2006年04月03日

風雲急を告げる

春風もここまで吹くと、春の嵐と言ったほうが良いかも知れません。
昨日は強風の後の夜半の強い雨、そして、今日は突風の連続。

「風雲急を告げる」と言いますが、何か予感させるものがあるようにも思えて仕方ありません。風が強い日は気持ちも落ち着かず、何か忙しない気持ちになりますが、皆さんにおかれましては如何でしょうか。

自己問答
現状年四回開催されている定例市議会で取り上げられる議案やテーマも、年々より深いものになっており、深い思考を求められています。その関係もあって、自分自身への問い掛けを行うことが多くなっています。

平成19年
来年は、いわゆる「選挙year」となります。

平成19年1月の我孫子市長選を皮切りに、4月の統一地方選(我孫子市においては県議会議員選)、7月の参議院議員選、そして、11月の市議会議員選。と、ほぼ3カ月おきに様々な選挙がやって来ます。

選挙選挙の連続で食傷気味になった暁に市議会議員選挙となるのが厳しい所ですが、良い意味で考えれば、来年は絶好のチャンスと言えると思います。これだけ短期間の間に集中して「政治を身近に意識できる機会」は早々無いからです。

新年度にかける想い
その意味においても、純粋に議会活動に集中出来るのは今年度だと思っています。周囲の雑音や雑事に捉われることなく、「今、何が求められていて、何が不要不急のモノなのか?」をシッカリと精査し、キッチリと実績を残していく年度にしたいと考えていますパンチ
posted by 久野晋作 at 19:14| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする