2007年01月24日

たまには音楽etc

昨日、ここ最近めっきり行っていなかった某CDレンタルショップにいく。

お目当てのシングルCDではなく、ラックに山積みになっていた中古CDが目につき、その中で埋もれていた、かつてのハードロックの女王;浜田麻里のベストアルバムに心が奪われる。210円也。⇒「明らかに買い!」⇒即購入を決める。良い歌はいつ聴いても良いわーい(嬉しい顔)

■格差社会を読み解く。
『新平等社会―「希望格差」を超えて 〜山田 昌弘 (著)〜』
今、大変問題になっている「格差」の問題。この原因は何か?そして、根本的な解決策になるような処方箋はあるのか?客観的な分析、そして、示唆に富む内容。明日、直接講演を聞く機会があるので、理解を深めたい。

■駅頭⇒ポスティング⇒etc.
今朝は、天王台駅南口にて駅頭報告。午後は、選挙期間の関係で中止していた市政リポートのポスティングを実施足 終了時間にはトップリと日が暮れてしまったが、何とか配布完了exclamation 達成感と爽快感と心地よい疲労感を味わう。

■不条理への怒り。
配布途中、作業をされていた方に多岐に渡ってご意見(政治社会一般に対する怒り・不満)をいただく。

「税金の使途」に関してや、政治に関する不祥事に関して我慢の限界に来ていること、真面目にやっている人がバカを見ることへの怒り、給食費の未払い問題、ネグレクト、(核家族化における)介護(⇒相続)問題など、現代社会の不条理に全般ついての怒りをぶつけていただく。

内容としては、市政に関する問題と言うより、国政や社会全般にわたる話が多かったが、「現代人のモラルは地に落ち、社会全体が歪んでいることに大いに憤りを感じ、遣る瀬無さを感じて止まない。議員と言う立場にいるものや、国の仕組みを作っているもの(官僚)に本気で何として欲しい」という主旨のご意見だった。

この怒りを、受け止め、集約し、発言し、行動に移し、是正したり結果を出していくことが私たちの使命。後は、それを押し上げたり、下支えする主体性を持った行動的な「間断なき民意」が必要だと感じている。

■心の支え〜仲間・支持者・家族〜
私の仲間の地方議員も各地で様々な活動を展開し、様々な妨害にもめげずに歯を喰いしばって頑張っている。彼らや支持者や家族のことを思えば、ちょっとやそっとのことでヘタレたり、凹んでいる訳にはいかない。そう思う今日この頃である。
posted by 久野晋作 at 21:35| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。