2015年09月29日

至誠通天

今朝はJR成田線布佐駅東口にて、ご挨拶させていただきました。

布佐駅(東口)は、隣町の印西市、川向こうの茨城県利根町、龍ヶ崎の方も利用されるので、市外の方にもご挨拶させていただくことになります。

初めたての頃、「ここは我孫子の人は殆ど使わないから意味ないよ」と、善意でお声掛け下さった方がいらっしゃったのですが、私は、そうしたことには捉われず、12年間継続して駅頭活動をしています。

同じ町に住まう人だけでなく、同じ環境、同じ施設を利用する方に、我孫子の今(課題や現状)と、これからのビジョンをお伝えしたい。そう考えて来たからです。

これは、有権者ではない子供達に対する私の考え方と同じです。私は、選挙だけを目的として、駅頭活動に取り組んで来た訳ではないからです。

今朝は「我孫子じゃないけど、応援してるよ顔1(うれしいカオ)ガンバレ️」と、お声掛け下さった方が居て、ジーンとしました涙ぽろり

至誠通天。

そして、有形無形のご支援をいただいているから今の自分が居ることを再確認。

良いことばかりじゃないけれど、悪いことばかりでもない。

明日も頑張ろう!
posted by 久野晋作 at 23:21| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

私の原動力、心支え、そして宝物。

小中時代の同級生が、朝から事務所に駆け付けてくれた。決して見返りなど求めない。気の置けない仲間は、宝物きらきら

本質的な事柄について、腹を割って話し合いが出来ることは本当に幸せなこと。

頭の中だけでなく、心の中の整理整頓が出来たにこにこ

本当にありがたい。

形ある物では返せないけれど、初心を忘れることなく、どこまでも誠実に真っ直ぐに活動し、結果をもって返して行きたい。

そして、彼らの誇りになるような歩みや生き方をもって返して行きたい。

私にはそれしかない。

D5196DAB-072D-4CFB-A3CE-994B21CC42A7.jpg
posted by 久野晋作 at 18:24| 千葉 ☔| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

全ての因は我にあり。

捨てる神あれば、拾う神あり。
そして、禍福は糾える縄の如し。

いくさ間近ということも手伝い、良くも悪くも、このことを痛感する日々。


そして、全ての因は我にあり。

全ては己の心がけと行動に懸かっているということが、この歳に成り漸く分かってきたような気がする。

人生に瓢箪から駒はない。

以上、本日の備忘録。

6EB07DE7-4B7A-4D87-99C5-309A4208B9F7.jpg
posted by 久野晋作 at 21:44| 千葉 ☔| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

ノーサイドと言えるには。

おはようございます顔1(うれしいカオ)
今朝のご挨拶は湖北駅南口からスタートさせていただきました。

市内各駅の駐輪場では、シルバー人材センターの先輩方が、駐輪場の整理の合間に、業務外の清掃活動をして下さっています。

こうした活動により、まちの玄関口の美化が実現しています。本当に有難い限りです。

AECD63F1-AE81-49BB-97A9-FA047F5C89BB.jpg


さて、昨夜はラグビー日本代表の戦いを見られた方も多かったと思います。

残念ながらスコットランドに敗れてしまいましたが、最後の最後まで、死力を振り絞って闘っていた彼等を見て、とても胸が熱くなりました。

勝負事の世界だけれども、本質は『やり切ったのか?それとも、やり切れなかったか?にある』と言う事を教えていただきました。

だから、心の底から、ノーサイドと言えるのだろうと。

どの世界においても、そうであるように。そうした世界が広がるように尽力して行きたい。そのように感じ入りました。

やり切ったと言える1日に。
posted by 久野晋作 at 08:49| 千葉 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで

朝夕はめっきり寒くなって来ましたが、朝一番で、彼岸の中日のおまいりをしましたにこにこ

父が亡くなり五年。

静かで穏やかなひととき。
虫の声が澄んでいます。

墓石に刻んだ『六根清浄』のとおりに歩んで行きたいと思います。

E77F2CFC-57FD-44C4-A52E-A6EBF868633F.jpg

以下、wiki調べメモする

六根清浄(ろっこんしょうじょう)とは、人間に具わった六根を清らかにすること。

六根とは、五感と、それに加え第六感とも言える意識の根幹である

眼根(視覚)
耳根(聴覚)
鼻根(嗅覚)
舌根(味覚)
身根(触覚)
意根(意識)
のことである。

六根は人間の認識の根幹である。それが我欲などの執着にまみれていては、正しい道(八正道)を往くことはかなわない。そのため執着を断ち、心を清らかな状態にすることを言う。そのため不浄なものを見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないために俗世との接触を絶つことが行なわれた(山ごもりなど)。

かつては登山の際に掛け声としても用いられ、落語の「大山詣り」などにもその様子が描写されている。戦前までは富士山への登山の際にも掛け声として用いられたことが知られている。
posted by 久野晋作 at 10:20| 千葉 ☁| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

折れない。ブレない。あきらめない。ラグビー日本代表の凄まじき闘魂。

ラグビーのW杯イングランド大会2日目。

我らが日本代表が、過去2回の優勝を誇る強豪南アフリカを撃破しました。

昨日は、このニュースで持ち切りでしたが、何度も見ても心と体が震える激闘。


何度跳ね返されようが、絶対に折れない。
チームと自らの勝利を信じ、絶対にブレない。
そして、最後の最後まで、絶対にあきらめない。


体格差、経験、戦績。

いずれをとっても、圧倒的な差がある南アフリカ。

しかしながら、献身的に直向きに凌ぎ、そして、積極果敢に攻め抜いた日本代表。

正に、代表の愛称である“ブレイブ ブロッサムズ”そのものでした。

折れない。ブレない。あきらめない。

このフレーズをモットーとして活動して来ましたが
正真正銘、本物の凄まじい魂を拝見させていただきました。

どんな困難にぶち当たったとしても、仲間をそして己を信じて戦い抜く。

“One for All , All for One”のラガーマンの精神を見習いたく思います。

“One for All , All for One”良い写真だなぁ(^-^)

Posted by 久野 晋作 on 2015年9月20日
posted by 久野晋作 at 06:36| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

「災害は次から次へとやってくる。」のエントリ−に対する追晋

一昨日の投稿(「災害は次から次へとやってくる。」2015/9/16)の中で述べた「課題」とは、我孫子市における課題という意味合いではなく、今回、「各地で発生した災害に伴う課題」です。

誤解を招く表現でしたら誠に申し訳ありませんでしたが、今回、我孫子市において(甚大な)災害が発生していたという事実は(私の知り及んだ所では)ありません。先ずは、そのことを改めてお断りさせていただきたく投稿させていただく次第です。

私が感じた「課題」とは、「災害発生の可能性に係る(行政および住民の)判断」、「警戒情報等を含む行政の住民へのアナウンス内容」、「行方不明者に関する過度の個人情報保護意識の問題点」、「それらに係る『情報伝達手段』と『その内容』」などです。

また、行政側のみにこれらの課題が存する訳では決してなく、当事者となる住民の意識、日頃の備え、情報を受ける為の努力(意識の有り様)についても「課題」があることが、改めて明確になったのではないかと考えています。

住民の備えや構えが生死や被害の程度を分ける(可能性が非常に高い)と考えており、そうした意味合いを籠めて投稿させていただきました。


想定を超える自然の猛威に対して、実際の所、人は無力です。
そのことを、我々は謙虚に受け止めねば成らないと思います。

万全な備え、完璧な情報提供は実現出来ないと思いますが、それぞれの立場で、より良い対応を図っていく契機にする事は可能だと思います。

そうした契機にして行きたいと、私は考えています。

【言葉足らずに対する「おことわり」】ここでいう「課題」とは、我孫子市における課題という意味合いではなく、今回、「各地で発生した災害に伴う課題」です。誤解を招く表現でしたら誠に申し訳ありませんでしたが、今回、我孫子市において(甚大な)災害が...

Posted by 久野 晋作 on 2015年9月17日
posted by 久野晋作 at 07:00| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

災害は次から次へとやってくる。

おはようございます。
前我孫子市議会議員の久野晋作です。

今朝は、水が引いた利根川(我孫子市江蔵地付近)を確認。増水した川の水位は、堤防の際まで至った訳ではありませんが、水が被った際まで真っ白になっているので、最大で何処まで至ったのか一目瞭然です。

E8380489-3284-4B95-BB93-40BF3494A769.jpg64739AD9-30CA-4888-8F78-0FE237E3441B.jpg

今回の災害にあたり、様々な課題が浮き上がって来ましたが、課題は行政側だけではなく、当事者である住民にもあります。

災害は忘れた頃に、そして、次から次へとやって来ます。いざという時に対する備えや心構えの有無で結果や被害の程度が変わる事が少なくありません。

まだ台風シーズンは続きます。最低限の備えをしておきましょう!
posted by 久野晋作 at 09:22| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

政治活動は、家内制手工業。

8歳になった息子の手も借りて歩みを進めています。何かと我慢させること、厳しく向き合うことが多くなり、心苦しくありますが大輪の花を咲かせ、少しでも明るい豊かな、安全で安心な地域、日本、そして未来を創り上げて行くことで返したいと思っています。

D84D91BE-DE17-43B1-95B1-E0200B20AB05.jpg
posted by 久野晋作 at 08:17| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

市の危機管理意識は充分か?…鬼怒川の決壊は対岸の火事ではない。

常総市の鬼怒川が決壊しました。人命はもとよりとして、被害が広がらぬよう心より祈念するばかりです。

一方、我孫子市の北に面する利根川の水位も未だに上がり続けています。とても、他人事ではありませんが、この点に関する市の危機意識が感じられません。警戒情報か積極的に提供された形跡もありません。

★追記★
本日昼過ぎ、治水課のツイートが下記の通りありました。

下記の報告のとおり、道路課も市内を警戒監視(巡回)していたことと思います。
http://www.city.abiko.chiba.jp/kurashi/kotsu_douro/20150910.html

積極的な情報提供・注意喚起ではないと受け止めていますが、上記点を含め、関係機関において、警戒対策・対応をされていたことに関して、お詫びして追記させていただきます。

★追記以上★

この件を含めて、防災無線は活用されませんでした。一体、何の為の防災無線なのでしょう?

写真は栄橋付近(布川のライブカメラ映像、テレメーター水位、停車中に直接撮った)ものです。

0B5F0E17-2F9C-4F48-B8CA-E7D557420D73.pngCD1A0757-4C4D-43D3-9A6E-F4E36FA465D3.jpg406BEB8F-9035-4196-8610-2D74D0369E3A.jpgE3CDA7AD-17B1-4D91-B15B-416F5C225451.jpg86B69C17-747B-42AC-9EA2-52E755AD12A3.jpg

堤防は決壊すると元も子も、為す術もありませんが、事前の情報提供の徹底が必要だと強く感じる次第です。

この辺の議論(危険箇所等、堤防の補強状況含む)が開会中の定例市議会で徹底して為されることを強く望みます。
posted by 久野晋作 at 18:07| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

災い転じて福となす契機に…東京五輪エンブレム 佐野氏案の取り下げ決定

NHKラジオの速報で、エンブレム問題の取り下げが報じられる。ここまでこじれて押し切る事は無いだろうと思っていたものの、良かったと思います。新国立競技場の建設しかり、「一事が万事」という言葉が極めて当を得ていると思う次第です。

この一連の見直し・検証過程に於いて、芋づる式に浮かび上がってきたものを確りと洗い出し、清め、正して行くべきですね。

「業界の馴れ合い・慣習・もたれ合い」
「タネセン(財源)が何であるのかの無理解」
「国家観・国家を代表する意識の激しい欠如」
「業界・組織委員会と民間の意識との激しい乖離」

過ちては則ち改むるに憚ること勿れ

こうして考えると、良い切っ掛けなのかも知れません。


ついでに、開催時期も「秋口」に捻じ込んでしまえば…と思います。

猛暑の中での実施が予定されているのは、米国の放映権に因ると聞いていますが、主役はあくまでも選手であるということを完全に忘れていますね。悪条件下となることが分かっている上で、それでも強行する…。

一体、何の為の、誰の為のオリンピックなのでしょう。
正気に戻れ!と、強く叫びたい。

商業主義に雁字搦めとなったオリンピックや関係者の本末転倒の意識を正す契機に。
「災い転じて福と為す」契機としたいですね。

続きを読む
posted by 久野晋作 at 13:07| 千葉 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする