2006年07月12日

小中一貫教育への想い

本日、三鷹と品川の小中一貫教育について研修視察を行いました。

対照的な取り組みをしている二つの先進自治体ですが、同日に視察させていただくことで、とても勉強になりました。

●三鷹;にしみたか学園を視察…既存施設利用型:3校併設連携型)

既存の施設と制度の枠組みの中で小中一貫教育を実現しています。改革の成否は、教師の資質に負う所が大だと感じました。

⇒私たち一般的な基礎自治体が参考にすべき事例と言えます。
⇒学園長や副校長(特に女性の先生の目が素晴らしく光ってたのが印象的です;司会を担当してくださった、優しい目が印象的な二中の勝野副校長は男性で孤軍奮闘されている様子?です)

●品川;日野学園を視察…施設一体型(新設校)

特区申請を含め、既存の枠組みに収まらず、挑戦的な取り組みを次々に実施。その教育改革の一環としてたどり着いたのが小中一貫教育制度の導入。※施設にも惜しみなく?予算を投入しています。圧倒的な教育哲学・理念が垣間見えます。

⇒予算的にとても参考には出来ません。が、教育理念やその哲学、情熱には学ぶ所が大きいと感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小中一貫教育の最大の狙いは何か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

形から入らず、3年近く(実際にはそれ以上)の歳月をかけてここまで辿り着いた二つの自治体の取り組みは、結果的に日本の教育制度への挑戦(問題提起)となっており、私たち自治体議員にとっても非常に有益な研究対象となっています。

品川でも三鷹でも共通していたのは、当初の狙いであれ、結果的であれ、「教師の意識改革」に繋がっているという事です。

我孫子市においても、教育の充実は非常に大きなテーマだと思います。本市において検討できるかどうか、今後、自分なりに研究してみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
久々の写メール日記♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
にしみたか学園;ご説明してくださっているのはコミュニティ委員会会長の伊藤さんです。こうした方々の存在抜きには小中一貫制度はな成り立ちません。 三鷹市の小中一貫精度を説明してくださった第二小副校長の山口先生です。とても判り易いご説明ありがとうございました! 習志野市議の宮本さん直伝の封筒直接書き!(絶対になくならない♪)〜表裏一体びっちり書き込みしました♪

品川区の教育改革の歩み〜全ては一貫性のある取り組みとのことです。ポイントは「外からの改革」 ゴージャス?な視察説明資料です。資金力の違いを認識。 8年2組の下駄箱です。耳慣れないだけに新鮮です。

品川区小中一貫校 日野学園の全貌(近未来の学校みたいです) 日野学園は、こんな建物群の中にあります 記念の一枚をパチリ。久々のピンショット♪
posted by 久野晋作 at 23:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G 日本!第 74 回定例講演会

2006/7/13 18:30

アルカディア市ヶ谷(私学会館)「阿蘇」

■第74回定例講演会;「ポスト小泉の外交課題を考える」

●講師:添谷芳秀・慶應大学教授
●日時:7月13日(木)
18時30分より

●場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)「阿蘇」
 http://www.arcadia-jp.org/acsses/top.htm

●会費;会員:1,000円/一般:2,000円
 http://www.ganbarou-nippon.ne.jp/
posted by 久野晋作 at 18:25| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自治政策講座@

2006/7/13 10:30

本講座には今年で三回目の参加になります。

全国から自治体議員が集まり、集中的に様々な分野について研修を行います。2日間シッカリと勉強すると共に、議員との交流を図り、情報交換を行えれば幸いに思っています。
posted by 久野晋作 at 10:25| 千葉 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする