2016年12月28日

【和のくに日本】

安倍首相が日本の首相として、はじめて真珠湾を訪問し
アリゾナ記念館にて「和解の力」と題した演説を行いました。

【安倍首相真珠湾訪問】「和解の力」 安倍晋三首相の真珠湾での演説(全文)


推敲に推敲を重ねられた素晴らしい演説だと感じ入りました。

戦争の惨禍は、いまだ世界から消えない。
憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。
寛容の心、和解の力を、世界はいま、
いまこそ、必要としています。
憎悪を消し去り、共通の価値のもと、
友情と、信頼を育てた日米は、いま、いまこそ、
寛容の大切さと、和解の力を、
世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。



憎しみは憎しみしか産まない。

当時の真珠湾は軍港であり、
ヒロシマ・ナガサキは無辜の民が住み暮らしていた市街地。

それゆえ、二つの出来事を同列に論じられることは、
我々日本人にとって全くもって受け容れがたいことだけれども。

米国の方が安倍首相の演説を聴き、
心の棘がいくばくかでも取れたならとても嬉しい事ですね。

オバマ大統領のスピーチは確認していませんが
私は、少し胸のつかえが取れました。

「和を貴ぶ国」それが日本の使命であり、国是の根幹。

混沌を極める世界において、我が国の果たす役割は
極めて大きいと改めて感じた次第です。


続きを読む
posted by 久野晋作 at 09:08| 千葉 ☀| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。

本日、12月議会が終わりました。

取り急ぎ、端的にご報告します。

上程された議案は全て可決されました。

私は、議案第10号、13号の2議案には反対致しました。
12月議会:定例会情報

仔細につきましては、後日改めてご報告させていただきます。


智に働けば角が立つ。
情に掉させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。

…夏目漱石「草枕」より転記


昨日のブログでも引用した「草枕」。
ずっと頭の中でヘビィーローテーションしていたこのフレーズ。

クールダウンさせるには、諸事環境を変えねば…と痛感しました。

…以下は、冒頭部分の続きです。

住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟ったとき、
詩が生れて、絵ができる。
人の世を作ったのは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三件両隣にちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、
越す国はあるまい。
あれば人でなしの国に行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
越す事のならぬ世が住みにくければ、
住みにくいところをどれほどか、
寛容て(くつろげて)、束の間の命を、
束の間でも住みよくせねばならぬ。

…腸をグッと掴まれるような言霊です。
posted by 久野晋作 at 23:59| 千葉 ☀| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

「筋道が立っているか?そうではないか?」…私の議案見極めの視点です。

おはようございます。我孫子市議会議員の久野晋作です。

昨日のブログ「行政機関は何の為に市民や外部の声を聴くのか?」で報告いたしましたとおり、平成27年7月に千葉県から移譲された「手賀沼親水広場」と「水の館」に関し、今議会の論点である【議案第10号】「我孫子市手賀沼親水広場の設置及び管理に関する条例」が上程され、昨日、所管する環境都市常任委員会で議案審査が行われました。

審査の模様は、いつものとおり会派室からインターネット議会中継を通じて視聴しましたが、お昼休みを挟んで長時間に渡り審査が行われ、質疑が出尽くした後の委員会採決では、委員長を除く委員のうち、賛成5名、反対2名となり、所管を預かる委員会としては、多数をもって可決すべきと判断した形となりました。

私は、基本的立場として農業振興に寄与せんとする施策に対して反対の立場を取る訳ではありません。そのことは誤解無きよう明確にお伝えしておきたいと思います。しかしながら、市長をはじめとする市当局の「農産物拠点施設の開設にかかる一連の政策立案および事業の進め方」には大きな疑問を抱いていると共に、市政運営において悪しき慣例を形作ってしまう事への懸念を抱いています。

質疑の中で特に気になったのが、指定管理者制度の導入目的との整合性についての西垣委員からの質問に対する担当課長の非常に苦しい答弁でした。このやり取りに全てが凝縮されているように私は感じました。

具体的には、指定管理者制度の根幹である「目的」に合致していないことが頭では分かっており、政策の立案および実行に際し、無理に無理を重ねていることで仕組み上、整わない部分が数多有ることも分かっているにも関わらず、それらに目をつぶってもらうことを期待し、情に訴えるような形で施策への合意を取り付け、推進して行こうという姿勢です。

ちなみに、担当課長に一連のすべての責任が有るとは基本的に考えて居ません。回りまわって担当することになった課長としての立場上の厳しさや苦しさ、一方、施策の推進にかける意気込みは理解する所です。こうなってしまうのも致仕方ないと感じる部分は大です。だからと言って、こうした課題や筋道の通って居ない現状を良しとする事は出来ません。

私達の会派は、反対を前提とするのではなく、農業振興を前提として、この間、課題の解決や改善のための提案も行って来ましたが、それらが登用され斟酌された形跡は残念ながら見られませんでした。「聴き置かれた」というのが率直な受け止め方です。

市民サービスの向上と経費の節減を図るため指定管理者制度を導入しています
●我孫子市では、平成18年4月から市が設置した文化施設や社会福祉施設など「公の施設」の管理運営に「指定管理者制度」を導入しています。
●指定管理者制度は、平成15年の地方自治法の改正によってできた新しい制度です。
●これまで「公の施設」の管理運営は市の出資法人などの公共的団体にしか委託できませんでした。
●しかし、指定管理者制度の導入により、民間の事業者やNPO法人、ボランティア団体など幅広い団体の中から、市に代わって管理する団体(指定管理者)を指定できるようになりました。
●公の施設の管理という公共サービスに民間の能力やノウハウを活用することで、市民サービスの向上と経費の削減を図ることを目的としています。

上記は、指定管理者に就いての市の考え方です。

平成15年9月施行の地方自治法の一部改正により、公の施設の管理について「指定管理者制度」が創設されました。これにより、従来は地方自治体の出資法人等に限定されていた公の施設の管理が、民間企業や各種法人、その他の団体も行うことが可能となりました。
指定管理者制度導入の目的は、公の施設の管理に民間のノウハウや活力を活用することで公共サービスの向上とともに、経費の削減等を図ることにあります。

上記は、昨日紹介した「我孫子市指定管理者制度導入指針」の「指針の位置付け」において、指定管理者制度の導入目的が述べられている一節です。

二つの規定で明らかなように、我孫子市が指定管理者制度を導入している主目的、いうならば、この制度に期待する政策効果は、@公共サービス(市民サービス)の向上、A経費の削減の二点です。

この二点を達成することを大前提として、農産物拠点施設の管理運営に「指定管理者制度の適用」を図るのであれば、「なるほど」となります。

しかしながら、この間の市当局からの説明、そして今議会における本会議や所管の常任委員会の質疑を通しても実態はそうではないのが明白です。

原理原則にこだわるあまり、目的を見失い、達すべき便益を市民に提供できない、または、市の利益にならなくなることは避けねば成りません。

とはいえ、公金を預かり、その公金をタネセン(原資)として各種の政策立案をし、議会における審査と議決を経た後に、行政事業を展開して行くことを認められている行政運営の要であり、規範意識の無い行政運営が当たり前に罷り通って行くとすれば、市民の負託をいただいき議会審査および議決の場に臨む者として、到底認める訳には行きません。

様々な事情は有れども、手続き上の瑕疵、落ち度、抜けがあれば、それらと真摯に向き合い、賛否を含めて真摯に指摘を受け止めた上で、昇華させて行くことが肝要です。それが市民と行政との信頼関係であり、議会と行政との信頼関係を構築していく上で不可欠「筋道(物事の道理、物事を行うにあたっての踏むべき順序・手順)」だと私は考えます。

智に働けば角が立つ。
情に掉させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。

住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟ったとき、詩が生れて、絵ができる。

人の世を作ったのは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三件両隣にちらちらするただの人である。

ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国に行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくいところをどれほどか、
寛容て(くつろげて)、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。


上記は、夏目漱石の代表作である「草枕」の有名な一節です。

この冒頭のフレーズが期間中、頭の中で“グルグルぐるぐる”とリフレインしています。


本日、午後一時から、平成28年第4回定例会(12月議会)予算審査特別委員会が開会され、委員として当該議案も関係する「(議案第13号)平成28年度我孫子市一般会計補正予算(第3号)の審査」に臨みます。

論点はこれだけではありませんが、
「筋の通った市政運営」を目指して、入力不力で臨みたいと思います。

なお、審査状況は我孫子市議会議会(ネット)中継にてご確認いただけます。現在の所、お手持ちのスマートフォンや、ブラウザ等の環境によっては閲覧できませんが(来年改善予定)、直接の傍聴も含めて、審査にご注目いただければ幸いです。
posted by 久野晋作 at 09:54| 千葉 🌁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

雨ニモマケズ

たどたどしいながらも、

絵本の朗読をし始めた娘に、


宮澤賢治の「雨ニモマケズ」

をルビ付きで作成


8FA52307-A206-44E1-AB20-86142A682D62.jpg



サウイウモノニ

ワタシハナリタイ


本当に味わい深い賢治の遺作(メモ)


パウチしてお風呂で読みます♨️


ちなみに息子には「教育勅語」📃


覚える速度は息子には敵いません😅


今日も元気にがんばろう😄‼️

posted by 久野晋作 at 07:24| 千葉 ☀| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

行政機関は何の為に市民や外部の声を聴くのか?

こんばんは。我孫子市議会議員の久野晋作です。

以下、12月16日の記事の続きを記します。若干、説明が長くなりますが、ご一読いただければ幸いです。


今議会において、平成27年7月に千葉県から移譲された「手賀沼親水広場」と「水の館」に関し、議案第10号「我孫子市手賀沼親水広場の設置及び管理に関する条例」が上程されています。

市では、この条例(案)に先立ち指定管理者の導入指針」を11月末に改正し、「公募によらず、指定管理者を選定する」ケースを新たに規定しました。

平成15年9月施行の地方自治法の一部改正により、公の施設の管理について「指定管理者制度」が創設されました。これにより、従来は地方自治体の出資法人等に限定されていた公の施設の管理が、民間企業や各種法人、その他の団体も行うことが可能となりました。
指定管理者制度導入の目的は、公の施設の管理に民間のノウハウや活力を活用することで公共サービスの向上とともに、経費の削減等を図ることにあります。我孫子市では、平成18年4月から6施設に指定管理者制度を導入し、一定の成果を挙げてきました。
この指針は、その成果を踏まえ、指定管理者制度をさらに効果的に活用するため、導入についての考え方や手続きのほか、制度導入後の対応等について、市の統一的な考え方を示すために定めるものです。
(「指定管理医者の導入指針(平成28年11月一部改正)…T.指針の位置付け」より転記)


この指針は「議決案件」では無いため、行政の内規(内部のルール)として変更出来、「水の館内(1F)に新たに設置する農産物拠点施設」の管理を「公募によらず、株式会社あびベジに選定(→平成29年3月議会の議決を経て指定を予定)する」為に、変更(改正)されたものです。

16日の総務企画常任委員会で議論となったのが、「指定管理者の候補者の選定にあたっては、公募を原則とします」としていた所を、以下の通り、ただし書き他を追記することで「公募によらず、指定管理者の候補者を選定する場合」について新たに規定された点についてでした。

(1) 公募による選定と公募によらない選定
指定管理者の候補者の選定にあたっては、公募を原則とします。ただし、公募しても応募がなかったときや、審査の結果、指定管理者の候補者として適当な団体がいなかったとき、また、次に掲げる場合で特に必要があると認めるときは、公募によらず、指定管理者の候補者を選定することができます。その際は、指定管理者選考委員会の意見を聞かなければなりません。その上で、説明責任を十分に果たすため、競争による選定を実施しない合理的な理由を指定管理者選考委員会の意見と合わせて、ホームページに掲載することとします。
ア 地域コミュニティの醸成、市民活動の推進や施設の有効活用等を図るために、地域の住民や施設利用者等により構成される団体が管理運営することが適当であると認められる場合
イ PFI事業により管理運営を行う施設で、事業者が決定した場合
ウ 障害福祉施設等で現在の施設利用者の意見を聴取する等により状況を把握して考慮したうえ、現在の団体が引き続き管理運営することが適当であると認められる場合
エ 同じ区域に市が管理する施設とその他の自治体の施設が混在している場合に、同一の管理者がすべてを一体的に管理することで効率的な運営、利用者の利便性が向上すると期待される場合
オ 指定管理者の指定を取り消した場合に当該指定管理者が管理していた施設について、直ちに指定管理者を指定しなければ著しく公益を損なうと認められる場合
カ 地域の活性化や産業振興の観点から、地域密着度の高い施設において、地域の実情に精通している団体等が運営することにより、当該施設の設置目的が達成される場合


「公募によらずに指定管理者の候補者を選定すること」のみをもって、否定するつもりはありませんが、
公募によらず、指定管理者の候補者を選定する際は、
@指定管理者選考委員会の意見を聞かなければなりません。
Aその上で、説明責任を十分に果たすため、競争による選定を実施しない合理的な理由を指定管理者選考委員会の意見と合わせて、ホームページに掲載する
と、市は敢えて規定した訳です。

内田議員からの「指定管理者選考委員会の意見(総意)が、公募によらない事に対して否定的であった場合、どうするのか?」との質問に対し、担当次長は「選考委員会の意見は意見として聴くが、市の判断が異なることは有り得る」、つまり「あくまでも参考として聴き置く」と、何の躊躇もなく答弁したことに対して、私は大いに違和感と問題意識を持った次第です。

「指定管理者選考委員会の意見(総意)が、公募によらない事に対して否定的であった場合」というのは仮定の話ですから、必ずしもそうなるとは限りません。

しかしながら、指定管理者制度の導入以来、公募を原則として来た指定管理者の候補者の選定ルールを敢えて変更し、「指定管理者選考委員会の意見を聴き、説明責任を十分に果たすため、競争による選定を実施しない合理的な理由を指定管理者選考委員会の意見と合わせて、ホームページに掲載する」と規定したのですから、端から「参考として聴き置く」という姿勢であるならば、何の為に選考委員会を設置するのか全く意味が分かりません。

そうならぬ事を強く求める次第ですが、言葉の端々に真意は出るものです。

市民の理解と信頼あっての行財政運営であり、市政運営です。

筋道の通った市政運営にして行かねばならないとの想いを強くした次第です。

posted by 久野晋作 at 21:27| 千葉 ☀| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

12月議会後半戦:常任委員会の審査に入りました

本年最終議会が開会中ですが、本日から常任委員会の審査に、言うなれば、後半戦に入りました。


常任委員会では、上程された議案を主として審査して行きます。

我孫子市議会は、議員定数の減員に伴い現在3つの常任委員会を設置し、各常任委員会に8名ずつ議員が所属しています。現在、私は教育福祉常任委員会(および議会運営委員会)に所属しています。
▼総務企画常任委員会(8名)
※主な所管事項…総務、広報、企画、財政、住民記録、市民活動、防災、消防など
委員長 椎名幸雄 副委員長 海津にいな
委員 茅野理、甲斐俊光、坂巻宗男、戸田智恵子、内田美恵子、佐々木豊治

▼教育福祉常任委員会(8名)
※主な所管事項…福祉、介護保険、国保、保育、教育、スポーツ、図書館など
委員長 江原俊光 副委員長 芹澤正子
委員 松島洋、澤田敦士、印南宏、関勝則、久野晋作、岩井康

▼環境都市常任委員会(8名)
※主な所管事項…商業、農業、環境、道路、交通、上下水道、都市計画、公園、住宅など
委員長 飯塚誠 副委員長 高木宏樹
委員 日暮俊一、西垣一郎、早川真、木村得道、豊島庸市、野村貞夫
(以上、敬称略、会派順))


本日の総務常任委員会の審査内容は会派控室で聴きましたが、上程された議案は全て可とすべきと判断されました(「全員一致で可」と「多数をもって可」に分かれましたが、すべて「可」と判断されました)。

委員会審査においては、委員会の所管する事項についても議論が行われます。

今議会において上程された議案に密接に関係し、本会議に置いて早川議員も取り上げた「指定管理者の導入指針(平成28年11月末改正)」において、「公募によらず、指定管理者を選定する」ケースについての内田委員からの質疑に対し、「市民の声を聴き置く」と言わんばかりの答弁が有り、耳を疑い、思わず会派室で声をあげてしまいました。

この続きは、後日改めて記します。
posted by 久野晋作 at 23:40| 千葉 ☀| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

我孫子市議会・一般質問2日目

おはようございます😄

本日は、一般質問の2日目です。
質問要項は下記でご確認いただけます👀

私は明日の午前2番目の登壇です。
インターネット議会中継を含めて、是非ご覧下さい


平成28年第4回定例会(12月議会)一般質問日程・要項:我孫子市公式ウェブサイト

posted by 久野晋作 at 08:31| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

我孫子市が【防災情報アプリ】で防災情報の配信を開始しました

耳👂より情報です。
我孫子市では、平成28年12月8日から、ヤフー株式会社が提供するスマートフォン用アプリ「Yahoo!防災速報」を活用して、市内地域を対象とした防災情報の配信を開始しました。
今後、「災害が発生するおそれがある」または「災害が発生した」場合に、避難情報や避難所開設情報などの防災情報を配信します。
スマートフォンや携帯電話をお持ちの方は、ぜひご利用ください。
(ヤフー株式会社とは災害時に係る情報発信等に関する協定を締結しています。)
以下、我孫子市サイトをご覧ください


昨日、知人の地方議員の方のfacebook投稿を拝見して、「おぉ便利なものが有るなぁ…」と感心し、アプリをダウンロードした所、その後、我孫子市がこのアプリを運用開始することを確認し、これは良いことだとtwitterで投稿した所です。




我孫子市 防災情報アプリ我孫子市では、この間「メール配信サービス」を活用し、「火災情報」「放射線情報」「選挙情報(速報)」「防災・防犯情報」「防災無線情報」「保健センターだより」「子育て応援情報」「不審者情報」を配信して来ましたが、普及の進むスマートフォンに対応した、こうした情報発信はとても素晴らしい取組みだと思います。

現在稼働している「メール配信システム」も、市政に係る情報を多岐に渡って発信しているので、とても有用性が高いと思いますが、「スマートフォンアプリ」のメリットは、「プッシュ通知」による情報伝達の確実性と情報量の多さ(視認性)に有ります。

備えあれば憂いなし。
まさかの時の一助として。

「メール配信システム」と合わせて、是非ご登録(ダウンロード)し、ご活用下さい!

平成28年12月9日
我孫子市議会議員 久野晋作

posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

12月議会開会

こんばんは。我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日より、平成28年度第四回定例議会(12月議会)が開会しました。

会期日程はこちらです。

開会直後に副議長選挙が行われ、甲斐俊光議員が選出されました。

私は9月議会に引き続き、一般質問に立ちます。

発言通告内容(質問項目)は、以下の通り、生活に身近な課題について取り上げますが、
昨年の選挙公約の実現を期して取り上げた項目でもあります。

◆道路生活環境の美化推進について
(1) 市の取り組み状況と課題認識について
(2) 我孫子市道路アダプト・プログラム(A-rap)について
ア. 加盟および活動状況について
イ. 課題について
(3) 美化推進に向けた更なる取り組みについて

◆「安全安心なまち我孫子」の確立に向けて
(1) 高齢者の運転免許自主返納の促進と対策について
ア. 返納に向けた取り組み状況について
イ. 自主返納者に対する市としての優遇措置の実施について
ウ. 自主返納者に対する民間の優遇措置実施の推進について

(2) AED(自動体外式除細動器)の設置について
ア. 充足率についての市の基準(見解)について
イ. コンビニや小売店等への設置協力について

(3) 児童生徒への防災教育および災害への備えについて
ア. 防災活動の担い手としての防災教育について
イ. 防災頭巾の有用性について
ウ. 防災ヘルメットの支給または購入費の補助について


一般質問は来週月曜日からの3日間行われます。

“選ばれるまち・我孫子”めざして、2年目となるシリーズも気を引き締めて臨む所存です。

引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 久野晋作 at 21:29| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

恒久的な平和の実現のために

1945年8月9日午前11時2分。

米軍により長崎に降下された悪意の詰まった一発の爆弾が、
多くの無辜の民の命を奪い去り、そして、何の罪もない人々を
長年に渡りその被害で、肉体的にも精神的にも苦しめ続けている。

いうまでもなく、
私達は絶対に忘れてはいけない。
私達は絶対に忘れるわけにもいかない。

この卑劣極まりない、非人道的な殺りく行為を。

「赦し」という言葉は、この行為には当たらないと私は考えている。

同じ人間として、有り得ない行為だからだ。


今年、バラク・オバマ氏が現職の米国大統領として初めて広島を訪れた。

彼の国が、我が国に、ヒロシマとナガサキの地に、
その地に生きる何の罪もない人々に対し、
人類史上初めて行った極めて愚かで残虐な行為を、

絶対に忘れさせてはならないという思いを私は強くする。



本年度長崎へ派遣された市内中学生(6校12名)の報告会をはじめ、【平和の集い〜我孫子から平和を願う〜】が「けやきプラザ」にて開催され、拝見させていただきました。

とてもよく準備され、まとめられた内容でした。
中学生達の主体性と問題意識を持って、取り組まれたものと思います。

貴重な資料を貸与して下さった長崎市に、そして、準備設営等に奔走された全ての関係者の皆様に心より感謝申し上げますと共に、我々が、今、当たり前に享受している平和は、如何にして実現されているのか、そして、如何にして子々孫々に繋いで行くかについて思いを致した次第です。


明日からは今年最後の議会が開会します。
気を引き締めて臨みたいと存じます。



追伸:
会場受付にて、参加者に渡された折り鶴用の色紙。

「折れないかも知れませんが…」と言われ渡された時は戸惑いを隠せませんでした😅

私は「折れないヒト」に見えるのかな…。

もちろん、ひと折りひと折り気持ちを籠め、端もピシッと揃えた折り鶴。
帰りがけに、派遣中学生に確りと渡したことをご報告いたします(^-^)
posted by 久野晋作 at 23:16| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする