2014年10月04日

【一意専心・原点回帰】

どこまで出来ているだろうか?

反省は本当に尽きる事が無い。

到達すべきは果てしなく遠い。


「大丈夫唯今日一日の用を以て極みと為すべき也」
とは、山鹿素行の言。

全てに言える事は、やるかやらないか。
であり、やっていたかやっていないか。

ただそれだけ。それだけなんだよなぁ…^_^;

でも、闇雲にやっていたんじゃ、話に成らない。

何事も中身が大事、その中身の芯棒が「志」。
確り磨いて、磨いて、磨き切って行こう。

師匠である林先生の言葉を胸に刻み込みたい。





posted by 久野晋作 at 17:00| 千葉 ☀| 林塾・哲学・思想・政治信条・世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする