2019年02月15日

新たなクリーンセンター(新廃棄物処理施設およびリサイクルセンター)の整備事業について

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

今日は寒い1日になりました。

雪もチラホラ…。

今年の2月は例年より厳しい寒さが続きます❄︎☃️


さて、今週から3月議会に向けた各種の動きが本格的になっています。


一昨日は、議会全体説明会後に行われる「会派別」の市長以下執行部との懇談会の場に出席し、説明会の場で提示された各種案件について、気になった点や確認事項等について、率直なやりとりを行いました。


そして、昨日は、表題の件について、環境都市常任委員会の勉強会が10時からお昼まで開催され、委員外議員として傍聴しました。

E2BCC812-872C-40C6-9580-58EAFFBD5253.jpg

新たなクリーンセンター(新廃棄物処理施設およびリサイクルセンター)の整備について、昨年10月に当ブログで少し触れました(2018/10/1 Blog晋作の歩み「決算審査における財政指標(経常収支比率)についての指摘事項」)が、昨日は2期工事の後期事業となるリサイクルセンター整備事業について「整備計画(案)」等について説明がありました。

説明(報告)のあった事項
○リサイクルセンター整備詳細計画(案)について
○整備対象地区(現在地)土壌汚染状況詳細調査報告について
○新廃棄物処理施設整備事業にかかる事業者選定スケジュールについて


*新クリーンセンターの整備事業については、市のサイト(こちら)で報告されていますので、ご覧ください


我孫子市は、同時期(昭和48年)に稼働された焼却施設(クリーンセンター)の改修時期を迎えており、「新クリーンセンター」として、○新廃棄物処理施設と、○リサイクルセンターを二期にわたり整備する運びとなっています。

少し具体的に言えば。施設建設後、すでに44年となることから、そこかしこが傷んでおり、毎年度、施設の維持補修費に多額の経費がかかっており、限界を迎えようとしていることと、費用対効果を鑑みた時に、毎年増えてゆく維持補修費を投じるよりも、新規施設を建設した方が長い目では有効であることから「新クリーンセンターの整備事業」の一環として、土壌調査や詳細計画等の策定が進められています。


クリーンセンター(焼却施設)無くして、私たちの生活は絶対に成り立ちません。

(近隣自治体との非常時の相互協定がないものとして)極端な話をすれば、焼却施設の稼働が止まれば、町中がゴミで溢れかえることになるからです。


整備事業は、焼却施設の整備とリサイクルセンターの整備の二つの事業から成り立っており、昨日報告された概算事業費を額面どおり受け取ると、合計200億円を超えるような非常に多額の事業規模となります。

ただでさえ、財政事情が厳しい折ですので、めまいがしそうな事業規模です…😭

東日本大震災復興関連事業や東京オリンピック事業関連事業に伴う、資材価格や人件費の高騰に伴い、当初聞いていたいた事業規模からすると1.5倍の事業規模に膨らんでおり、非常に厳しい遣り繰りを強いられることが想定されています。


昨日の勉強会のやり取りの中で、リサイクルセンターの規模を算定する際のベースとなる「計画ゴミ量の推計値」の算定根拠について、各委員から疑義が出されたため、精査の上、改めて整備詳細計画(案)が提示されることとなりましたが、新クリーンセンターの整備事業は、まさに半世紀に一度の超大型事業です。

ですから、事業費の算定においては、慎重には慎重を期し、最小の費用で最大の効果が産み出されるように対応していく必要性があります。

引き続き、注視していくと共に、議会としての提言機能を最大限発揮していくべきと認識を強くした次第です。


ちなみに、我孫子市の一般会計(年間の予算額)は約370億〜380億で推移していますので、この事業費(約200億)が如何に大きなものであるかご理解いただけると思います。

この事業がどのような形で実行されるかにより、今後の市の財政状況が大きく左右されます。

市民の皆さんも、ぜひご注目ください!

BA316B1A-57F1-4C35-ADDC-610D45977FBE.jpg

posted by 久野晋作 at 12:27| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

3月議会の提出予定議案に関する議会全体説明会が開催

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日10時から、2月25日(月)に開会が予定されている「3月議会」の提出予定議案に関する議会全体説明会が開催されました。

79A413C1-7DAA-49D0-9FB0-65FE45AF1042.jpg議会全体説明会と銘打っていますので、原則として、全議員(24名)に説明会の案内が届きます。

基本的に、議会開会前の10日前前後に開催され、議会に上程される議案や予算案(補正予算案含む)を中心に「その概要の説明」を受けます。

議会開会前に「事前審査(=提出予定議案について、予め審査し、議論を行う事)」は許されていませんので、あくまで「概要」の説明(報告)に限定されます。

毎回欠席される方もいらっしゃいますが、出席は義務ではありません。

ですが、この説明会なしに定例会を迎えると、その基本的な準備が不十分な状況で会期(議会が開会される期間のこと)に突入することになるため、基本的に殆どの議員が出席しています。


3月議会では、来年度(31年度)予算案の審査という非常に思い審査を行うことになるため、その準備も費やす労力も時間も、通常の定例会とは大きく異なってきますが、合わせて、各種行政執行に伴う報告事項もあるため、山盛りの内容を一気に抱えて定例会に入っていくことになります💨



さて、本日説明(報告)を受けた内容は以下のとおりでした。

○3月議会(平成31年第一回定例会)提出予定議案(要旨)の説明…議案は計22件・報告事項1件(専決処分3件)
○各種補正予算案の説明(一般会計、国民健康保険事業特別会計、公共下水道事業特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、水道事業会計)…それぞれ提出予定議案に含まれます。
○その他
上場株式等に係る配当所得等に関する個人住民税の税額算定額の誤りについて(算定誤りに係る対象者数・および額・対応方法等の報告)
・平成31年度国民健康保険事業における標準保険料の算定結果(確定係数に基づく)について(制度改正に伴う標準保険料の算定結果)
・我孫子市老人福祉センターつづじ荘アンケート調査報告書(調査実施期間:2018/11/8-22)
・我孫子市西武福祉センターアンケート調査報告書(調査実施期間:2018/11/8-22)
2592A822-0D7E-4F9E-A458-37B0B75639C3.jpg

1月20日に執行された我孫子市長選挙の関係で、通常、次週月曜日に開会される議会運営委員会において配布されている予定提出議案・市政一般報告(今回は、市長改選後初めて開会される定例会になるため「施政方針演説」になります)が、少し遅れるとの報告がありましたので、いつもに増して、加速度を増して3月議会の準備を進めねばなりません。

今回、会派を代表して、一般質問を行うことになりますので、その準備に追われて…です💦


3月議会の初日は2月25日(月)13時開会を予定しており、本会議場での一般質問はその翌週の3月4日(月)から三日間を予定しています。

市長選直後の議会ということもありますが、選ばれるまち・我孫子の実現、持続可能な地域社会の実現に向けて、政治の道に志を立てた初心を忘れず、気持ち新たに鋭意取り組んで行く所存です。

DE5308A3-650A-47C6-A0C6-D88DA4AD16BE.jpg
posted by 久野晋作 at 21:35| 千葉 | 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

一粒万倍🌾 ㊗️奉祝 紀元節🎌

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日は、建国記念の日。

「我が国の建国を祝う日」ですが、具体的には、初代天皇である神武天皇が橿原宮で即位された日を祝う日です。

9891AEB4-C8C8-454A-8569-00183B5D0F32.jpg

明治6年(1873年)に、紀元節と定められましたが、第二次世界大戦後(敗戦後)の昭和23年(1948年)にGHQの意向で廃止されてしまいました。その後、復活の機運が高まり、「建国記念の日」として昭和41年(1966年)に国民の祝日となり、翌年から適用されました。

本年は、御代がわりを迎えますが、建国の日は変わることなく、いや、決して塗り替えられることなく、恙なく子孫代々へと繋いで行かねばなりません。

C84EC1D7-DE8F-4129-B78A-4074AAAC85AD.jpg



そして、今日は三たび雪。

来し方行く末を想い、そして願い。

心静かにこの日を祝いたいと思います。






C6F1B2A8-EB93-41A5-A7C0-84F1083E26CC.jpg



posted by 久野晋作 at 12:54| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

起業・創業のまち、我孫子へ

こんにちは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

本日は深夜から降雪となり、朝は一面雪化粧となりましたが、幸い思っていたほどの積雪にならず、道路の雪掻きまでは至らなかったのが何よりでした☺️

せっかくの機会なので、お昼に、息子と娘と近隣公園で雪だるまを⛄️

久しぶりに作る雪だるま。

十分な積雪量ではなかったため、転がせば転がすほど芝生だらけになってしまいましたが、それでも嬉しいものですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
5ED46E5A-9904-4AE0-8308-20ED68B4A7DE.jpg

普段ゆっくり遊べていないので、ここぞとばかりに雪合戦をしながら、子供以上にはしゃいでしまいました🙌

9A621866-71A8-45A6-8EA6-00E266181669.jpg


さて、表題の件です。

地域情報誌の「リビング柏」で、我孫子市の女性の起業・創業に関する記事を特集いただきました。

この情報は、Facebookで知り及びましたが、我孫子市の起業創業への取り組み状況について細かい部分まで取材をしていただいていますので、広く市民の方に知っていただきたいと思います。

女性も我孫子で起業!





「ふるさと納税制度」主旨を大きく履き違えた一部の自治体が「おらがまちさえ良けりゃいい」という考えの元、アマゾンの商品券を活用して、なりふりかまわず納税を求めようとしているニュースが最近ありましたが、皆さんはどのようにお感じですか?

稼げる時に、稼げるだけ稼ぐ。

違法行為をしているわけではない。
制度を独自に研究し、運用しているだけのこと。

他のまちの税収がどうなろうが関係ない。


こうしたことは前面には出していないものの、やっていることは「このこと、そのもの」です。

本当に虫唾が走る、下劣な姿勢であり、考え方です。

残念ながら、こうした自治体の理事者には徳治主義の必要性を必死に説いた孔子の教えなど、全く届かないでしょう。
子曰く
之を道(みちび)くに政(まつりごと)をもってし、
之を斉(ととの)うるに刑をもってすれば、
民免れて恥無し。

之を導くにコ(徳)をもってし、
之を斉(ととの)うるに禮(礼)を以てすれば、
恥ありて且つ格(正)し。

子曰く
君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩(さと)る



自治体の「企業誘致活動」にも、その一面があります。

当該企業を繫ぎ止める自助努力が足りない。

胡座をかいているから仕方がない。

という考えもあるかも知れませんが、既存の企業を誘致すると、誘致された側のまちは「ぽっかり穴があく」ことになります。

企業誘致合戦の裏側で何が起こっているかといえば、「バナナの叩き売り」のような「誘致企業の本社機能等の移転に際する好条件の提供」によって、誘致する自治体側にも多額のコストがかかり、体力勝負・消耗戦・労多くして実(期待より)少なし…のような状況も生まれていることでしょう。

我孫子市も「企業誘致活動をしている」ので、声を大にして言えるわけではありませんが、昨年9月議会において、壇上から討論で述べたとおり、
「起業・創業」に力点を移し、老いも若きも、本市で起業・創業しようとする芽を「見出し、育て、力強く支援して行くこと」に焦点を当てて行くべきと私たちは考えます。

若い世代の定住人口の奪い合いと同様、企業の誘致合戦は、「奪い・奪われ」という、一方の利益が必ず他方の損失になる「ゼロサムゲーム」の世界であり、「win-win」の世界ではありません。その条件整備やインセンティブをつけるため、多くの費用を互いに投じて行く「叩き売り」や「消耗戦」の負の側面も少なくありません。

こうしたある種「展望のない戦局」に身を投じるのではなく、無から有を生み出す、または、潜在的な可能性を見出し、育て、応援すると言う「起業・創業」に力点を移す方が、本市の現状および都市的性格に見合った「無理がない適切な政策」であると共に、夢のある、ワクワクするような取り組みではないでしょうか。

「起業家創業家の物語も生まれるまち・あびこ」は、新たなまちの魅力になる
と考えます。


人も企業も他所から引き抜くのでもなく。

自らの地域で、試行錯誤の中で、小さく産んで、大きく育てる👍

これがまちの活性化につながり、自らの足腰を鍛え、強くしていく。


私はそのように考えています。


ですので、企業立地推進課の行なっている事業の一つである「起業・創業支援」を、もっともっと充実拡大させ、「起業家・創業家の物語も生まれるまち・あびこ」を目指していくよう引き続き働きかけて行きたいと思います。

51286684-C223-4ED4-BB42-7DC75F25CAF8.jpg

posted by 久野晋作 at 17:11| 千葉 ☁| 徒然こらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

第4回我孫子市議会 議会報告会を開催しました

こんばんは、我孫子市議会議員の久野晋作です。

ご案内のとおり、本日10時から我孫子市議会本会議場において「第4回議会報告会」を開催いたしました。

当日配布した資料はこちらでご覧いただくことができます(リンク切れご容赦ください)
議会報告会次第(PDF:56KB)
議会報告会資料(PDF:12,375KB)
636748EA-6E91-4E6E-B068-3E6C7D256FDA.jpg

議事堂へのアクセスや日程の関係で、どれだけの方に参加いただけるだろうか…(๑˃̵ᴗ˂̵)と、懸念も過ぎりましたが、19名の方にご参加いただき開催することができました。

77AEE6AF-BC66-4C2F-AD9E-9CDAA38107CA.jpg

イチ委員であったこと、そして書記係を仰せつかったこともあり、発言する機会はありませんでしたが、多岐に渡るご意見をいただきましたので、しっかりとメモを控え、後刻の協議に活用させていただきたいと考えています。

参加下さった皆さん、そして、報告会の運営にあたりお世話になった議会事務局の皆さんに心からお礼申し上げます。
F070660F-5F11-4A34-9570-FCB5FB7A9312.jpg

各種準備に当たって下さった正副議長、正副委員長をはじめ議運の皆さん、常任委員会の正副委員長、そして、議員の皆さん、お疲れ様でした。



今回の議会報告会は、平成26年12月26日に公布・施行された「我孫子市議会 議会基本条例」の規定に則り開催しているものです。今回は4回目の開催となりますが、「合議機関」である議会ならではの報告会とすべく、改善を重ねる必要性を感じました。しかしながら、開催の意義は非常に高いものがあると確信した所です。

我孫子市議会基本条例の前文より

我孫子市議会は、市民から選挙で選ばれた議員により構成され、同じく市民から選挙で選ばれた我孫子市長とともに、市民の信託を受け我孫子市の代表機関を構成している。議会は議員による合議制の機関として、市長は独任制の機関として、それぞれの異なる特性を生かして、市民の意思を市政に的確に反映させるために健全な緊張関係を保ちながら、我孫子市としての最良の意思決定を導く共通の使命が課せられている。

私たちの我孫子市は、歴史・文化・自然を大切にし、手賀沼や利根川に囲まれた水と緑の豊かな環境を生かしたまちづくりを基本に歩み続けてきた。これまで我孫子市議会は、議会運営の活性化と開かれた議会を目指し議会改革に取り組んできたが、我孫子市を取り巻く社会環境は急速に変化を続けている。このような環境の変化に適切に対応し、持続可能な自治体として発展していくためには、市民の信託を受けた意思決定機関である議会は絶えざる自己変革を行っていかなければならない。

我孫子市議会は、今後の議会のあり方を明確にし、議会機能の充 実と議会の活性化をより一層進め、市民の負託に全力で応えていくことを決意し、議会 における規範として、ここに我孫子市議会基本条例を制定する。


7D65B092-97BE-4711-9161-ED41FDABF74D.jpg


前文でうたっている理念を実行実現すべく、どのような立場であれ精進して行きたいと思います。


C18B6784-F0D0-475B-BB0B-A2ACC828C08B.jpg

表題とはズレますが…今年の小5の息子の書き初め指導の際の一筆です(๑˃̵ᴗ˂̵)

本年は、晴れ渡る青空がとても印象的です。

雲一つない晴れ渡る政治環境にして行きたい…
そんな想いも籠めて一筆。

posted by 久野晋作 at 20:32| 千葉 ☁| 議会報告(一般質問他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする