2020年04月13日

ソーシャル・ディスタンスってなんぞね…(・・?)

新型コロナ対策にはじまった事ではないながら…
🔴ソーシャル・ディスタンス
🔴クラスター
🔴ロックダウン
🔴オーバーシュート

横文字の乱用があまりに過ぎていて、訳がわからない…

私もその一人です。

どうにもパッとしない…。
どうにも頭にスッと入ってこない…。

分かった様でいて、ちゃんと理解できてない。

そう。日本人には、当たり前のことながら日本語!

さらに。言葉より、共通の認識をモテるもの…💡

・・・・・

「ソーシャル・ディスタンス」という言葉を、
イメージしやすく、かつ、理解できる様にするには…
「馴染みのあるデザイン」で表現すること。

✅マグロ一丁!
✅たたみ一枚分(長辺の方)
✅1ビートルズ(ポール、ジョン、リンゴ、ジョージ)


確かに、これは妙案🙌

ということで、Facebook投稿記事をシェア(共有・転用?)させていただきました。



どうです?

すごくわかり易くないですか (^ー^)


難解?で、不可解?で、魑魅魍魎…な政治の世界も、
こうして馴染みのあるデザインで。。。スッキリしたいものです。

****************

🔴クラスター…「かたまり」「集団」
→「人が密集する空間」
*「クラスター感染」
…人が密集する空間により感染すること

🔴ロックダウン…「都市封鎖」
→公共施設など安全確保のため、建物の封鎖を行い、屋外での活動や移動を制限すること

🔴オーバーシュート
…重大局面???(小池都知事がボードで使用)
外国の方にも意味不明らしい「誤用」…の様ですね

新型コロナクラスター対策専門家のTwitter( @ClusterJapan )
「爆発的な感染者の増加のことをいいます。2〜3日で累積感染者数が倍増するようなスピードの感染者数の増加が継続的に続く状態をいいます。このような状況では、外出や移動の制限など速やかな対策が必要になります。」


とのこと…ですが、できる限り、素直に「美しい日本語」で表現していただけると有り難いですね☺️

3554EA26-DB48-4851-B400-C9702ECB6300.png













posted by 久野晋作 at 23:59| 千葉 ☔| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする