2009年10月25日

同志の勝利。

今日は生憎の雨模様でしたが、私の知人であり同志でもある二人の選挙の日(投開票日)でした。鎌倉市長選には松尾たかしさん、千葉市議会議員補欠選挙(稲毛区)には田沼隆志さんが、それぞれ無所属で挑戦され、両名ともに圧勝されましたぴかぴか(新しい)

松尾さん、田沼さん、そして、両陣営の皆様。
本当におめでとうございました!


お二人とも、林英臣政経塾の同期生(@関東)として昨年一年間、月一度の例会で寝食を共にし、同じ志のもと活動している仲間で、この間、関東地区の塾関係者はもとより、関西方面からも多数の仲間が駆けつけ応援させて頂いていましたくつカラオケ

最終日となった土曜日。私は松尾さんの応援に入らせていただきましたが、降りしきる雨の中、傘もささずに、ひた向きに訴える候補者、そして、同じく傘もささずに見守り、手を振り声を枯らして応援し続けたボランティアスタッフの皆さんの姿を見るにつけ、久しぶりに胸が熱くなりました。

多くの仲間に支援されているお二人の選挙を間近で拝見させていただき、「誰の為に、何の為に立ち上がったのか?」という自分の原点を強く思い起こしました。そして、この原点がある限り、折れずに、ぶれずに、真っ直ぐに戦っていけると確信しました。

世の為、ヒトの為、公の為に生きる。

非常に青臭い言葉になってしまった感は否めませんが、真剣にこのことを実践しようと戦っている同志が各地に居ます。今は「点在」というレベルかもしれませんが、そのネットワークが強固になり、大きなうねりを生み出していく原動力になる日はそう遠くないと思います。「その日」のために、しっかりと自己研鑽を積み、より精力的に活動して行きたいと思いますパンチ



posted by 久野晋作 at 23:59| 千葉 ☁| 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする