2020年04月15日

まちの機能を止めないために、医療崩壊を起こさぬためにも。月末までの2週間、がんばりましょう!

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

市役所、保育所、警察署…など、市民生活に欠かせない公的部門においても、感染者が出始めています。

発症には1週間から2週間ほどのタイムラグがあるため、月初の段階で感染源との何らかの接触(業務上不可避)があったものと思われます。

不特定多数の方との接点が多くなる公的部門において、感染防止を完全に図ることは非常に厳しいと思料するところです(歓迎会・宴会等は論外として…)。

感染の連鎖を断ち切る(我々一般市民ができる)有力な手段は、「外部との接点を極限まで減らす」こと。

すなわち外出機会を極限まで減らし、(不特定多数の他)人との接触を出来る限り減らすこと。

ゆえに、GW明けに(一定の制約は避けられないとしても)日常生活を取り戻せるか否かは、4月末までの2週間が大きな鍵を握っています。

どれだけ私たち市民が、協力し、養生し、節制していたのか?が、如実にあらわれます。

今が踏ん張りどき😤

力を合わせ、がんばりましょう!


#コロナに負けない #stayhome
#がんばろう我孫子 #がんばろう日本

4C86D06E-CB70-471B-B5A0-8D601E84E0D2.jpg









posted by 久野晋作 at 23:58| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする