2014年08月30日

「慰安婦記事」に関する朝日新聞の結果責任と説明責任

讀賣新聞が8月28日から【検証 朝日「慰安婦」報道】と題した特集記事を組みました。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/ianfu/?from=yticker

我が家のポストに入っていたわけではありませんが、自社の販促チラシの中にも、この問題を訴求しているという熱の入れ様です。
image.jpgimage.jpg

さて、その讀賣新聞の特集サイトに下記の記事を見つけ、とても共感しました。


公明党の井上幹事長は「反省が足りないという指摘があることは当然だ」と、おっしゃったようですが、日本人ならば、誰しもが感じていることだと思います。

そして、井上幹事長は、説明責任ということについても、以下のとおり発言されています。

「政治家は結果責任を問われる。マスコミは書きっぱなしでいいのか。結果責任をどう考えているのか、聞いてみたい」

まさに、おっしゃるとおりだと思います。

だからこそ、国会の場で是非聴きましょう。
全国民の代表者の集う国会の場で是非とも。


朝日新聞の社長は、「謝罪の必要は無い」とおっしゃっているそうですから、その理由と根拠を全国民の代表者が集う国会の場で確りと話してもらいましょう。

「言論の府」で戦う政治家には、結果責任だけでなく、発言自体にも即責任を取らされるわけです。公私別なくです。しかも、時に、偏見・曲解を交えて意図的に。執拗にかつ徹底的に。

「言葉が命」である報道機関が、自らの発言・記事・影響力に対して何らの措置も検証も対応も図ら無いのは有り得ません。否、そんなことが有ってはならないと思います。


「政治家は結果責任を問われる。マスコミは書きっぱなしでいいのか。結果責任をどう考えているのか、聞いてみたい」

そのとおりです。おっしゃるとおりです。

だからこそ、朝日新聞の社長他関係者たちを国会の場に招致しましょう。


彼等を招致し問題を正さなければ、今までに毀損された国益、名誉は到底回復出来ないでしょう。

国の威信をかけて問題を正さなければ、あの記事が出てもなお止まぬ歴史問題をめぐる支那と韓国の戦略的な動き(情報戦)を止められないでしょう。


言うが成ると書いて「誠(まこと)」となり、人が言うから「信(まこと)」なのです。

言った以上は、やりましょう。

それこそが誠の政治家のあるべき姿です。
国民が望んでいる政権・政党・政治家だと思います。

連立政権の一翼を担っている公明党の幹事長からもこのような発言が出たわけです。
誰に遠慮がいるものですか。

是非、朝日新聞の社長他関係者を国会に招致してお話ししていただこうではありませんか。


「説明責任を果たせ、結果責任を取れ」

いつも彼等が厳しく問うていることです。

その一方で、これだけ国益を毀損するような記事を創作し続け、32年間も放置していたのです。

8月5日以降の朝日新聞の姿勢は、結果責任および説明責任を負うという姿勢が皆目見受けられません。

これらの責任を放棄する考えのようですが、自ら出来ないのであれば、国会の場でやっていただくしかありません。確りと清算する機会(端緒)を設けましょう。

posted by 久野晋作 at 00:22| 千葉 ☔| 林塾・哲学・思想・政治信条・世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

ようこそ!モディ首相!(^-^)/

インドのモディ首相が、いよいよ明日来日する。

滞在期間はなんと5日間目

しかも、当初の予定を前倒しして来日されるとのこと。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140825/asi14082521270005-n1.htm

これだけ長い期間滞在するということは、それだけ日本を重要視しているという証左に他ならない。


アジアには日本を心から必要としている国が沢山ある。


メディアでは殊更、支那(China)や韓国(Korea)の声(の一部の映像を切り取って)、
さも、アジアを代表している声のように(意図的に)取り上げる傾向があるけれど、

特定の2つの国だけがアジアを代表する国ではないことを私たちは認識する必要がある。


インドとは間違いなく未来思考の関係構築が出来るだろう。

これからの展開がとても楽しみでならない。



下記はモディ首相のご本人のTwitter記事(tweet)。





こうした配慮(おもてなしに応える心遣い)。

人柄が良くあらわれている揺れるハート

両国のみならず、世界にとって実り多き会談、そして、滞在となりますようにぴかぴか(新しい)

posted by 久野晋作 at 07:00| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

【元を正し、正常な世の中に】

事の根源を確りと正さなければ、「正常化」は出来ない。

いわゆる慰安婦問題などはその典型例であり、
敗戦後に敷かれた数々のルールも足かせについても同じことが言える。

私は、近隣諸国とのいがみ合いは決して良い事だと思っていない。
ましてや、次世代にこの悪しき関係をそのまま先送りすることは絶対にあってはならない。

ただ、相手の国に言われるがまま、為すがままにしておくことや
誤った情報に基づく大きな勘違いを放っておくことは互いにとって利益とはならない。

真の友情を築こうとする時に、
どのような対応を心掛けるかを考えれば自明の理ではないか。


敗戦後目をつぶってきてしまった「膿」を出し切る時が今だと強く思う。

今という機会を逃して、いつ「その時」が来るというのか?

それは「偏狭なナショナリズム」だとか「極右」だとか
色眼鏡で見られるようなものに基づく感情では一切ない。

日本に生をいただいたものとして持つべき当たり前の感情であり
何処の国でも否定されるべき感情では一切ない。

この「正論」を読み、改めてこのことを強く感じた朝のひと時でした。

posted by 久野晋作 at 08:38| 千葉 ☔| 林塾・哲学・思想・政治信条・世界観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

やっと…。【新木駅の自由通路整備】JR東日本と工事施行協定を締結

地元新木地区の住民の悲願であった「新木駅のバリアフリー化」に向けたJRとの施行協定が締結されたとの報告が下記のとおりありました。

【我孫子市ホームページより】
市は、平成26年8月12日、東日本旅客鉄道(株)千葉支社と新木駅・自由通路の整備に係る施行協定書を締結しました。自由通路に、エレベーター・エスカレーター、多機能トイレが整備(バリアフリー化)され、高齢者やお子様連れの方など誰もが安全・安心してご利用できます。
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/18,137167,12,17,html

これで、やっと具体的な工事に入る事に成ります。

工事期間は、【平成26年8月〜平成29年3月(予定)】とのことで、当初(と言っても平成20年度頃と、かなり以前の事になりますが…)に予定されていた完成時期(平成23年度)より、相当遅れが生じてしまいましたが、やっと具体的なゴールが見えて来ました。

ホッとする気持の一方で、建設業界における資材の高騰や人手不足が巷間を賑わせていることもあり、まだ一抹の不安は隠せないのも正直な所です。またこの間、バリアフリー化の話が持ち上がる度に、市の財政状況・現在の橋脚の構造問題・JR東日本との交渉が難航…と、幾度となく工期が延びたこともあり「予断は許さない」とも感じています。


地元以外の方からすれば、「たかがバリアフリー工事…」と、思われるかもしれません。
しかし、市内駅のバリアフリー化が始まってから一体何年経つかご存知でしょうか?

10年などという期間では全く効かないのです。


当たり前に利便性を享受している地域が有る一方で、新木駅に関しては、唯一、駅のバリアフリー化の為に署名活動まで行い、現在もなお住民有志の手により活動が続けられています。どれだけ地元の住民が当たり前の整備を望み、自ら汗を流しながら待ち続けているのかを是非知って頂ければ幸いです。



ちなみに、私は地元の地域に住まう議員だったこともあり、

「エレベーターが付く前に死んじゃうよ」

と、冗談半分、本気半分で何人の人に言われたことか判りません。


実際、新木地区は市内においても高齢化率が一二を争う地域でもある事から、バリアフリー化の実現を見ずにお亡くなりになった方も少なくないのです。整備を楽しみに待ち焦がれて来た住民(特にご高齢の方)にとって、これから3年弱という月日も決して短くはありません。


「バリアフリー化にかけるおカネがあるなら他に回すべき」との意見をされる方がいらっしゃった(いらっしゃる)ことも事実です。右肩上がりの時代では無く、財政的に厳しい選択を強いられている中においては、そうした意見を否定はしません。

しかし、市内における他の橋上タイプの全ての駅が平成18年度までにバリアフリー化(最後は湖北駅北口)していることから考えれば、明らかに不公平な状況に置かれ続けていることをご理解いただきたいのです。

 ○杖をつき手すりにしがみ付きながら必死に階段を登っていくご高齢の方。
 ○ベビーカーを片手に担いで、子供の手を引きながら登る若いお母さん。
 ○空港に向かうため大きなトランクケースを汗かき汗かき引き挙げて行く方々…。


こうした姿を沢山見て来た私は、可能な限り荷上げなどのお手伝いをさせていただきましたが、幾らなんでも、それはないでしょう?と、堪えて来ました。

フィクションではありません。

今も、こうした光景が日常的にあるのです。



私は、地元の議員としてということではなく、全市を代表する立場にある議員として、こうした不公平な状況は許されるべき問題ではないと考えていたこともあり、議会内外に於いて、様々な働きかけをしてきました。

議事録を拝見して頂ければ、その一端はご理解いただけるかと思うのですが、長年設置されなかったコトからか、「市長に反対ばかりしている(?)から駄目なんだ」などと誹謗中傷めいた、訳のわからない批判を受けたことも少なくありません。

終いには「あなたは動かなくて良い」と、吐き捨てられるように言われたこともありました。

今では笑い話に出来ますが、忘れられない苦い思い出です。

それでも、やっと陽の目を見る目途が明確に立ったことは本当に何よりでしたぴかぴか(新しい)


自由通路整備に当たっての交渉には、歴代の市長や副市長(助役)は元より、多くの職員さんがお骨折り頂きました。担当課の職員の方には、何度も何度も掛け合いヒアリングや要望をお伝えして来ましたので、さぞや鬱陶しい限りだったと思いますが、この場をお借りして厚くお礼申しあげます。色々と難しい交渉が有った事と思いますが、本当に有難うございました。

完成の暁には、地域の方と悦びを分かち合い大切に利用させて頂きたいと思っていますわーい(嬉しい顔)

※「新木駅」を検索ワードにした過去のブログ記事です。よろしかったらご覧ください。


posted by 久野晋作 at 07:00| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松戸市も指定廃棄物(汚染焼却灰)の持ち返り費用を9月議会補正予算に計上

昨日のブログで指定廃棄物の撤去に向けた動き〜柏市が9月議会に補正予算を計上か?〜との記事をアップ致しましたが、先ほど、松戸市においても、「指定廃棄物(汚染焼却灰)の持ち返り費用を9月議会補正予算に計上」するとの千葉日報のwb記事を確認しました。





恐らく、本日の朝刊各紙でも取り上げる新聞社もあろうかと思います。日経の記事は、非常に丁寧に追っている記事です。会員登録していないと全ての内容は読めませんが、機会があれば是非、ご覧いただきたいと思います。


▼あれから早3年
〜この間、何も起こらなかったのは単なる奇跡であり「幸運」に過ぎない〜

一時保管施設の設置の発端は、3年前の平成23年のちょうど今頃でした。

当時議員という立場でしたが、意思決定機関である議会に対して下記の内容は一切伝えられていませんでした。

平成23年8月31日
4市1組合で千葉県知事及び東京電力に一時保管場所の確保を要望
・出席者:我孫子市長、流山市長、松戸市副市長、柏市副市長、印西地区環境整備事業組合副管理者(白井市長)
一時保管施設建設までの経過


当時、市民は元より議会に対しても秘密裏に事を進められていました。議会に知らされたのは、我孫子市(行政)として、思惑が外れてまさかの展開となり、どうにもならなくなった12月のになってから…。暮も押し迫った12月21日。12月議会も終局に向かう中でした(ご参照:2011/12/21の拙ブログ「手賀沼終末処理場が放射能物質を含む焼却灰最終処分の【一時保管場所の候補地】になっている件について」


▼脆弱なテント倉庫、そして、地盤。危機管理が極めて不十分な一時保管施設。

あれから丸3年の月日が経ちましたが、未だに処分場の目途は立っていません。そうこうしている間も、風水害の危険性を多分にはらんでいる場所と地盤の上に、しかも、脆弱な管理状況(テント施設)の中で1年9カ月もの間、一時保管され続けています。

異常気象が全国各地であちらこちらで発生する中、風水害の被害が無い事は不幸中の幸いに過ぎず、施設設置場所としての適格性や施設自体の堅牢さを証明するものでは一切ありません。想定を超える風水害(特に懸念されるのは竜巻や猛烈な風雨を伴う台風)が当該施設を直撃するようなことがあれば、どうなってしまうのか?は推して図るべきことです。

なぜならば、テント倉庫は「風速30mを超える風に見舞われるとテントの被膜が破れる」ことが予め計算されているからに他なりません。そのような管理状態を「問題ない(適切である)」としている千葉県の姿勢には呆れるばかりか憤りを禁じ得ず、私たち有志の市民は、権利の確保のための最終手段として「調停→裁判」と実力行使に踏み切らざるを得なかったのです(ご参照:「提訴に至る経過等について」)。

千葉県と搬入3市(柏・流山・松戸)との間で一方的に締結された保管期限(撤去期限)は平成27年末ですが、何だかんだと言い訳を付けて保管延長をさせないということは元よりとして、最低限の義務の履行を当然のこととして果たしてもらうべく、引き続き確りと注視すると共に、一刻も早く撤去して貰うべく働きかけを行って行く次第です。


▼不要不急の税金の投下という指摘に対して、果たして正当な理由を述べられるのか?

ちなみに、3市とも自らの地域ではこれ以上保管することは出来ないという理由で、終末処理場内に千葉県が強引に(違法で)設置した一時保管施設に運び入れて来た訳ですが、結果的にであったとしても3市引き取ると云う事は、「自らの地域で保管する余地があった」ということの証左に他なりません。

このことは何を意味するのか?

不要不急の税金が投下されたと云う事です。

最終的には国からの補助金を充て込んでいるものと思いますが、「一時保管施設設置に関する全ての費用(千葉県が支出)」「各市の往復の運搬費」は、持ち込みさえしなければ必要無かったのです。


住民監査請求の対象に十分成り得る問題だと私は捉えています。


▼ならぬものはならぬ

私はイデオロギー的な問題として活動している訳ではありません。
ましてや、政治的な狙いをもって活動している訳でもありません。


当該地域の住民の一人として、千葉県、そして搬入3市の一連の不条理な判断と行動が許せないのです。

十分な説明すらなく、しかも、不適格な場所に、かつ不十分な管理状態で、極々近隣の自治体に、
(結果的に)自らの地域で発生した指定廃棄物を、半ば強引に押し付けてきたことが許せないのです。

私は、「ならぬものはならぬ」というスタンス(信念)で活動しています。
それが私の行動規範です。

皆さんのご理解とご協力を是非ともお願い致します。

手賀沼下水道終末処理場 指定廃棄物一時保管問題の是正に向けて
〜広域近隣住民連合会webサイト〜

http://hokan-zesei.jimdo.com/
posted by 久野晋作 at 01:06| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

指定廃棄物の撤去に向けた動き〜柏市が9月議会に補正予算を計上か?〜

既にご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、

今朝の朝日新聞の朝刊(千葉)にて、表題に関する記事が掲載されました。
 http://www.asahi.com/articles/ASG8T4QS6G8TUDCB011.html


平成24年12月に調停に臨み、本年1月7日から千葉県を相手取り訴訟を提起し今月8月8日に第三回口頭弁論を終えた所で、やっと具体的な動きが出てきた所ですが、予算計上されることが即撤去に繋がる訳ではなく、先行きは非常に不透明であると言わざるを得ません。

しかしながら、本市の終末処理場内に十分な説明もなく、一方的に、しかも、風水害に対して非常に脆弱な一時保管施設に運び入れたのは外でもない三市(柏市・流山市・松戸市)です。本来、一刻も早く、自らの地域に引き取るべきである事は言うまでもありません。

私たちは、搬入3市の動向を引き続き注視していく必要があります。


ちなみに、柏市からは3市中、最大の合計296.3トンの焼却灰が搬入されています。

 搬入期間:平成24年12月21日〜平成25年5月31日(3市中最長期間)
 搬入袋数:合計483袋(3市中最大)
 放射線濃度最大値:53,600ベクレル/kg…(3市中最大値:2013/5/31の測定値)
 http://goo.gl/92n7lg

その柏市が、予算計上したことにより、流山市や松戸市も当然何らかの対応せざるを得ない展開になるでしょう。そうでなければ、どんな理屈を立てるのでしょう。

流山市や松戸市における撤去に関する動きは未だに判然としませんが、広域近隣住民連合会の皆さんや原告団の皆さん、そして、有志の市民の皆さんと、間もなく各市議会で開会される9月定例会を確りと注視し、最低限の行動として、搬入三市に対して協定期限の遵守を求める働きかけを行いたいと思います。


私は、千葉県、そして搬入3市の一連の不条理な判断と行動が許せません。

搬入の動きを知った当時、議員として反対の声を上げましたが、
現在は、怒れる市民の一人として行動しています。

どこまで我が事と考えるか?
人の痛みをどのように考えるか?

行政が信義に悖る行為を平然とすることが許されるのか?
それに歯止めをかけられない自治体議会とは何なのか?


これらのことが全ての当事者に問われていると私は思っています。

続きを読む
posted by 久野晋作 at 12:40| 千葉 ☔| ■震災・災害関連情報■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

あれから69年。無辜(むこ)の民の命と未来を奪った一発の原爆。

無辜(むこ)の民の命と未来を奪った一発の原爆。

色々な想いが込み上げて涙が止まらない。




アメリカが長崎に原爆を落としてから69年。知らされていなかったコトが余りにも多過ぎます。

http://t.co/Ae28chD3Nf


事実を確りと直視する。そこから出発し直す事こそ、我々が正しい未来を掴み取り、子孫に明るい豊かな誇りある未来を繋ぎ得る道だと確信すると共に、先人の無念を受け継ぎ子孫に勇気と誇りを与える生き様を残すことを改めて誓う次第です。

posted by 久野晋作 at 11:53| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする