2013年02月16日

「教育(人づくり)に力点をおくこと」こそ、本市の生きる道。

小学校HPで日本一 2万校から「大賞」に 伸び伸び、圧倒的な情報量 印西内野小 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/123297

Facebookも含め、確かに凄い情報量です目exclamation×2
指差し確認右内野小学校HP


担当者のご苦労は計り知れないですが、公立でもここまで出来るという証左ですね。

リアルタイム内野、今日の給食など、手に取るように、学校の動きがわかります。

本当に素晴らしい!

隣町・印西市での取り組みだけに、とても刺激になりますいなずま

かつて【田園教育文化都市】という基本構想を掲げていた我孫子市。今でも決して色褪せない、我孫子市の本質を捉えた将来ビジョンだと私は感じています。今様に変えるならば【田園教育環境文化都市】こそ、我孫子市が目指すべき方向性。教育(人づくり)に力点をおくことが本市の生きる道だと思っています。

その観点で、現在、3月議会の代表質問を構築中ですあせあせ(飛び散る汗)

時間と会派内での協議の関係で、久野晋作モロだしの質問は出来ないかもしれませんが、一言入魂で臨みたいと思っていますパンチ


小学校HPで日本一 2万校から「大賞」に 伸び伸び、圧倒的な情報量 印西内野小
2013年02月16日 11:26
 全国の小学校ホームページ(HP)を審査する「第10回全日本小学校ホームページ(HP)大賞」で、本県代表の印西市立内野小学校(田浦義明校長、児童377人)が、約2万校の頂点となる大賞に選ばれた。

 保険会社が事務局を務める実行委員会(委員長=村井純慶大環境情報学部長)が主催。児童がHPを使いこなす環境づくりや情報教育推進などを目的に2003年にスタートした。

 内野小のHPは本年度から6年生が中心となり、学校での出来事や興味を持った新聞記事などを紹介する「子ども版サイト」を新設。昨年11月に県内818校の代表となり、全国大会で「グローイングアップ賞」を受賞。10校を対象にした最終選考で大賞に輝いた。


posted by 久野晋作 at 17:00| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする