2006年07月05日

ピンチをチャンスに変える。

逆境は最大の勝機なり。

今日は、「北」のmissile発射問題で丸一日Newsジャックされています。

しかし、その危険性が認識されていたにもかかわらず、【今日に至るまで、責任ある立場にある政府与党が根本的な対策を取ってこなかったことから「今回の事件(有事)」に至ってしまった】という側面「が」あることを私たちは忘れてはいけないと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
太平の眠りを覚ます北のmissile
たった?7発で夜も眠れず…。


残念ながら、今更慌てふためいても何も始まりません。

東アジア外交を見つめなおす契機というか、最後のチャンスと見るべきなのかもしれません。折りしも、韓国は日本の排他的経済水域に、当たり前のように調査船を出し、そして一歩も引きません。中国はそれを静観しています…。本当にこれで良いのでしょうか?

また、アジア全体の中での日本の立ち位置はどうあるべきか?
について真剣に考えているのだろうか?その具体的な戦略はあるのか?

ちょっと不安になりませんか?
このままでイイワケナイって。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【虎の威を仮る狐たち】
いわずもがなですが、だからといって、「武力を前提とした対抗策(措置)」を取ることは賢明な選択とは言えません。むしろ、関係を悪化させることに繋がりかねません。

しかしながら、【虎の威を仮る狐】よろしく、「日米同盟!日米同盟!それさえあれば天下泰平!」と叫びすがっていれば、目の前にうずたかく積み重ねてしまった負の遺産とも言える外交課題の全てが、雲散霧消に解決できる…そんな錯覚に陥ってしまった(国民にそう思わせようとしている)政府の要人たち。

本当に悲しい現実です。

私たちが取るべき選択はそうではないと思います。

真の独立国として、世界の平和のために、「日本ならではの外交」を実践・展開していくべき時なのではないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講演のご案内です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下記の講演会は私が同人として参加している「がんばろう、日本!」の定例講演会です。まさに「旬の話題」といえます。この機を逃してはいけないとも感じます。

小泉政権下の三つの赤字の一つである「外交課題」について、慶応大学の添谷教授がお話されます。2005年5月に行われた第66回定例講演会「日本外交に問われるもの」に続いてのご登壇です(2005/5/11日誌「key point」)。

参加は会員に限定されておらず、どなたでも参加可能です。

ご一緒にこれからの未来志向(思考)の外交について考えてみませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第74回定例講演会;「ポスト小泉の外交課題を考える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●講師:添谷芳秀・慶應大学教授
 ●日時:7月13日(木) 18時30分より
 ●場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)「阿蘇」
 ●会費;会員:1,000円/一般:2,000円
posted by 久野晋作 at 19:11| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。