2007年03月03日

「ケネディの伝言」と「市民活動の真髄」

市民活動フェア2007-3.JPG 市民活動フェア2007-2.JPG
今年も開催されました市民活動フェア2007

明日も開催されています。百聞は一見にしかず。

アビスタにゴー!ですパンチ


■□■満員御礼!立ち見は二重■□■

市民活動フェア2007-1.JPG

写真は、午前(本日?)のメインイベントとなった、

懇談会:新旧市長が市民と語る
〜我孫子の市民活動のこれから〜
新旧市長によるパネル討論


の模様です。

まさに満員御礼の立ち見状態(○○法もなんのその?)でしたが、市民の注目が集まった証左と言えるでしょう。

しかし、星野新市長が、就任早々に「市民活動団体の代表者による公開(予算)要望の場」という側面を持った感のある場で、(責任ある)発言を求められるのは中々厳しいものがあるように感じました。

そもそも、これは新しい形なのか…?
そもそも、これは○○××なのか…?

判然としないまま、会の進行を見守っていましたが、島藤前代表が、(事前打ち合わせなしで)会のまとめの意見を求められ、
「〜してクレナイ族からの卒業をしなくてはならない」という主旨の発言をされたことと、ケネディ元米大統領の就任演説を引用されたことで、会場の空気が変わったような気がします。

ask not what your country can do for you,
ask what you can do for your country.
  

国が国民に何ができるかではなく、
国民が国に何ができるかを問へ。



※会の内容については別途報告&音声のアップを予定しています。


posted by 久野晋作 at 21:06| 千葉 ☁| Comment(0) | ★活動予定・市内イベント★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。