2016年10月28日

小中一貫教育推進中学校区・布佐中学校区公開研究会に参加して

一昨日、布佐中学校(区)で開催された【小中一貫教育推進中学校区・布佐中学校区公開研究会】に参加させていただきました。

この公開研究会は、昨年度から我孫子市の先陣を切って小中一貫教育を実施した布佐中学校区(布佐中学校・布佐小学校・布佐南小学校)において、教育委員、全市の小中学校の先生方、地域の方々の参集の下、その成果や課題について報告されたものです。



我孫子市における小中一貫教育への具体的な取組み(検討)は平成25年度からスタートしましたが、平成26年度に布佐中学校区を小中一貫教育推進地区として指定し、同地区において平成27年度から本市における小中一貫教育推進を先行して実施されています。

布佐地区の選定理由として、我孫子市教育委員会・倉部教育長は「平成24年度に総合学習『ふさカリキュラム』を完成させ、小中学校を繋ぐ地域学習を続けている実績や、学校支援地域本部の充実を図り地域との連携した教育活動を実践してきた経緯があり、我孫子市が目指す小中一貫教育を先駆けて実践するための土壌が有るため」と述べられて居ますが、まさに、布佐地区だからこそ先行実施出来た事が良く解る公開研究会でした。

公開研究会は、午後から開始され、【@授業見学→A研究発表→B講演会】という日程で実施されましたが、すべての日程を興味深く拝見拝聴し、我孫子市の目指す小中一貫教育の導入の意義と狙い、そして、導入後の成果と課題について確認させていただきました。児童生徒の活き活きとした楽しそうな表情がとても印象的でした。

講演して下さった京都産業大学の西川信廣教授から、「布佐学園というコミュニティの形成(確立)を!」という問題提起をいただきましたが、「小中一貫教育とは、教師の資質向上のための取組み〜教師が分かる授業を実現し、子供が授業に向き合い結果として学力が向上する取組み〜であり、小学校・中学校が地域と一体となって、子供達と向き合う取組みの第一歩でもある」との言葉が、この制度導入の核心の一つだと確信した次第です。

なお、平成31年度に全中学校区で完全実施予定としており、それに向けて、全ての関係者の意識合わせと共有認識を持つ意味で、とても有意義な機会だったと思いますが、分離型の小中一貫教育を施行するに当たり、学区をどのように考えていくのか?など、仔細の詰めも必要です。また、根幹部分である保護者・地域の理解と協力も欠かす事が出来ません。

今回の公開研究会を含めた先行実施の成果と課題については、教育委員会、小中一貫教育推進委員会で協議検討されます。小中一貫教育制度については、平成18年以来、重ねて議会で質疑しています(過去の発言記録・議事録検索はこちらをクリック)が、一人の保護者として、そして地域の住民の一人として、引き続き制度の導入および実施を注視して行くと共に、当該制度の円滑な実施に微力ながら寄与して行きたいと思います。
posted by 久野晋作 at 12:58| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

我孫子市議会・第二回議会報告会を終えて

週末に市内3会場にて開催した第二回議会報告会。

参加者数としては3会場合計で50名足らずとなり、周知不足の感は否めず個人的にも反省点が残りましたが、厳しいご意見だけでなく、市政に係る忌憚のないご意見・ご提言・ご要望を多数いただきました。
DA9B2764-77F6-4F18-818F-F2E625974A71.jpg

我孫子市議会の議会報告会では、各常任委員会の委員長・特別委員会の委員長が各種報告を行い、質問に対して回答する形式としている為、私はマイク受け渡し係として、質疑応答を見守る事しか出来ませんでしたが、それがゆえに、ある意味、それらのやり取りを客観的に拝聴する事が出来ました。

2日間の報告会を通じて強く感じたのは、「我孫子市議会という24人の議員による合議体の議事機関であり意思決定機関」と、「星野市長(独任制)を筆頭とする執行機関」との「相違」についての理解が低いことによる「議論の行き違い」です。

市長部局(執行機関)は、議会が議決した年度の予算に基づき、日々の行政事務を執行しています。その最高責任者(執行責任者)が市長であり、たった一人で執行機関を代表する立場に有る為、回答は自身の責任に因ればいいので、非常にシンプルです。

一方、議会(議事機関)は、市政にまつわる諸課題や議案について議論し、議決(≒決定)する場(意思決定機関)ですが、日々の行政事務の執行に対して決定したり指導する権能はありません。

市民の皆さんにとって、この点(構図:二元代表制)は非常に分かり難い点だと思いますが、議会は「市政の向上・維持・発展、市政の諸課題の改善・解決」の為、市民の皆さんの意見を吸い上げ、集約(≒其々の判断と責任に因り取捨選択)したり、自身の考える政策の実現に向けて、行政機関(様々な部署)に対して議会内外で働きかけ(政策提言・議員立法等)を行っています。

ですので、議会には「即時性や即効性」は無いのですが、市民の意見を集約する機能と、それらを踏まえた意思を決定する機能が明確にあります。もどかしく感じられる方も多いと思いますが、これこそが民主主義の要諦(ようてい)です。

市長には、大きな権限が一人に集中しているので、陳情先や要望先として手っ取り早く感じる部分もあると思いますが、行政事業の前提となる予算議案および各種議案に関して、議会における議決が無ければ原則として何一つ行政執行することは出来ません。

どちらが偉いとか、強いとかそういうことではありません。

市長(執行機関)と議会(議事機関)という二つの機関があり、各々が互いの権能を牽制し、緊張感を持って自治体運営に当たる事を二元代表制度では期待しています。原則として、議院内閣制を敷く国政のように与野党の別はない(はずなの…)ですが、こうした観点で、議会および議会を構成する議員各位や定例市議会を見ていただけると、少し見方が変わって来るのではないか…と思いますし、私はそう願いたいです。

報告会の運営について、少なくない気付きもありました。来年以降に開催する報告会において、試行錯誤を重ね、「市民納得度の高いまち・我孫子」、引いては「選ばれるまち・我孫子」の実現に向けて鋭意邁進して行きたいと考えています。

posted by 久野晋作 at 19:12| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

備えあれば憂い少なし…大和自治会防災フェスタに参加

【防災フェスタin大和団地】

今朝は湖北地区中峠の大和自治会さんのお招きをいただき、大和自治会防災訓練/大和フェスタに参加させていただきました


忘れた頃に…ではなく、次から次へとやってくる災害。災害対策の基本は自助(備えること)ですが、いざという時に頼りになるのは、向こう三軒両隣であり、地域との繋がり。その意味でも、顔の見える関係が構築されているかどうかは大きな差になります。


大和フェスタと合わせることで、地域内の懇親を深める趣向が凝らされており、とても参考になりました


岩井会長をはじめとして、自治会役員の皆さん、ご案内下さり、ありがとうございました🙋




posted by 久野晋作 at 11:22| 千葉 ☁| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

我孫子市議会 第2回議会報告会のご案内

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

我孫子市議会は、明日、明後日の2日間、以下の日程および次第で【議会報告会】を開催します。

この報告会は、平成26年12月に制定した我孫子市議会基本条例・第6条第1項の規定に基づいて昨年の改選後初めて開催されるものですが、昨年に引き続き第2回目の開催となります。

(議会報告会及び市民との意見交換)
第6条 議会は、市民に対し議会で行われた議案等の審議の経過及び結果について議会報告会を行うものとする。
2 議会は、多くの市民の声を意思決定に反映させるため、事案に応じて市民との意見交換の場を設けるものとする。
3 議会報告会及び市民との意見交換に関し必要な事項は、別に定める。

<日時場所>
@10月22日(土曜日)午前9時30分〜午前11時30分
湖北台近隣センター 多目的ホール
A10月22日(土曜日)午後2時〜午後4時
近隣センターふさの風 多目的ホール
B10月23日(日曜日)午後2時〜午後4時
市民プラザ 多目的ホール
(※事前申し込み不要。受付は開始時間の30分前から)


<次第(各会場共通)>
1.開会
2.議長挨拶
3.9月議会(平成28年第3回定例会)各常任委員会の審議結果の報告(質疑応答)
4.議員定数の説明(質疑応答)
5.閉会

今回の議会報告会では、9月議会において各常任委員会(総務企画・教育福祉・環境都市の3常任委員会)、予算審査および決算審査特別委員会に付託された議案等の審議の経過及び結果等についてご報告します。

また、テーマ別の議題として【議員定数】について取り上げ、市政施行以降の我孫子市議会の議員定数の推移と現状、あわせて人口が同規模の他の市議会の定数の状況等についてご説明し、今後の議員定数の検討の参考とするために市民の皆さんからご意見をうかがう事としています。

(議員定数)
第21条 議員定数は、我孫子市議会議員定数条例(平成14年条例第21号)で定める。
2 議会は、議員定数の改正に当たっては、公聴会、参考人制度等を十分に活用することにより、市民の意向を把握し、本市の実情にあった定数を検討するものとする。

参加に際し、事前申し込みは不要です。

直前のご案内となり誠に恐縮ですが、皆さんのご来場を、心よりお待ちしています。
posted by 久野晋作 at 12:00| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

郷土の歴史にふれる

昨日、行政書士業務の関係で、湖北地区行政サービスセンターにて必要書類の問い合わせを行なった後、2階に併設された湖北郷土資料室を見学しました。

私たちが暮らしているこの地で、実際に出土した土器に触れることが出来ます。

平日のみの開館となっていますが、湖北地区(新木含む)の歴史に触れてみませんか?

★開室日時:月曜日から金曜日 午前9時から午後4時30分(入室は午後4時まで)
★場所:湖北行政サービスセンター2階(我孫子市古戸171の2)
※行政サービスセンター1階で受付手続きをしてから入室します。

posted by 久野晋作 at 08:00| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

保育園運動会→平和台病院30周年記念式典…

昨日は、秋晴れの下、娘がお世話になっている布佐宝保育園の運動会が開催されました。
0CAA8C0B-03C3-44F9-AC72-EF10CE754C89.jpg

通常、運動会の開催と言えば10月ですので、個人的にはとてもシックリと来ます。

しかし、今年はあいにくの長雨で当日の天気がとても心配されましたので、天候に恵まれた中での開催は本当に何よりのプレゼント。
本当に何よりでしたが、全国的にも多くの運動会が開催されたようで、胸を撫で下ろしていらっしゃった関係者の皆さんも、さぞや多かった事と存じます。

9BBE09CA-AF2B-4872-8978-3575B383F82B.jpg

開会式終了後、地元の平和台病院🏥の開設30周年記念式典に市議会議員としてお招きいただき、参列させていただきました💐

平和台病院は、昭和61年に布佐平和台にて開院され、平成12年に現在地に新築移転されました。私も個人的にお世話になっていますが、地域医療から介護分野に至るまで市民の健康、暮らしの安全安心をお支え下さっています。

0CEBD6EE-B6B7-4A9A-8393-E57E33F92A25.jpg

式典では大変多くの方が参列され、地域の医療・介護を支える中核医療機関である医療法人社団 創造会 平和台病院の益々の発展を祈念する式典となりました

F50EA6C8-F3F2-414E-97F5-7B17696DE7C8.jpg

式典(第一部)参列後、祝賀会の部は失礼させていただき、「秀吉の大阪返し」ならぬ「式典返し」…。

午前のプログラムが若干延びたため、最低限の父親ミッション(親子競技の「大玉転がし」への参加)を果たす事が出来ました🙌

閉会式終了後の運動会備品の片付けは、先生方、保護者、そして、地域の方で一丸となって完了✨

声掛けあって、良い汗かいて、元の通りに。

嗚呼、美しい…

こうした瞬間が、とても好きです。


娘の演目を生では観ることは出来ませんでしたが、お約束のスーパー銭湯に行き、帰宅後、ビデオ鑑賞会。

元気ハツラツで頑張ってくれた姿を家族で確認し、娘の成長に目を細めました

布佐宝保育園の皆さん、伸び伸び、すくすく、真っ直ぐに保育をして下さり、本当にありがとうございます
posted by 久野晋作 at 00:22| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする