2015年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで

朝夕はめっきり寒くなって来ましたが、朝一番で、彼岸の中日のおまいりをしましたにこにこ

父が亡くなり五年。

静かで穏やかなひととき。
虫の声が澄んでいます。

墓石に刻んだ『六根清浄』のとおりに歩んで行きたいと思います。

E77F2CFC-57FD-44C4-A52E-A6EBF868633F.jpg

以下、wiki調べメモする

六根清浄(ろっこんしょうじょう)とは、人間に具わった六根を清らかにすること。

六根とは、五感と、それに加え第六感とも言える意識の根幹である

眼根(視覚)
耳根(聴覚)
鼻根(嗅覚)
舌根(味覚)
身根(触覚)
意根(意識)
のことである。

六根は人間の認識の根幹である。それが我欲などの執着にまみれていては、正しい道(八正道)を往くことはかなわない。そのため執着を断ち、心を清らかな状態にすることを言う。そのため不浄なものを見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないために俗世との接触を絶つことが行なわれた(山ごもりなど)。

かつては登山の際に掛け声としても用いられ、落語の「大山詣り」などにもその様子が描写されている。戦前までは富士山への登山の際にも掛け声として用いられたことが知られている。


posted by 久野晋作 at 10:20| 千葉 ☁| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする