2016年01月07日

君国売りたもうコトナカレ(慰安婦問題をめぐる「日韓合意」に関して)

じっくりと聴かせたい。
じっくりと聴いて欲しい。
しっかりと反省して欲しい。

あの人に。




我々は真に目を覚まさねばならない。

誰が歴史を奪い、誰が歴史を書き換え、
誰が国を貶めんとしているのかを。

目を背けたくなる現実を直視せねばならない。
ありもしない幻想を抱き続けてもならない。


異国の地で我々の同胞が、
英霊達の、そして、国の尊厳を懸けて
必死の思いで戦っている。

しかし、その存在を無視するかのように
後ろから矢を飛ばしているのが誰なのかを。

断じて許すわけには行けない。
断じて受け容れる訳にも行かない。

日本人として断じてやっては行けない事がある。

それは、仲間を同胞を裏切る行為であり、筋道を曲げる事だ。


義を重んじ、誠を貫くのが武士の教えであり生き方。
武士の生まれた国として、やってはならぬ事がある。

【海軍五省】が虚しく響く。
 一、至誠に悖る勿かりしか
 一、言行に恥づる勿かりしか
 一、気力に缺くる勿かりしか
 一、努力に憾み勿かりしか
 一、不精に亘る勿かりしか


我々はもう目を覚まさねばならない。

政治家が何処を向いて仕事をしているのかを

正視し、監視し、そして、糺して行くのは他でもない国民である。
其れ以外にはない。

http://nadesiko-action.org/?p=9462Australia-Japan Community Network(AJCN) 代表 山岡鉄秀 氏より「慰安婦問題日韓合意に関する AJCN の見解」(2016年1月2日...

Posted by 山本 優美子 on 2016年1月3日


「お金(賠償?)の問題ではない」 →そもそも、払う必要が無いのだから。 →彼女達は、日本軍が強制連行した訳ではない。 →彼女達は、対価をもらっていたのだから。多額で。 →しかも、すでに日韓基本条約で解決済みなのだから。「在韓日本...

Posted by 久野 晋作 on 2016年1月6日


posted by 久野晋作 at 21:41| 千葉 ☁| 林塾・哲学・思想・政治信条・世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする