2014年09月22日

熱いエールに必ずや応えたい…李登輝元総統ご訪日記念講演に参加して

昨日は、林英臣政経塾で共に学んでいる静岡県議会議員の山本貴史さんに御取り計らいをいただき、李登輝元総統のご訪日記念講演(於:東京・大手町サンケイプラザホール)講演に参加させていただきました。

御歳91歳とは思えぬ、力強い言霊を頂戴しました。

Gゼロとも言える、超大国なきこれからの時代において、日本が真に自立をすることを強く強く求められており、その根源と言える「憲法改正」の実現を訴えられました。

中でも「不正常なものは、正常にすべき」という一節が耳に焼き付いて離れません。

「歪な状態」をいつまでも放置しておいては、日本の未来、ひいては、世界の未来は描けない。

李登輝元総統の熱い想いに何としてでも応えねばならない。

会場に集いし皆さんが、きっと同じ想いに至ったコトと存じます。

私自身、魂を焦がしてこの命題(使命)と向き合って行きたいと強く感じ、改めて決意を固めた機会となりました。


写真は昨日の李登輝元総統ご訪日記念講演で、参加者に配布して下さった色紙です。

7FA5A7EE-0FCF-452C-A503-1603C51DF50A.jpg


私は、【信義 誠実 至誠】という三つの言葉がとても好きで、「かくありたい」と常々思っています。

真心には真心を持ってお返しをする。
これは日本精神の骨髄だと思います。


李登輝元総統の渾身の一筆は、私の宝物ですぴかぴか(新しい)

<ご参考>
「日本は憲法改正して自立を」李登輝氏、大阪で講演
2014.9.20 20:55
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140920/chn14092020550003-n1.htm


posted by 久野晋作 at 18:00| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする