会💦

本日10時より、自治体議会政策学会主催の「第20期自治体政策特別講座」を受講しました📝

9FF7411A-6EF5-4761-9BEA-8D6A772C6B82.jpg

開催地は横浜市関内ゆえ、通勤される皆さんと同じ電車でした😊

私は2日目の日程からの参加になりましたが、どの内容も基礎自治体にとって重要で切実なテーマです。参加者に物見遊山的な前近代的な議員は皆無です。

DD66A7D9-13FF-45DF-BD24-487388AEFCE4.jpg

モリ・カケ・スパ、そして、意図を感じさせるような「北の背乗りオリンピック」情報など、ワイドショーネタで盛り上がっているほど、現場を預かる自治体議会は暇ではありません。

まさに時宜を得たセミナーでした🙌
26478DEE-5F3B-4A2D-9548-70DF30440848.jpg

※元気な竹下譲先生にお会い出来、とても嬉しく思っています

81F171FC-362E-4C61-8B25-8994BCBF3692.jpg

2月9日(金)[ 10:00〜16:30]
第3講義 10:00-11:40
自治体のエネルギー政策の動向 ―「世界気候エネルギー首長誓約に向けて」
竹内 恒夫 名古屋大学 大学院環境学研究科教授
エネルギー政策やその体制について都道府県・市町村調査を実施。増加する自治体出資の新電力設立などにより地域エネルギー政策の効果と課題を伺う。

第4講義 13:00-14:40
地方公共団体の歳入構造と今後の展望
関口 智 立教大学教授
自治体財政は改善しているのか。税などの自主財源や地方債の変遷と現状の課題は。これからの社会を支える自治体の歳入の在り方を伺う。

第5講義 14:50-16:30
介護・医療報酬改定と第7期介護保険事業計画
鏡 諭  淑徳大学コミュニティ政策学部教授
2018年4月からの第7期介護保険事業計画策定により、各自治体の「給付と負担」関係はおおよそ整った。しかし、毎回ではあるが介護報酬の改定等がその計画の修正を余儀なくさせる。介護・医療報酬改定の影響を受けて、自治体として取り組むべき政策及び見直しのポイントについて解説をする。


8C742132-F0DB-449B-9C61-1A1B73ACF789.jpg




posted by 久野晋作 at 20:21| 千葉 | 視察・調査研究・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。