2008年12月05日

回りを変えたいなら、先ずは自分が変わること

下記は、11/16(日)の【ちば地域議員フォーラム】を終えての振り返りで、私が参加している「がんばろう、日本!」国民協議会の機関紙「日本再生355号(2008/12/1発行)の地方議員コラム「一灯照隅」に掲載された生記事(編集される前の記事)です。原稿が6000字を超える長文のため、分割して掲載させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
回りを変えたいなら、自分が変わること(その壱)
〜11/16フォーラムを終えての気付き〜

11月16日(日)午後6時20分より、我孫子南近隣センターにて「ちば地域議員フォーラムinあびこ」を開催いたしました。「ちば地域議員フォーラム」とは、千葉県内の同人議員で構成される地方議員のグループです。

今回の開催は、一昨年9月に「二元代表制と議会改革」「ローカル・マニフェスト」をテーマに我孫子を皮切りに各地を持ち回りで開催した前回のフォーラムに続くものとして企画しました。

今回は「市民が動いた!議会が変わった!!」と題し、会の前半では埼玉県越谷市の副市長一人制をめぐる約一年間に渡る攻防を中心に、越谷のまちづくりを語る会・市民メンバーの西川同人と白川秀嗣同人(越谷市議)の2名から基調報告を、後半は白川同人をコメンテーターに迎え、ちば地域議員フォーラムの窪田同人(富里市議)、幸正同人(白井市儀)、泉同人(鎌ヶ谷市議)、そして私の四人でパネル・ディスカッションを行い、基調報告を受けて各地の議会の現状や市民との関係性等について報告・討議を行い、前後半を通じて「あるべき政治、あるべき社会」を実現するために、「市民と議会はどのように向き合っていくべきなのか」について、参加いただいた皆さんと一緒に考えていくことを目的として開催しました。

前半の基調報告では、西川同人から、区画整理事業問題を通じて市政運営に強い疑問を覚え、関わりを持つようになったこと、新市長擁立に至る格闘、そして、副市長一人制をめぐる署名運動にいたるまでの活動について詳しくお話いただきました(副市長一人制をめぐる運動に関しては、「日本再生349号の一灯照隅」にて詳しくご報告されています)。

最後に「議会と向き合うとは、ベストではなくとも、ベターな方策を見つけ行動に移していくこと、そのエネルギーをずっと持ち続けている主権者であること。そして、絶対に白紙委任してはならないことではないか。過剰な利便性を期待しない、要求しない。常識を逸脱した要求は地球温暖化対策にも棹差すことになり、一市民として社会的責任を果たしていることにはならない。」「中々思うようにことは進まない。考え方の多様さに翻弄される毎日だが、それでも主権者は永久運動として議会と向き合っていかなければならない。」と結ばれました。

白川同人は第五回大会の行動指針を紹介し、この間の情勢がどのようであったか、また指針を受けて越谷でどのように活動されてきたのかを報告されました。

「政策や公約中心に選挙が行われていない現実、結果として与野党意識の抜けない議会。政策で一致していない為、当面の利害で一致し動いていく総談合体制の議会であったこと。」「選挙の文化を変えるため、会派を横断して統一の政策を掲げて選挙を実施したこと(13名→15名)。」「政策を実現する為には議会で過半数を握ること(当たり前のことだが、この当たり前が中々出来ないことである)」「議会は本来合議し決定する機関である。議員同士の議論は未だに出来ていないが、合意形成を作る執念の闘いを展開していること」「今回の請願の特徴は、賛否を問わず議会で議論せよ!と、議会の職務放棄を正したものであること」「議会の可視化の必要性」「議会の本来の役割とは、多様または対立する意見を集約・合意し、一定のパブリックの方向性を出すこと。その方向でいかに市長との緊張関係を醸成するかであり、この点に一番焦点が当たっていること」等について報告されました。

この後、会場からの「オール与党化している(議論のない)状況であれば議会は要らないのではないか。(議員は)目先のこと・自分のことで手一杯になっている。本当に二元代表制が機能しているのか、そうでなければ、制度自体を見直す議論が有っても良いのではないか。」という質問に対し、白川同人から「民主主義とは、たった一人の首長に全てを任せることではない。多様な意見を集約し合議し討議するのが議会であり、日常的に市民に近い存在なのは市会議員であるはずだが、地方議員としての本来の役割を担っていないことから議会は必要ないという意見は判らなくはない。しかし、主権在民の立場から言えば、最も重要な部分をスルーしているということを(「議員がより強く自覚すべきことは当然のこと」だが)主権者の皆さんは自覚していただきたい」と回答されました。
(その弐に続く)
posted by 久野晋作 at 00:55| 千葉 | ◎市政報告会◎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする